旅行

2017年6月12日 (月)

九重連山

Img_3562 今が真っ盛りのミヤマキリシマを見に、九州九重連山へ。


夜、フェリーで南港を出発~早朝別府着~長者原~雨が池~坊がつる~大船山(たいせんざん)1786.2M~北大船山(きたたいせんざん)1706M~大戸越(うとんごし)~平治岳(ひじだけ)往復1643M~大戸越(うとんごし)~坊がつる~法華院温泉ロッジ(泊)~九重山~坊がつる~長者原~別府~夜行フェリー南港(早朝)着。

朝九時、長者原を出発。



今が見ごろとあって、多くの登山者のグループが登ってゆくが、みなさんやはり年配の方達が多い。



そのグループに道を譲って貰いながら、ミヤマキリシマを目指す。



あいにくと今日は曇り、明日はどうも雨の予報らしい。



大船山、北大船、平治岳へは、坊がつるからの往復になる為、宿泊用の重い荷物を置いてゆくことにした。



けれど、それが後々大変な事になってしまった。



060601「坊がつる讃歌」と言う歌に「ミヤマキリシマ咲き誇り 山くれないに大船の 峰を仰ぎて 山男 花の情けを知るものぞ」と言う歌詞が有る。



今までずっと、山が紅に染まっている情景だと思っていた。



でも、ここに登って初めて、大船山に咲くミヤマシリシマが、紅に山肌を覆っている様を読んでいたのだと知った。



Img_3571 坊がつるから1786.2Mの大船山を目指す。



岩だらけのキツイ登りだ。
Img_3568
















大船山から、次の頂上平治岳を眺める。




ここからも、山の赤さが際立っている。

060629

平治岳へは、ミヤマキリシマの間を縫うようにして登っていく。



余りの美しさに感動!
060630






平治岳への最後の登りは、急登でおまけに岩が多く、砂地の為ズルズルと良く滑る。


四つん這いになって進む。



かなりの登りだけれど、この美しさに登りのしんどさを忘れる。


Img_3575

Img_3574

一つ一つの頂上を目指す地点に来ると、登りの急なしんどさがよみがえり、もう降りようと幾度と思いながら、あの美しさの中に入ってみたいとの想いが勝って、何とか最後の平治岳を目指すことが出来た。



最高!!



ブラボーーー!!


けれど、急な登りより下りが大変。


火山の軽い石がゴロゴロし、オマケニ粘土質のズルズルな土で、何気なく足を下すと、つるっと良く滑る事。


一足一足に力を入れて、しっかりと踏みしめて注意がいる。


さて、坊がつるに着いて荷物を見てみると、無い!


今日の夜と、明日の朝と昼の為に持ってきた食料が無い!


どこを探しても無い!


見ると入れ物が散乱している、犯人はカラスだ。


折角重いのを我慢して担いできたのに、カラスに御馳走してやるなんて最悪!


と言っていても仕方ない、皆さんから少しずつ分けて頂くしかない。


小屋に入って、荷物を整理していたら、食器の中に入れていたアルファー米が見つかった。


これで、今晩の食料は何とかなる、助かった!


小屋に着く前に降り出した雨が、本降りになってきた。



明日は、雨の中を歩かなければいけないんだ。


法華院温泉は1000M程にある、ひなびた温泉にゆっくりと浸かって、汗を流す。

この日は、寝不足のまま八時間程の登山で、流石に足もパンパンだったけれど、ミヤマキリシマの美しさに全ての疲れが吹っ飛んで、感動だけが残っている山行きでした。




















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

バスの旅

Img_3527一日観光バスの旅。




行先は、「天橋立」



何度も訪れている場所ですが、観光バスに乗りたくてそして海が見たくて、行ってきました。






Img_3528
リフトに乗って山の上から天橋立を眺めるのは、初めてです。



いつも対岸の浜辺から、天橋立を見ていました。




ここが、あの有名な股のぞきの場所だったのですね。




勿論、股覗きを!




天の架け橋って、良く言ったものですね。

Img_3525_2

滅多にできない観光バスの旅って、子どもの頃の遠足みたいで、嬉しくなってきます♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

屋久島紀行 Ⅲ 島内一周

土砂崩れの為、一部通行止めで島内一周は出来ませんでしたが、”いなか浜”~”大川の滝”とほぼ一周し、浜と滝を愉しみました。
島の北と南では、海岸線や植物等様相が全然違っています。


Img_3038珊瑚の死骸で埋め尽くされた海岸。





こんな珊瑚がいっぱいです。




帰りの港で、一個200円で売っていました。

ちなみにこれは、拾ってきた物。


Img_2988


”トローキの滝”



太平洋の海に直接おちて居る滝で、この構図の写真は、よく島案内に載っています。



左のとんがった山は、”モッチョム岳”、雨が止んで、雲が流れて顔を見せてくれました。
”千尋滝”滝より周りの山の大きすぎるつるつるの一枚岩に、大感動!、雨の為写真が撮れなかった。

Img_2961


”大川滝”おおこの滝
と読みます。


屋久島に来てヤッパリ良かった!と思わせてくれた滝です。



高さ88Mから流れ落ちる滝は、迫力満点。


滝大好き人間なので、写真では表せられない雄大さと迫力は、きっちりと自分の中に写し取りました。
Img_2959

Img_2960








Img_2963この滝に一目ぼれ。





あくる日、朝から大雨でどこに行こうか迷い迷い車を走らせていて「そうだ、この大雨の中の大川の滝を見に行こう、きっと凄いわ!」と思い急遽屋久杉ランドへ行く予定を変更し、マタマタ二回も滝を見に行きました。
写真を比べてみてね。
ちょっと解りにくいかな?Img_2965
 
上の写真は、雨の降っていない時の写真。
水しぶきが顔に当り、止んでいた雨がまた、降り出したように傘に当ります。



すごい水の量でした。
Img_2957 雨の降っていない時の写真
少し、解るかな?
Img_2972
左上は、雨の降っていない時の写真。

右は、大雨の後の滝。



右の滝は、直接流れ海へと続いています。




左の滝は、大きな滝壺へと落ちています。













Img_2973
滝つぼに落ちる迫力も、写真では無理かな?



写真を撮る技術が、ないもんね。
雨の前と大雨の後の滝の表情の違いが体験できて、最高です。




Img_2981




川岸に生えている、ガジュマロの木、南国ですね。











Img_2979


大好きな南国の木。




一番出会いたい木は、”バオバブ”の木。




二番めが、このガジュマロの木だったので、こんなに自然に川岸に生えていて、南の島なんだなあと改めて思います。







Img_2977

















Img_2871


夜、皆と合流し併設されているキャンプ場で、テントを張っていたフランスの方2人をお招きして、満月の明かりの中、ワイワイお食事です。




こんな時って、恥ずかしいと思わず、喋られない英語を駆使して使うと、結構話が通じ合うものですね。


海に浮かぶ満月も、最高でした♪


でも、流石雨の多いと言うより、雨ばかりの屋久島です。


明日は、屋久島ランド、宮之浦川カヤック体験へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

屋久島紀行 Ⅱ

今日も怪しい雲行き、雨具の用意をして、”白谷雲水峡”へ。

Img_2901_2



花崗岩の渓流を渡ったり、苔の森を登って行きます。




そこには、”もののけ姫”の世界が広がって行きます。
Img_2923朝早く出発したので登る人も少なく、グループ内でも其々ペースが違い、この森を一人で歩く事に。






沢渡りの道に少し迷い、ちょっぴり心細くなりながらも、もののけの森を、全身で味わい愉しみました。
Img_2896










飛流おとし

















Img_2898


二代大杉


















Img_2909


三本足杉

















Img_2915





奉行杉















Img_2944
Img_2931























樹齢何千年もの屋久杉。
何千もの間、豊富な雨量で美しい水を十二分に吸って息づいている。
1人でこの森にいると、これらの力で森の中に自分が溶け込んで行く気がしてくる。
Img_2928




くぐり杉
















Img_2926_2





杉の中に入って、上を見上げてみました。















Img_2943
Img_2921
























苔に付いた水滴が、光ってとっても綺麗。






自然が作る美しさは、何時まで眺めていても飽きてこない。


Img_2933
Img_2951
 
















太鼓岩。


頂上の太鼓岩から、屋久島の山々が望めるが、雨上がりでガスが掛り雲の中。
縄文杉へは、白谷雲水峡、この太鼓岩へと登る辻峠より縄文杉コースへと道が分かれていて、所要時間は登山口より11時間のコースとなっている。
とっても行きたかった縄文杉へは、11時間もの間たった1人で登る自信が無くて、今回は断念。
いつか山の仲間と来れる日が来ると、嬉しいなあ!
白谷雲水峡は、登山口からこの太鼓岩まで、標準で往復約4時間のコースとなっている。
辻峠よりきつい登りが15分、トップを行っていた人に少し遅れて、太鼓岩で合流。


太鼓岩を下り、辻峠に着いた頃に続々と沢山の方達が、ガイドさんと一緒に登って行かれました。


後の人達を途中の小屋で待ち、雨の降り出す中温かいコーヒを頂き、又六人で下山開始。

駐車場に着き、後の人たちを待ち全員が揃うまでに、標準工程四時間の二倍、八時間が経っていた。


時間が早く、グループでのペースの開きも大きい為、タマタマ一人でのトレッキングになったお蔭で、森の持つ静けさ神秘さ美しさにどっぷり浸ることが出来、もののけの森と一体になれた気がしました。


聞こえる水の音、風の音、そして光と共に、もののけの森が有りました。

次は、屋久島一周、滝巡りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

大仏 自慢

二日目の東京観光は、お台場へ。

Img_2262  

やっぱり、ガンダム。

Img_2260 科学館は、とっても面白かった。

上から吊らされたボールに、刻々と変化する画像。

どのように映し出されているのか?

科学の不思議は、見ていて楽しい♪

大人も子供も一日、十分に愉しめる。

プラネタリウムでの、3Dの宇宙の誕生も、最高に見ごたえがあった。

Img_2264_2 

三日目は、鎌倉の大仏様へ。

奈良の代表も、大仏さん。

鎌倉の大仏さんを是非観て見なくては。

大きさでは、負けてるな。

でも、重厚さが違うぞ。

大仏は、奈良の大仏様でなくては。

なあんて、ご当地自慢。

ココ鎌倉では言うそうな。

「奈良の大仏、屁で飛ばされた。」

鎌倉では、大仏は鎌倉の大仏様がやっぱり一番だそうな。

なんて、鎌倉、奈良、どちらも小さなことを言っているそうな。

両大仏様、笑っているに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

春 ララララ♪

春、春、春。

Img_2241

こんなに美しい富士山を見るのは、初めて。

Img_2237

春溢れる富士

Img_2239

やっぱり、絵になりますねえ。

見る山です、富士山は。

春真っ盛りの富士山。

Img_2243 この日行ったのは、4度目のスカイツリー。

強風と満員で、4度目の登頂もならず、隣のビルの31階で我慢。

Img_2244

電車も、模型みたいで31階でも満足、満足。

Img_2249 春の浅草を巡って、東京見物定番コース一日目が終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

今年も夕張スキーから

今年の初滑りも、夕張発。

夕張で滑るようになって今年で 八年目です。

夕張の町の活気は、年々寂しくなっていきます。

でも、今年の雪は半端じゃない。

地元でも「もう、いいかげんにしてくれーーーー」と思う毎日だそうだ。

スキヤーにとっては最高!なんだけど。

前日までの悪天候もすっかり良くなり、良い雪と春の様な天気。

頂上付近でのスターダストは、とっても美しかった。

雪煙を上げ、キラキラ、ダイヤモンドの輝きを体に受けての滑降は、気持ちのいいもの。

雪の中に穴をあけると、中がほのかに青白く光り、自分が小さくなって吸い込まれていくような。

周りの人たちが消えて、一人その穴の中に紛れ込んだような、そんな感覚になってきます。

頂上からは、夕張岳が美しく見え、「ぼた山」が昔の繁栄の痕を示しています。

頑張れ  夕張!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

初滑りはニセコ

F10000191 今年の初滑りは、INニセコ。

一度滑ってみたかったゲレンデです。

今年は、雪がたっぷり。

毎年雪の心配をしながら出かけるのとは大違い。

ニセコ第一日目は、ゲレンデ探検。

P1000117

ゲレンデの頂上から眺めた、蝦夷富士。

羊蹄山

美しい姿です

宿泊先の「ボンゴ広場」から眺めた「アンナプリ」の全容です。

アンナプリの上から挑んだ斜面は、深雪の腰まで雪のある急斜面。

上から見ただけで、足が竦んでしまいます。

上った限り降りるしかない。

取り敢えず滑り出したものの、やっぱり怖いと一度思ってしまうと、もう体制は滅茶苦茶、こけない筈がない。

深雪の中に頭までめり込んでしまって、雪が重くて起き上がることが出来ない。

「もうやだ!」「もうやめた」

体力は消耗され、足はパンパンで体は益々雪に埋まってゆく。

誰もどうしょうもない、自分で起き上がるしかない。

下で待っている仲間に申し訳ないと思うけれど、体はゆう事を聞いてくれない。

「このままここで埋もれていてもいいや」と言う気持ちになってくる。

こんな一日のスタートです。

二日目、もう深雪なんか行かないぞと決め、ゲレンデを滑るものの、足跡のない深雪を楽しそうに滑っている人を見ると、マタマタ好奇心で中に入ってみては、後悔。

三日目、今日も最高のお天気。

ニセコのゲレンデは、広い広いし、雪はいいし、ゆうこと無し。

P1000118ボンゴ広場から眺める「羊蹄山」

羊蹄山が、くっきりと美しい富士のシルエットを魅せてくれた。

その蝦夷富士を見ながら滑る最高のロケーションだ。

4日目、今日も青空、足が痛い、腰が痛いと言いながらやっぱり滑る。

アンナプリの上から見た夕日は最高に綺麗。

足が限界と思いながら、夕日に釣られて又上り、滑り、又上る。

何と諦めの悪い自分なんだろう。

P1000119ヒルトンホテルの前には、可愛い大きな雪だるま一家が笑顔を見せていました。

P1000116

五日目、今日は滑るのを止め、小樽観光に足を延ばして下さった。

明治大正時代の石の建物が並ぶ、横浜を思い起こさせる町並み。

ここ何年も北海道の夕張に滑りに来ているけれど、観光は無く、北海道を感じるところも無く、何処へ来ているのか解らない感覚だったのが、このニセコへ来て、初めて北海道を感じることが出来た。

ニセコに若者やスキーヤーが集まるのがわかる気がする。

ゲレンデは、日本語以外が飛び交い、外人が多く、店の看板も英語が表示され、下に日本語が来る。

何処かの国に来ているみたい。

初ニセコは、初めて北海道にやってきた初北海道の様でもあ り ま し た

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

長野県栂池スキー場

今年は、早々と私のスキーシーズンも 終ってしまいました。

今シーズンは、滑降の姿が少し、美しくかっこよく滑れるようになりました。

御指導頂いているお二人のOさん、有難う御座いました。

やっとこさです。

最終は、我らのホームグラウンドの栂池スキー場。

毎年二月に行われる、栂池雪祭りに合わせて合宿が有ります。

鐘の鳴る丘ゲレンデで行われる雪祭り。

松明滑走、ボードとスキーによる、火の輪くぐり、そして太鼓演奏と大花火。

突き刺すような寒気の中、雪の上で打ち上げられる花火はとても美しい!

中に、コメント付きの花火が打ち上げられます。

お友達から「お誕生日おめでとう!」

彼から、彼女へ「これからも宜しくね」

そして夫から妻へ「ありがとう!」

メーッセージと共に綺麗な花火が、漆黒の空へ花開きます。

いいなあ!

素敵だなあ!

と、思いながら花火を見上げてる人々から、大きな歓声が沸き起こります。

ゲレンデ中が「お誕生日おめでとう!」の大合唱。

何千人の中のたった一人、その人はどんな想いでこの花火を見上げてるんだろう。

そんな事を想像しながら、打ち上げられた想いを愉しんだ。

その中で、結婚記念日の夫から妻へのメッセージ花火のひとつ。

「奥さんとかけて栂池スキー場と解く」

その心は

「いつも変わらずとっても美しい!」

のメッセージ。

思わず!

「笑い」が

御免なさい。

打ち上げて貰えない者の ひがみ です。

帰り道、夫からの花火打ち上げプレゼントの事で話が大盛り上がり。

「私なら、高級レストランと贈り物がいい」の声。

男性人から、「そんな!現実的な!」

私ならどうだろう?

やっぱり、嬉しいなあ!

でも、ちょっと気恥ずかしいような。

私は、メッセージ無しで「誰々さんから誰々さんへ」がいいかな?

だって、本人には、それだけで想いが伝わってくるものね。

そして、結論。

花火を打ち上げてくれるような人は、レストランへも行って食事して、プレゼントもきっとあるよね。

「それが最高!よね」

話だけで、やっぱり そんな事に無縁の私達の 妬み ひがみ だね。

でもね、でもね。

花火のメッセージは、大半が男性から女性になんですよね。

ロマンティックな男性と現実的な女性?

あなたならどっち?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

ヒマラヤ

S_img_0097 日本の山もそうなんだけれど、何度何という山か聞いても、山の名前を覚えることが出来ない。

いつも山姿を見ただけで、名前と高さをすぐにパッパッと答えてくれる山男達はすごい!

すぐにわかる山は、日本の山だけでは無かったんだ!

今回はヒマラヤの山々で、三つだけ覚えて帰った。

「ガンチェンポ」こうもりが羽を広げたような形。

6397m

S_img_0124 「キムスンⅠ、Ⅱ、Ⅲ峰」

6781m

S_img_0094 「ランタンリルン」とリルン氷河。

右が上の写真の「キムスン」

ランタンリルン。

7227m

このみっつを確りと焼き付けて。

Img_0135 右が「ホンゲンドプケ」5928mで左手は、無名峰との事。

まだ、だあれも登頂していない山なんだ。

その山の”ヒマラヤ ヒダ”の美しい事。

写真でヒマラヤヒダを見たことはあったけれど、実際に眼にすると、自然の力の神秘と力に感動してしまった。

Img_0139_2 

これは、日本に近づいた頃、窓のシャッターを上げてみると、朝日の輝くオレンジ色が眼に飛び込んできた。

何とも言えないオレンジ色。

このヒマラヤのトレッキングでは、これから先も、もう味わうことが出来ない世界、自然を体に沁み込んで味わう事が出来ました。

皆様、本当に有難うございました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)