旅行・地域

2016年7月14日 (木)

暑さ最高の山陰

昨年の秋から延び延びになっていた、山陰への旅。


雨を覚悟していたのに、最高の暑さです。

S_img_20160702_142136 三度目の鳥取砂丘に、砂の美術館、そして出雲大社。


暑さと風で、砂丘のラクダさん達も休憩。







そして、私達も「歩きたくない」の声で、砂丘を後方から眺めるだけ。

S_img_20160702_141916_burst001_cove

砂の美術館は、今回のテーマーは、南アメリカです。


リオにおカーニバル。














S_img_20160702_142414_burst003

砂で出来た、マチュピチュ。



砂で作られた世界は、何度見ても素晴らしい。








S_img_20160703_152013 そして、初めて訪れる松江城。

お城のお堀を、船頭さんの案内で一時間かけて巡りました。

S_img_20160703_145723 低い橋を潜るときは、屋形船の屋根がぐううううーーんと下がってきて、皆一斉に身をかがめ柔軟です。
船から見る景色は、まるでタイムスリップしたよう。




S_img_20160703_152553

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 8日 (火)

屋久島紀行 Ⅳ 屋久杉ランドとリバーカヤック

今日も朝から大雨。

縄文杉に出会えなかったので、もう一度樹齢何千年の屋久杉を見たくて、全員、山登りはしんどいとの事で、雨の中一人で屋久杉ランドへ向かいました。


吹きつける雨で、ちょっと心も折れながらのトレッキングです。


Img_2983

紀元杉

21種類の着生樹が、確認されているそうです。



雨の中の巨木も、生き生きとしてどんどん水を吸っている様子です。




でも、一度位は、お日様に輝く樹齢何千年の、屋久杉を見てみたいなあ!ってちょっぴり、、、、


もっと、胸を張っていただろうなあ!

Img_2984

雨脚が酷くて、写真は余り撮れません。




















Img_2985

木が息づいている呼吸の音を聞いてみたかったのですが、大勢の人に根を踏み荒らされて、樹達も息絶え絶えで、人間が近づけないように柵がしてあります。




世界遺産に登録されるのは、とっても嬉しい事だけど、そこには自然が壊れるリスクもあって、私達が意識しなければいけない事ですね。













今日で屋久島を離れると言う日、初めての良いお天気です。


S_img_2996_2 S_img_2998 初めてのリバーカヤック体験です。


Img_2992 広いゆったりと流れている川を、上流に向かって、カヤックを漕ぎます。



青空が広がって、ゆっくりゆっくり進んで行き、時間も同じようにゆっくりゆっくりと流れていきます。



最初は、バランスが取りにくくて怖かったのだけれど、慣れてくると安定して、マイペースでオールを漕ぎます。


初めてにしては、上出来!


カヤックが、ちゃあんと前へ前へと進んでいますよ。


下りは、川の流れに身をイエイエ、カヤックを任せ、舵だけを取り、空を仰いで寝っころがる。


気持ちいーーーい♪


いつか、もののけ姫の森へ行ってみたいと思っていたのが、実現できました。

雨雨、雨だったけれど、何千年も息づいてきた屋久杉の姿も、そして滝の迫力満点な音も姿も、充分に屋久島を愉しみました。


S_img_3004 帰りは、時間の事も考えず、フェリーで鹿児島まで行く事に。

けいの原風景の中には、海とフェリーが有り、海なし県の奈良にいて、山大好き人間なのに、時々海がとても恋しくなります。

Img_3008 小さい頃、四国のおばあちゃんの所へ行く時のフェリーと海、心の原風景です。

4時間の航海の間、デッキで波を眺め地平線を眺め、そんな世界を満喫できたのが、最高です!











Img_3032

















Img_3024

船の先端から放水されている所に、綺麗な虹が出来、光の屈折で海の中に光る何かがいるようで、それらが4時間ずううううぅっと一緒に進んでいきました。




海はいいねえ♪








これで、けいの屋久島紀行お話は「お し ま い」



綺麗で美しい景色の写真の後に、えっ!のけいらしいおはなしを、おまけ。




鹿児島発関空行き飛行機が、少し延着し、きりきりで工程を組んでいたので、不安がいっぱい。

天王寺から我が家への最終に、間に合うかどうか?

関空について走りに走りバスの行列へ、バスを降りて又走りに走りJRへと、何時もなら最後はセーフなんだけど、今日はちょっと違った。

天王寺着、最終発と同時刻、やってしまった、どうしよう泊まるきゃないかな。

そうだ、鶴橋に出て違う線で途中まで行こう!

又走りに走り、何とか途中までの最終に間に合った。

折角ピーチの安い航空機を使ったのに、あーーあ!

でも、まあいいか、船旅最高だったものね。

ちゃん ちゃん!!

お し ま い。   おそまつでした。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

屋久島紀行 パートⅠ

名前もお顔も知らない、年齢も違う、滞在期間もまちまちで、其々で屋久島に入り、其々に屋久島解散、共通点は声を掛けた友人1人と奈良大阪の関西人と言う、そんな奇妙なグループでの屋久島旅でした。

「もののけ姫」の森と「縄文杉」に出会いたくて、訪れた屋久島。

流石、もののけ姫の苔むした森が広がる屋久島、滞在期間5日間のうち4日間は雨のち曇り、晴れたのは島を離れる最後の日だけ。


それでも、トレッキング、島巡り、リバーカヤックと充分に愉しんだのですが、残念で残念で残念だったのは、縄文杉に出会えに行けなかった事。

朝のスコールのような雨もやんで、屋久島二日目午後6人全員が揃い、いよいよ屋久島旅が始まりました。



Img_2869

Img_2868











Img_2885

海に山が迫り、ゴツゴツとした海岸線が多い中、ウミガメが産卵に来る”いなか浜”の夕日が美しい。

Img_2886


右端の大きな島は、口良部島。






二日目のこの時間は、雨も止み美しい夕日が眺められました。


Img_2893

最後は、大きな黒雲に覆われ、沈みゆく太陽を最後まで見届けることは出来なかった。

明日は、もののけ姫の世界、”白谷雲水峡”トレッキングです。







天気予報は、明日も雨時々曇り、さてどうなるかな?





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

夕張線

夕張への旅は、いつもは新千歳空港から夕張まで、一時間余りバスで行くのですが、今回は修学旅行生が夕張に何校か来ているという事で、帰るまでの間、夕張行のバスは何日間か運休になっていました。

旅行客が、入れない様にしているんですね。

ホテルは、まだ修学旅行が決まっていない時に押さえて下さっていましたが、勿論止まるホテルも他へ、移らされましたが。

そんなで、JRで行くことに。

御蔭でゆっくり、のんびりローカル線を愉しめることに。

Img_2167 新千歳から南千歳へ出て、石勝線、夕張線で目的地夕張です。

南千歳で乗り換え待ちが、三時間も有るので駅を出ることに。

Img_2169

石勝線は、一両の可愛い電車です。

ディーゼルの、”ゴトゴト”とお腹の底から伝わって来る音が、旅気分を盛り上げてくれます。

南千歳で乗ったのは、10人程。

Img_2175

追分で9人が降りて、たったの一人になりました。

東追分のこの景色、何処までも真っ白な大地が広がります。

流石、北海道だなあ、一度夏の景色も観て見たくなります。

Img_2172 一駅間の距離も、半端なく長い。

途中、電車が警笛を鳴らし、徐行運転を始め、何事かな?と思っていたら、丁度窓の横をシカが何頭か走り抜けて行った。

ローカル線ならでは。

Img_2168

夕張の手前の少し大きな町から、6名程が乗って来て、ドアを開けるなり一人の声が。

「あっ!一人乗ってる」

思わずクスクス笑っちゃった。

家を出て9時間、長い長い夕張入りだったけれど、旅気分を充分に愉しめた今回でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

胃が変

二年ぶりに、夕張のスキークリニックで、先生から三日間の滑りの治療を受けてきました。

三日間、ピーカンの最高のお天気。

ゲレンデは、人も少なく、雪質も最高で最高のコンディション。

今回の成果は、急斜面の恐怖心の克服かな?

滑りに滑り、笑いに笑い、食べに食べまくりました。

北海道は、食べる物が兎に角大きく、量も沢山で、おまけに美味しい上に、安い。

調子に乗り、食べすぎました。

今日は、胃がおかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

ニセコ

二年ぶりのスキーです。

Dcim0041 ピーカンの北海道、ニセコ。

羊蹄山が 真正面に美しく見えます。

Dcim0036

毎日違うゲレンデ滑りました。

丁度、羊蹄山を一周した感じ。

Dcim0046 毎年、お世話になる”ボンゴ広場”のログハウス。

スキーにアフタースキーにと、静まり返った広原に大勢の笑い声が響きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

マイ スキー シーズン のおしまい

今年のスキーも、ホームグラウンドの夕張で〆。

今年は大雪で悩まされた、夕張だったようです。

年々、夕張の町は寂しくなっています。

今回は、久しぶりに”夕張岳”が美しく見えました。

いっつも、スキーの時は手が冷たいのと、手袋等色々脱いだりしないと駄目なので、写真を撮らずにいます。

一度、少しは美しくスピードにのっている写真を、UPしたいのになあ。

なんてね。

スピードにのって速く、蝶が舞うように華麗なる姿で滑降できるようになったら、写真載せようっと!

夕張のN先生、俺ん家のSちゃん、又来年お会いしましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

横須賀 浦賀を尋ねて

横須賀のケンコウ幼稚園の謝恩会での、上演に御伺いしたついでに、浦賀を少し尋ねてみました。

大好きな横須賀を素通りなんて出来ません。

欲張りですねえ、その御蔭で家に着いたのは、日にちもすっかり変わっていました。

流石に帰りついたあくる日?(当日?)は、クタクタのトローーーーン。

奈良には海が無く、山大好き人間も、無性に海が見たくなる時が有ります。

海と船と山は、大好きだった四国のおばあちゃん家の、幼い頃の原風景なのかも知れません。

S_img_1014西と東の二つの神社へお参りすれば、願いが叶うという、叶神社。

こちらは、西叶神社。

しっかりお願いごとをして、東へもお参り。

S_img_1019 

対岸にある”東叶神社”へは、この渡し船に乗っていくのです。

実はお願いごとより、この渡し船に乗ってみたかったのです。

S_img_1017 こんなに可愛い渡し船。

待っていると直ぐにやってきました。

でね、お客さんが数人降りて、写真を撮ってから乗ろうとシャッターチャンスを探っていたら、船が直ぐに動き出した。

あれれっ!出ますよも、待ち時間もなし?

横では、先に船に乗った子どもの姿を記念撮影しようとしていた、お母さんも一人残されて、子ども三人だけを乗せて渡ってゆく。

乗客は、小さな女の子達三人だけ。

なんで?乗るのに?えっ!

子ども達もピースをし、あっけにとられてる姿のまま、船は去ってゆく。

子ども達にとっても、「おかあさーーーん」と、叫ぶ間も無い位の一瞬の出来事。

その子達のおかあさんと顔を見合わせて、「子どもだけ乗せて、なんで?方向転換して戻ってくるのかしら?」「ここに大人がいるの見えてるのにね」

「きっと、方向転換やね」と話していたら、船はどんどん渡し場から離れていった

エッ!こんなことって有り?と二人で大笑い。

対岸では、小さな三人の子ども達が下りる姿も見える。

子ども達を対岸に渡し、戻ってきた船に乗り込んでも、船頭さんは無表情。

地元の足だから、子ども達だけでも当たり前なのでしょうね。

S_img_1024_2 浜辺にあるすごくステキナ、レストラン。

かねや食堂。

 

漁師小屋を、改装して始められたようです。

海の家の様に、もうすぐそこは海。

美味しくて、ゆったりと出来る空間でした。

Img_1034 横須賀らしい風景です。

ここも、スターバックスから、ゆっくりと軍港が見渡せるようになっていました。

お話と、海を充分に楽しみました。

今回も、富士山が見えなかったのが残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

一筆旅 琵琶湖編

二度目の一筆旅をしてきました。

一度目は、ドキドキで何か悪いことをしている気持ちだったのですが、ちゃんと認められているよとお聞きして、冬の琵琶湖一周にトライ。

Img_0992 JR畝傍駅で切符180円を買って、8時35分さあ出発です。

二回目なので、ドアは手動で開け閉めすることも学習済み、前回の様に開くまでドアの前に立ち尽くすことも無し。

まほろば線で大阪の天王寺迄出て、環状線で大阪へ。あまり利用しない外回り線で行くことにしました。

Img_0993 大阪10時15分発の敦賀行で京都を通って、湖西線の山科を経由し比良、近江舞子から、近江塩津まで。

Img_0994 とってもお天気のいい暖かな一日、比良山系はすっかり雪景色、琵琶湖は、お日様にキラキラ輝いています。

湖西線の比良側は、電車が琵琶湖のすぐ傍を走るので景色は最高です。

湖西線は大好きな線。Img_0995 

計画では、近江舞子辺りで降りて、駅で一時間景色を楽しむつもりが、余りの寒さで電車で通り過ぎることに。

Img_0996 近江今津を過ぎると辺りは一面、雪化粧。

雪国にやってきたみたい。

湖北のすぐ向こうはもうすぐ、日本海。

この国境にはよくスキーに訪れました。

そんなことを思いながら、電車の旅は続きます。

近江塩津は、福井へ行く線と合流する地点なので、きっと大きな駅だと思い込み、今回は寒いので温かいおうどんが食べたくて、お昼のお弁当は持参していない、なのに小さな小さな駅。

何も売っていないし、先に行くしかない。

この近江塩津が、折り返し地点。

お腹すいた、お腹すいた、と 唱えながら、何処か大きな駅で臨時停車しなければと景色処ではない。

近江塩津からは、対岸の米原、草津を通り、奈良へのターンです。

ちょっと大きそうな駅で、ここならおうどんあるかも?と降りたけれど、何にも無し、それなら次の電車迄コーヒータイム。

S_img_0998 ケーキ?に熱いコーヒーと贅沢なお茶の時間が出現です。

駅でこんな事いいのかあなあ?ローカル駅だから出来る事。

けど、お腹が空いた。何処まで行けばお昼に有りつけるのかしら?草津からはもっとローカルな草津線だし、後は、山の中の関西線。

エッーー!家までお昼無しの旅?

って騒いでいたら、米原なら北陸線と新幹線が合流しているから有るかも?

希を掛けて、米原迄。

あった、あった、2時やっと遅いお昼です。

きつねうどんをいただいて、マタマタ待合所で熱い熱いコーヒータイム。

何と幸せな一日なんでしょう。

何と美味しいコーヒーなんでしょう。

それもプロの入れたコーヒー、お店でいただくより美味かも?

Img_1000_2  さあ、奈良へ向けて、草津から草津線で柘植へ、柘植からは関西線で加茂、奈良へ。

Img_1001 伊賀や甲賀、加茂、馴染みの場所もこうして初めての電車で走る沿線の風景は、いろんな発見もあり、面白い。

こんなに可愛い電車とも出会えました。

車ではよく通る地名なのにね。

奈良からまほろば線で、桜井へ。

ここでJRの旅はおしまい。

近鉄線で神宮前着18時30分。

10時間の電車の旅です。

一番贅沢な旅、ゆったり時間を気にせず、ゆっくり景色を楽しみ、日常の様々をリセットし出来ました。

奈良、大阪、京都、滋賀、三重、奈良と廻った旅でした。

今度は何処に行けるかなあ、180円で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

ちょと 寄り道を

弟の怪我入院で、月に二回程熊本へ行っていたのもやっと何とか歩けるようになり、おしまいのようです。

熊本へ行っても病院、ホテルの往復で終ってしまい、「数多いトンネルを抜けると家」みたいな感じで、一体何処へ行っているのか解らなくなる錯覚に陥入っていたのですが、今回は、ちょっと寄り道を敢行。

行き先は、長崎。

S_img_0607 龍馬さんを訪ねる事にしました。

熊本から高速バスで、三時間半の長崎へ。

路面電車に乗り放題の一日乗車券と、案内地図を片手に長崎駅をスタート。

こんな風に行き先も決めず、気が向いた所で電車を降り歩く旅も久し振りです。

「亀山社中」には、龍馬さんの着物や再現された靴も展示。

ブーツの大きさがかなりの大きさでちょっとビックリです。

S_img_0597_2

長崎は坂が多く、山の高い所に家がへばり付いています。

今にもずり落ちてきそうな感じで。

家の路地を入っていくと、人がやっと一人通れる位の急な坂が続いています。

日常の生活が大変そう!

S_img_0610 

グラバー邸も港が見下ろせる高い高い所に有りました。

S_img_0611_2

S_img_0608_2   

S_img_0614_2 日本最古のめがね橋。

ビルの裏手には、全国のあらゆる宗派のお寺が並んでいます。

S_img_0613 

浦上天主堂。

中のステンドグラスは見事でした。

長崎の町は素敵な場所でした。

龍馬の生きた時代を、そして、長崎での息吹を少し感じた旅でした。

いつも一人旅で思うこと。

それは、感動した時に感動した事を声に出して、「良かったね!」って言いたいなあ。

湯気のたったまんまで。

長崎の町は、お気に入りに追加     です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧