« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月13日 (土)

宮古保育園へ

Img_3753 毎年、4月にご依頼を下さいます。


長い先だと思っていても、あっという間にお話会の日が来てしまいます、。


1、2,3歳さんと4,5,6歳さんへの二部上演です。


10月なので、ハローウィンの作品を持って行くことに。


Img_3747_2 ラックラアイトは、一瞬真っ暗になるので小さな子は、少し怖がってしまう子がいます。



その為に工夫をして電気を消していくのですが、ハローウィンの作品はお化けかぼちゃの中に隠れている物を当てる作品で、お化けかぼちゃは可愛いのですが、1歳のおちびちゃんが驚かないか怖がらないか少し心配しながらの上演です。



Img_3748_2 ゆっくり、ゆっくり、やわらかくかぼちゃの中の動物の鳴き声を、子ども達一人一人の顔を見て語りかけます。



まだ、片言のおちびちゃんが元気にねこ!って答えてくれました。


お話に力を入れていらっしゃる保育園の子ども達は、とっても聞き上手。


Img_3749_5 パタパタ   くまくんのおでかけ(指人形)   バスで東京上野動物園へ(パネル)

おつきさま っこんばんは(ブラック)   ハローウィンおばけかぼちゃ(ブラック)


パタパタ   キツネの散歩(おはなし)    ぼくにげちゃうよ(指人形)
 ハローウィンおばけかぼちゃ(ブラック)   もこ もこもこ (ブラック)








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

素語りを

9月は、素語りに挑戦です。


6か月経つと、元気いっぱいの子ども達も幼稚園になれ、毎月のお誕生日会のけいにも慣れてきました。


演じている前や後ろで、元気いっぱいにかまってくれていた子も、座っていることが出来るようになってきました。


毎月お伺いする楽しみの一つは、こうして子ども達の成長がみられることです。



素語りは、耳から言葉を聞いて、自分でそのお話の世界を作り上げていくと言う作業をしなければなりません。



絵本やパネルの様に、目から入ってくるものに助けて貰えず、言葉だけから想像するその作業が苦手な子もいて、全然面白くなくお話を愉しめない子もいます。



今日は、小さな子も愉しめるおはなし「世界で一番きれいな声」をしてみました。


色々な動物の鳴き声が入っていて、聴いている子ども達もおはなしに巻き込める、小さな子にも愉しんで貰えるおはなしです。



話しながら、元気ちゃん達三人に目を合わします。


よし!よし!大丈夫!



最後にしてあげたいお話に向かって、来月からちょっとづつお話の段階を上げていこう♪


パタパタ    パネル   だれのいえかな?   おはなし   世界で一番綺麗な声

ブラックライト   月夜






| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »