« のどかな春に 平和な一冊 | トップページ | 一年間のお誕生日会に »

2018年5月17日 (木)

久し振りの邦楽演奏

S_h30429_028_1 奈良県大淀町比曾の、「世尊寺」で行われた”聖徳太子大会式”で邦楽を演奏してきました。




世尊寺は、聖徳太子が建立しと言われ、飛鳥時にはたと言われています。

S_h30429_043_1 私達邦楽演奏グループ{宝鼓楽}の拠点である大淀町にあり、飛鳥時代の四大寺(飛鳥寺)(四天王寺)(法隆寺)(世尊寺、古くは比曾寺と呼ぶ)と言われている国指定の史跡であるのに、全然知らずにいました。








S_h30429_046

















2,18メートルも有る、十一面観音立像は木造としては、吉野地方で最も古いものです。
十一面観音立像の写真

毎年、4月29日に「聖徳大使会式(おたいっさん)」が、地域の人達の力で行われています。



千本つきや、屋台等が境内に出て賑やかです。



最後のごくまきでは、直径30センチほどのお餅が宙を舞い、我先にと力持ちたちが手を差し伸べお餅をひらいます。



以前は、喧嘩やけが人も出たそうです。



この日も、警察の方が見守っていました。



けど、大きなお餅が円盤の様に飛んでくると怖い!



ごくまきでお餅をひらうのは大の苦手で、この日も小さなお餅一つもひらえませんでした。



S_h30429_036_1_2 陽射しのキツイ日でしたが、久々の演奏は心地よい緊張で、皆様に楽しんで頂けました。

|

« のどかな春に 平和な一冊 | トップページ | 一年間のお誕生日会に »

太鼓  鼓  締め太鼓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/73504362

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの邦楽演奏:

« のどかな春に 平和な一冊 | トップページ | 一年間のお誕生日会に »