« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月28日 (月)

マレーシアからの子ども達

明日香村が受け入れをしている、マレーシアからの14歳から16歳の三人の女の子を、我が家に受け入れました。


イスラム教の子ども達で、制約が沢山あり、少し緊張したのですが、マレーシアの生活が良くわかりました。

三日間、一緒にお料理したり、買い物に行ったりと日本家庭の体験です。

文章になっていない、無茶苦茶なけいの英語力で、何とか意思疎通を図り、体より頭が大疲労の三日間でしたが、充分に日本の生活を楽しんで貰えたようです。

その滅茶苦茶な英語の強い助っ人が、タブレットでの英語通訳。

でも、此方の日本語の発音を上手く拾って貰えなくて、何度やってもトンデモナイ英語が出てきて、皆で大笑いし、凄くいいコミュニケ―ションの道具になりました。

我が家には畑も無く、古民家でもなく、(家は古いけど)体験と言えば、絵本を読んだり、折り紙をしたり、飛鳥の歴史散策や日本の伝統楽器、三味線、〆太鼓、鼓で遊ぶこと。

今回も、〆太鼓の掛け声「ほーーーーぉお↑ーーーー」で大笑い。

合言葉が、「ほーーーーーぉお↑ーーー」になっていました。

折り紙で、鯉のぼり、カエル、お雛様、鶴、ぱくぱく、と折ったのだけれど、皆本を見ただけで、すいすいと折れちゃっています。

Img_3344_2 そして、「パクパク」は、マレーシアにもあるんですって、子ども達のおもちゃとして。


日本と同じようにして、遊ぶんだそう。


両手で閉じたり、開いたり、中に書いてある文章を愉しんだりします。



Img_3343


そして、お土産にこんな物を頂きました。



遊び方を聞くと、日本の「おじゃみ」と一緒。


何というものか、聞いたのに直ぐに忘れちゃっています。




嬉しいですね、こんなところに共通点が有るなんて。


帰り際に子ども達から、”ありがとう”のメッセージを頂き、離村式では、ハグしながら其々の眼には涙が、三日間の短い間だったけれど、ありがとう♪


そして、いよいよのお別れのときは大きな声で「ほーーーーぉーーー」!!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

初めてのDIY

電動ノコを購入したので、DIYに挑戦です。


玄関横の木が病気で枯れてしまったので、大好きな竹製品で垣根作りと、潰れかけていた扉作りに挑んでみました。


先ずは、数か所のホームセンターに通っては、材料とデザインを考えました。


やりたい物のイメージだけは、しっかりと有るのですが、材料の大きさや数量が中々掴めずに、足りなくなったり、間違ったりで何度もホームセンター通いです。


大ざっぱな性格は、どうもDIYには向いていないようです。


タブレットをそばに置いて、庭師さんの垣根作り”男結び”の動画を見ながら、挑戦です。



電動ノコを持つのも使うのも初めて、ドジな分慎重に扱わないと材料ではなく、自分の手を切ってしまいそう。



初めての時ってそう怪我はしないんですよね、慣れてきたころが一番怖い。

垣根が出来て見せると、「高さが其々違うように作ったの?らしいデザインね」っって。



いえいえ、同じ寸法に切ったんだけど、設置する時に土の中に根っこが有ったり、邪魔するものが有って、違っちゃってるんです。


Img_3337 もう一度、完成の寸法で竹を切り揃えて、これでどう?



抜けなかった大きな根っこは、枝に自分で焼いたフクロウを乗せて、オブジェに!


男結びも、何とか様になった。



よおし!!




Img_3335
次は、扉に挑戦。



やっぱり、設置が無理。



とゆに括り付けて、ごまかしちゃおうっと!!




我ながら、上出来、上出来。

写真で見ると、溶岩煉瓦が少しいがんでる。

Img_3336
と言う事で、もうひとつ。



これも、最高!!



って、自画自賛。



やれば出来るじゃあないか。



「買ったのをつけたの?」って言って貰えました。



DIYにはまりそう。

勢いで家じゅうに、竹の扉が付きそう。


凄く楽しかった!!



一月近くかかった初挑戦、出来上がったのを眺めているうちに、今は勢いが無くなって、エネルギー切れかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

京都 高台寺の秋

忙しく時間に追いかけられると、胸が詰まってきます。

合間を縫って、そんなつまりを溶かしに京都へ



紅葉本番です。

Img_3326_2

Img_3323
”ねね”が秀吉の菩提を弔いの為に建立した、”高台寺”



小堀 遠州 作の庭園が有ります。











Img_3328

Img_3332_2

Img_3331

Img_3321
とても観光客が多くて、写真に人が写り込んでしまって、ちょっと残念。













お茶室が、多く移築されています。

Img_3334














二階がお茶室になっています。

Img_3319












京都のお料理も、秋いっぱい♪








目を愉しませてくれます。


Img_3320


最高に美味しい 秋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

サロン しらかし

地域の高齢者の方の集まりに、絵本を読みにお伺いしてきました。


高齢者と言っても、まだ60代からの溌剌とされている方達が、沢山集まってらっしゃいます。


今まで、2,3回、他の地域の高齢者の方達の所にお伺いしたことは有ったのですが、自分の住んでいる地域へは初めての事です。


前列の真ん中に、ご近所の方のお顔が有りました。



ちょこっと!会釈をしていつもの様に始まりです。



いつも始まるまでは、何だかドキドキするのですが、みんなの前に立つと何故だか、落ち着いてきます。


絵本を広げふと見ると、前列の端の女性の方が、こちらに背を向けて大きな声で、お隣の方に話しかけていらっしゃいます。


でも、めげない、めげない!


最後に小さな子ども達が大好きな、「だるまさんが」を読んでみました。



小さな子の小さな絵本です。



つまらない顔をされるのか?のって下さるのか?


だるまさんが どてっ!!



会場から、笑い声が弾けました。


最後は、だるまさんが にこっ!!


みなさんも にこっ にこっ 良い笑顔で終わることが出来ました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

葛城小学校へ

初めてお伺いする、学校です。

葛城山、金剛山をまじかに、晩秋の葛城古道にありました。

全校生徒数も少なくて、広い体育館での上演が、少し心配だったのですが、子供達がとても聴き上手で、体育館の広さは気にもならず、子供達をとても見近に感じられる上演になりました。

あてこパネルでも、6年生の男の子も元気よく手を挙げて、けいのやり取りに、応えてくれました。


一時間余りの長い上演でしたが、時間があっと言う間に過ぎてゆき、とても短く感じられました。



どうも有難う♪


パタパタ   いつもこの自己紹介グッズは、大人気です。上演が終わると、必ず使い方と

        作り方を教えて欲しいと、寄ってきてく入れます。

        何故か男の子が大半。

箱の話    チラシを使って、折り紙にしてお話を進めていきます。

パネルシアター    あの山こえて どこいくの

お話          蛙ぼたもち   小物の重箱を使って

ブラックライト パネルシアター   月夜の怪獣

ブラック                 まっくろネリノ

ブラック                 おばけトンネル

ブラック                 花咲山    鼓を使って

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »