« 引き受けてみました | トップページ | 子ども達の夢は、それぞれに »

2016年6月 6日 (月)

初体験でした

台湾の高校生16歳、18歳の女の子4人が、初めての体験受入れの子ども達でした。

台中に住んでいる彼女たちの家の風景と、飛鳥周辺の風景はとても似ているとの事。

中に日本語がほんの少し話せる子がいて、少し心丈夫。

後の三人は、中国語しか話せなかったのですが、そこは両国とも漢字の国、筆談で漢文の様に漢字を組み合わせて、何とか意思疎通が出来ました。

言葉は余り通じなかったけれど、心は充分にキャッチボール出来ました。


皆礼儀正しくって、素直な高校生。

夕食は、皆で協力して準備、勿論後片付けも4人でしてくれました。

Img_3227

Zちゃんは、将来の夢は、「アーティスト」になる事なんだって。





水彩画をしていて、とっても素敵な一枚の写真を持ってきてくれました。





とっても爽やかな風を感じる一枚です。



次の日は、千葉からの修学旅行で来ている中学三年生の女の子4人。

文庫で本棚に付けるポップを、書いてもらいました。


ずううーと、文庫に残ります。


とっても見やすくって、可愛いポップが出来ました。


夜は、希望で大阪名物「たこやき」で、パーティです。


タコにウインナー、キムチ、コーン、チーズ、最後にチョコ入りたこ焼きです。


これは、初挑戦で大失敗、チョコがひっついてホットケーッキミックスが、お餅様になって、ちょっと食べられない。


「見ていない事ね」と言いながら、処分、御免なさい。


千葉の工業地帯に住んでいる彼女たちが星を見たいと言う事で、夜のお散歩に!


夜、こうして出歩くことが無い彼女たちは、大はしゃぎ、「しー、しー、ちょっと静かにね、もう遅いから」と言いながら、家の傍の川沿いを一回り。


先生の事、家の事、部活の事、色々お話しできました。


子ども達も初経験、けいも初経験で、お互いにちょっと緊張したけれど、難しいと言われているこの年代の子ども達、日本の子も、外国の子も、皆同じ皆良いねえ♪


又、日本、台湾、中国からと、受け入れは続きます。


この時期が、一番多いんですって。


台湾の言葉もちょっと教えて貰っちゃいました。


|

« 引き受けてみました | トップページ | 子ども達の夢は、それぞれに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。omoromachiさんo(*^▽^*)o

無茶苦茶な英語に、漢字にと何とかコミュニケーションをと、久々に頭をフル回転でした。
それでも悲しいかな?難しい漢字等は、咄嗟に中々出てきません。
でも、やっぱり心は通じますね、別れ際はお互いにちょっぴり寂しくなってしまいます。

同じ日本にいても、畳み生活を知らなかったり、布団の上げ下ろしも初めてだったりとします。

日本の子ども達は、彼方此方案内した飛鳥より、一番感動していたのは、きれいな水の小川とそこにいた、小さなカエルだったりしました。
ちょっと、考えさせられますね。

此方の夜空は、まだまだ満天の星が見られますよ。

とっても良い経験を、させて頂いています。
これも、けがの功名かな?

投稿: けい | 2016年6月10日 (金) 16時38分

けいさん、こんばんは。

やりましたね。新しい試み、子供達にとってもけいさんにとっても想いで深い経験になったと思います。

このような交流を通して、皆が仲良くなれたらいいですね。

私は最近星を見ていません。私が田舎で過ごした子供の頃は満天に輝く星達を眺めて過ごしていました。貴重な経験でした。
都会から来た子供達は空にはこんなに沢山の星があることを初めて知ったのかも知れません。

けいさん、大変でしょうが、子供達の為にもそしてけいさん自身のためにもよい思い出をつくって下さいね。

投稿: omoromachi | 2016年6月 6日 (月) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/65875854

この記事へのトラックバック一覧です: 初体験でした:

« 引き受けてみました | トップページ | 子ども達の夢は、それぞれに »