« 晩成幼稚園 絵本講座 | トップページ | 今年も 宜しくお願い致します。 »

2015年12月 3日 (木)

当尾の里

奈良との境、京都木津川市にある浄瑠璃寺から、当尾の里の石仏を巡り、紅葉を愉しみました。

Img_3142 浄瑠璃寺は、梵字の阿字をかたどった池を中心にして、東に薬師仏、西に阿弥陀仏を配した庭園は極楽世界をこの世に表わしたもので、本堂は横に長く九体の阿弥陀如来が安置されています。



当時のまま現存するのはここ浄瑠璃寺だけです。






Img_3140池の反対側にある灯篭から、本堂を覗いてみました。
















Img_3136朝一番、浄瑠璃寺の裏山にある奥ノ院へと向かいました。



小さな谷川にある、石仏。



ここが、奥ノ院です。



訪れる人も無く、ひっそりとした木々の間から射す光。

太陽光が作り出す色の美しさ、赤、オレンジ、黄色、そして白。


美しい自然の造形の中に、自分も溶け込んでみたくなりました。
Img_3138



自然が作り出す絵は、最高です♪




もやもや気分は、空へと消えていきます。




奥ノ院の石仏達。

Img_3146

浄瑠璃寺を抜けて、石仏達の当尾の里を巡ります。







からすの壺2尊


阿弥陀如来坐像


Img_3148


地蔵菩薩坐像














Img_3150


わらい仏














Img_3155

三体地蔵







真っ青な空と、赤、黄色の紅葉、見事に大きく成った畑のお野菜、庭先で野菜たちの収穫の手入れをしている人、そして、数多くの石仏達、のんびりと時間が流れて行く、里山の晩秋でした。

|

« 晩成幼稚園 絵本講座 | トップページ | 今年も 宜しくお願い致します。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/62792897

この記事へのトラックバック一覧です: 当尾の里:

« 晩成幼稚園 絵本講座 | トップページ | 今年も 宜しくお願い致します。 »