« 屋久島紀行 Ⅳ 屋久杉ランドとリバーカヤック | トップページ | 宮古保育園 1歳児 »

2015年9月20日 (日)

とても懐かしい思い出

いつもお雛様の季節になると、小さい頃飾って貰っていたお雛様の事が、思い出されていました。

Img_3041_2 少し変わったお雛様で、掛け軸に引っ掛けて飾り、冠の飾りや掛け軸の翁の絵が、頭の片隅におぼろげに残っていました。

ご近所のお友達を呼んで、母がチラシずしを拵えてくれたり、お菓子を食べたりと懐かしく楽しい思い出です。

Img_3043 お雛様の日に、チラシずしと一緒に食べるハマグリのおつゆ。





よくその食べ終わった後のハマグリで、今で言うストラップを拵えてくれました。

Img_3042

貝の殻の其々を綺麗な布でくるみ、それを縫い合わせ紐を付けて飾りにしてくれるのです。

貝は一つのペアの貝でしか、きっちりと閉じられない事を、子どもの頃母から聞いた記憶が有ります。

Img_3045

「一つの貝同志しかピッタリ合わないから、だから、女の子の節句には、ハマグリを食べるのよ。」って言って、可愛い貝のストラップを作ってくれました。

今でも、幼い頃に教えて貰らったハマグリのストラップを、お気に入りの着物の布でくるみ作ることが有ります。

母を思い出しながら。

Img_3046 その幼い頃のお雛様が何処に行ったのか、どんなのだったのか無性に探したくなることが有りました。

最近、有ることでその幼い頃のお雛様が出てきたと連絡が有りました。

もう、嬉しくって嬉しくって早速送ってもらいました。

Img_3047

何十年も前の幼い頃の記憶にあるお雛様と、少し違っていました。

記憶にある幼い頃のお雛様は、もう少し豪華で飾りも多く大きかった気がしていました。

とっても素朴な、それでも素敵なお雛様です。

顔は土で出来ていて、押絵の様なお雛様で、今まで他に目にする事は全然有りませんでした。

Img_3048

ですから、ずっと徳島県独特のお雛様なのだと思い込んでいたのですが、調べてみると今でも長野県に伝わっているお雛様だそうです。

徳島の祖母がどうして長野県のお雛様を送ってくれたのか?知りたいと思うのですが、今では知ることも出来ません。

こうして、何十年も経って出会えるんですね。

母も、きっちりと仕舞い込んでいてくれたのですね。

なんだか、祖母と母とに会えた気がしました。

もう掛け軸はぼろぼろで(小さい頃も破れをセロテープで張ってあった記憶が)無くなっていて、人形もいっぱい、痛んでいるけれど時間をかけて修理して、思い出のお雛様を飾りたいなあと思います。

早くに亡くなった母が、出合わせてくれたんだね。

|

« 屋久島紀行 Ⅳ 屋久杉ランドとリバーカヤック | トップページ | 宮古保育園 1歳児 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/61622226

この記事へのトラックバック一覧です: とても懐かしい思い出:

« 屋久島紀行 Ⅳ 屋久杉ランドとリバーカヤック | トップページ | 宮古保育園 1歳児 »