« 先ずは京都からです | トップページ | リメイクを »

2015年7月22日 (水)

静岡 磐田人形劇フェスティバル

京都のなごみ保育園上演が終わって、静岡県磐田へ向かうのに、ナビが遠回りな有料道を案内して、京都~大阪~又京都~滋賀~三重~愛知へと訳の分からない状態、流石、疲れが押し寄せてきて兎に角く早くホテルへ入ろうと、休憩無しに走りに走って磐田へ到着。

もう!いやや!

だから、ナビっていややねんなあ!

(自分の設定が悪いのかぁ。けど、わからへんしなあ)

やれやれ、あーー、しんど!と思う間もなく、明日朝の上演の為、今日使った作品の跡片付けと準備。

これだけはちゃんとしとかないと、絶対失敗する。


19日、三年ぶりにお伺いする磐田のスタッフの面々が、温かく出迎えて下さいました。

中ちゃんと、気持ちを込めてお久しぶりのハグをギュっ!


三年前、急に目の病気で左右共視力が出なくなり、この磐田もお伺いできないでいました。

今年は、片方の目の視力が少し回復し、なんとか免許書の更新も通過し喜んで飛ばしてきたのです。

会場も、スタッフも他の劇団の方も懐かしく、こうして来られた事に感謝です。


朝のけいの上演前、会場に入りきれなかったお客様の為に、ロビーでフリー上演を。


ここでも、橿原の昔話の紙芝居を上演させてもらっちゃいました。


パタパタ   定番ですね
仕掛絵本   「おばけ」「はなさかじい」  「ふしぎな家」今日も魔法はバッチリ!

ブラックライトパネルシアター    「あれは いったい 何者だ」 やっぱり花火は綺麗!

ブラックライト    「くれよんの はなし」

ブラックライト   「月夜のかいじゅう」 長新太さんのおはなし。これは、大人にも大うけ


午後、やはりフリー上演でパネル「だれのいえかな」 「あのやまこえて」 
橿原の昔話、紙芝居「北林のたぬき」   「天岩戸と七本竹」こんなに沢山上演させて頂きました。


三年ぶりの磐田は、最高の夏の始まりでした。



Img_2828 中ちゃんから頂いたお土産。


こんなに可愛いお地蔵様。


玄関に飾り、ニッコリと”いってらっしゃい””おかえりなさい”と迎えてくれます。


ほっこりと、中ちゃんの温かな笑顔に似ています。






皆さま、有難うございました♪

|

« 先ずは京都からです | トップページ | リメイクを »

絵本、おはなし パネルシアター ブラックライトパネルシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/60829072

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡 磐田人形劇フェスティバル:

« 先ずは京都からです | トップページ | リメイクを »