« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月28日 (火)

ちょっと 一休み

毎日根を詰めていた頭を、ちょっと一休み。

Img_2829 カンカン照りの暑い一日、気分を変えにちょっと山歩きに。

行先は、滝の美しい三重県にある”赤目四十八滝”

通常とは逆さまの、峠にある出合い茶屋から赤目までの往復約4時間。

Img_2830 心地よい緑と苔むした岩の間を流れる水の音を、愉しみながら下り始める。

小規模な”もののけ姫”の世界が、広がっている。

Img_2839逆さまからの歩きで、朝の為未だ下から上がってくる人とは、出合わない。





水の音と自分たちの歩く音だけが、響く。
Img_2836
片道二時間の間、大小形様々な滝と出会える。
暑い日差しの中、心地よい風が
ホホを撫でてゆく。




暫く滝を愉しんでね。
Img_2833

























荷担い滝(にない)
Img_2835
















布引の滝











Img_2836_2

















Img_2838

















Img_2842







Img_2841






切り立った岸壁が、威圧する。





Img_2834





岩の間に、可愛い”岩タバコ”の花が咲いている。





滝と共に下って行くので、振り返りの滝だ。




帰り、今度は川と向き合い登る。


次々に現れる滝は、来る道で出会った滝とは、まるで違う。


改めて、滝の美しさに見とれる。



午後三時頃から、蜩が無き始め、時の経つ速さを思う。


緑の木々の間から漏れる陽、蜩の声、影。


作品のリフレッシュもさることながら、自分もリフレッシュ。


今日一日、0になったよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

リメイクを

何だか毎年、暑い夏のこの時期、汗を流しながら作品のリメイクをしている気がします。


何度かリメイクして、これで完成だと思っていた作品に、”あぁ、もう少しこうした方がいいわ””こうした方が演じやすいわ”と出てきてしまうのです。


プログラムを考え、これにしようかな?と久し振りに出してきてリハーサルをした時に、ここはこうしたほうが?なんて作品のやり直しを思ってしまうと大変。

気になりだすとずっと気になり、頭の中はその作品のことばかり、早くしてしまわないと、と、絵の具を出してきて没頭してしまいます。


泥棒を捕まえて縄を縫う 悪い癖。



そして、久し振りに演じてみて以前は「これでよし!」と思っていた作品にも、こうすればもっと解りやすく演じやすいかも?と思ってしまいます。



切りが無いね。



たいして、何も余り変わらないのに。



まあ、目の前にニンジンをぶら下げなければダッシュしない事を、こうして毎年反省しながらこうして毎年汗を流しながら、同じことを繰り返しています。



なかなか学習できませんねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

静岡 磐田人形劇フェスティバル

京都のなごみ保育園上演が終わって、静岡県磐田へ向かうのに、ナビが遠回りな有料道を案内して、京都~大阪~又京都~滋賀~三重~愛知へと訳の分からない状態、流石、疲れが押し寄せてきて兎に角く早くホテルへ入ろうと、休憩無しに走りに走って磐田へ到着。

もう!いやや!

だから、ナビっていややねんなあ!

(自分の設定が悪いのかぁ。けど、わからへんしなあ)

やれやれ、あーー、しんど!と思う間もなく、明日朝の上演の為、今日使った作品の跡片付けと準備。

これだけはちゃんとしとかないと、絶対失敗する。


19日、三年ぶりにお伺いする磐田のスタッフの面々が、温かく出迎えて下さいました。

中ちゃんと、気持ちを込めてお久しぶりのハグをギュっ!


三年前、急に目の病気で左右共視力が出なくなり、この磐田もお伺いできないでいました。

今年は、片方の目の視力が少し回復し、なんとか免許書の更新も通過し喜んで飛ばしてきたのです。

会場も、スタッフも他の劇団の方も懐かしく、こうして来られた事に感謝です。


朝のけいの上演前、会場に入りきれなかったお客様の為に、ロビーでフリー上演を。


ここでも、橿原の昔話の紙芝居を上演させてもらっちゃいました。


パタパタ   定番ですね
仕掛絵本   「おばけ」「はなさかじい」  「ふしぎな家」今日も魔法はバッチリ!

ブラックライトパネルシアター    「あれは いったい 何者だ」 やっぱり花火は綺麗!

ブラックライト    「くれよんの はなし」

ブラックライト   「月夜のかいじゅう」 長新太さんのおはなし。これは、大人にも大うけ


午後、やはりフリー上演でパネル「だれのいえかな」 「あのやまこえて」 
橿原の昔話、紙芝居「北林のたぬき」   「天岩戸と七本竹」こんなに沢山上演させて頂きました。


三年ぶりの磐田は、最高の夏の始まりでした。



Img_2828 中ちゃんから頂いたお土産。


こんなに可愛いお地蔵様。


玄関に飾り、ニッコリと”いってらっしゃい””おかえりなさい”と迎えてくれます。


ほっこりと、中ちゃんの温かな笑顔に似ています。






皆さま、有難うございました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

先ずは京都からです

7月の三連休、京都、静岡へと上演配達です。

先ずは、京都の”なごみ保育園”お泊り会への上演です。


三年前から毎年、お声を掛けて下さいます。


18日の朝も未だ京都では、台風の警報が出ていて心配でしたが、注意報に変りお泊り会も決行です。


毎年、園のご希望のテーマーに合わせた作品を上演です。



「皆が力を合わせて、助け合う」がテーマ。


なごみの子ども達は、いつもお話聞き上手。


ついつい盛り上げられて、サービス精神が出てしまって考えて居た作品数を、オーバーしてしまいます。



時間調節に、余分に数作品を準備して行っているので、子ども達の笑顔を見ているとついついつい。


でも、時間内上演厳守!!


今朝、急遽考えて居たプログラムを変更。



昨年、再話、文を担当させて頂いた橿原の民話絵本「北林のたぬき」の紙芝居をすることにしました。



けいのプログラム構成では珍しく、「パタパタ」での自己紹介の後に紙芝居を!


みんな、プール遊び、すいか割り、様々な遊びの後なのに、疲れた様子もなく元気いっぱい真剣に見てくれています。
紙芝居を読んでいる人が作った絵本と言う事で、余計親しみを感じてくれているようです。


パタパタ自己紹介   いつもこの不思議には、子どもたちも”わあ!すごぉい。
    別名魔法使いけいの、おはなしの始まりです。
紙芝居   「北林のたぬき」
パネルシアター    「キャベツくん」  ギャァハァハァハァ!長新太さんの面白絵本
指人形おはなし  「ぼく にげちゃうよ」 
からくり箱でおはなし   「桃太郎」  8つの半分の牛乳パックで作った、からくり箱

指遊び   「わらべうた いちじく にんじん」
ブラックライトパネルシアター 「あれは一体 何者だ!」 真っ暗の中、会場に皆の元気な声が響きます
ブラック           「くれよんのはなし」   8色のクレヨンの話。
ブラック          「ステキな さんにんぐみ」   素敵な大好きなおはなし    
   暗い中で薄紫にボーと浮かび上がるパネルの上で、黒と赤他数色の色が光ります。
一時間もの長い間、みんな元気いっぱいけいを盛り上げてくれました。


Img_2822 この後、皆が作ったカレーを一緒に頂いて。


美味しかった!



Img_2824
三杯目のおかわりに、待ってましたと行列が。
元気!
楽しいんだね。








さあ!

7時、これから静岡県磐田目指して、東名を走ります。

テンションが上がっていて、しんどさを感じないので、レッツ、ゴー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

愉しく実習が終わったようです

中学校の先生から、無事終わりましたとご報告を頂きました。

子ども達は、初めてのパネルやエプロンシアター、絵本等を通して、幼稚園のおちびちゃん達と、愉しく交流をしてくれたようです。

中学生の子ども達にとって、一時間近くのお話かい形式や園児たちとの交流は、初めての経験でしたが、自分達の手で、小さな子と年齢を超えて関わる機会があるのは、大事な事だと思います。

今の日常では、なかなか見られない事ですね。

「ごまめ」と言う言葉は、もうあまり聞けなくなっています。


「ごまめ」の意味を知らない子も多いのでは?


パネルやエプロンシアターのパフォーマンスを通して、自分を表現することの楽しさも感じて貰えたかな?


なぁーんて、実はどうでもいい事。



こちらの勝手な理屈、理由付けですね、兎に角おちびちゃんも、中学生もみぃんな愉しんで貰えて良かった!♪これだけ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

13日が本番ね

中学生達の、幼稚園での実習本番が、いよいよ月曜日に。

今日で最終のリハーサルも終わりました。


三日間の練習で、最初とは見違える程愉しく演じています。


友達同士では、まだ少し恥ずかしさは残っているけれど、兎に角愉しく笑顔が絶えない練習風景です。


皆の前で練習するなんて、私も大の苦手、恥ずかしさが勝ってしまい思うように出来ないものです。


けれど、皆の笑顔を見ていたら、きっと楽しいお話会が出来上がるんだろうなあ!って充分に想像できました。


本番!愉しんできてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »