« どんなお父さん? | トップページ | ちょっと、恥ずかしいお年頃 »

2015年6月16日 (火)

あめがふるとき ちょうちょうは どこへ

今日も朝からシトシト、雨が降っています。

雨音を聞きながら大好きな、こんな絵本を思い出しました。

Img_2746



「あめが ふるとき ちょうちょうは どこへ」 メイ・ゲアリック 文 レナード・ワイスガード 絵   阿部 うたこ訳

Img_2742 青かかったグレーの中に、猫の目やバッタ、ミツバチ、水仙のほんの少しの黄色が、雨の中の静けさを際立たせてくれています。
ワイスガードの素敵な雰囲気の広がる、絵本です。

あめ、あめ、あめ、あめ。

あめがふるとき ちょうちょうは どこへいくのかしら。
で、お話が、始まります。

Img_2743


ことりは つばさのしたに あたまを いれるんですって。

でも あめがふるとき ちょうちょうは どこへいくのかしら。


へびは いわの あいだに するすると すべりこめるでしょうし。
Img_2744 もぐらや、みつばち、ことり、ねこ、へび、ばった等々、雨が降ったらどうするのか、小さなわたしにも何となく解ります。
でも、ちょうちょうは羽が雨に濡れたら飛べないし、雨の時ちょうちょうがどこへ行くのか、如何しているのか解らないのです。

あめがこぶりになったら すぐに わたしは そぉーと ちょうちょうを さがしに行ってみようと おもうの。

Img_2745 どこへ いけば みつかるかしら。



わたしは あめのとき そとで ちょうちょうを みたことが ないのですもの。





みなさんは どうかしら。





こうして、お話は終わっています。
小さな女の子の、素朴な??????です。

詩的な言葉と色彩が合っていて、静かな素朴な時間が流れていきます。

雨もいいなあ!と思わせてくれる一冊です。

色合いが地味すぎて、子どもたちが余り手に取ってくれない一冊ですが、雨で外遊びが出来ないこんな日に、是非読んで上げてみてね。

一緒にゆったりとした時間を過ごしてみてね。

|

« どんなお父さん? | トップページ | ちょっと、恥ずかしいお年頃 »

絵本、おはなし パネルシアター ブラックライトパネルシアター」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(*^-^)由津子さん。
バタバタと過ごしていて、けいの部屋も開かずの部屋になっていました。
子どもの感性って、真っ直ぐに物を見て、直感的に感じて、言葉になって素敵ですね。
大人になっても、様々を感じ受け取れる空間を持っていたいです。
来年の春、雨の日蝶々を探してみませんか?
けいは、春の雨の日を今から楽しみにしています( ^ω^ )

投稿: けい | 2016年10月22日 (土) 14時05分

ご無沙汰をしております。
私もこの絵本、読んだことあります。
雨の日、ちょうちょ…見たことありませんでした。
たぶん、雨の日には、ちょうちょのことを
皆想わないのだと思いました。
この絵本には、スゴイところに気づかされました
shine

投稿: 由津子 | 2016年10月18日 (火) 21時32分

こんにちは。
今日も朝から、雨がしとしとと降っています。沖縄はもう梅雨明けですね。

「はぁ~い、しっていま~す」と手をあげて下さって、とっても嬉しかったです。

実は、けいもこの小さな女の子と一緒です。
見たことがないのです。

蝶々が葉の後ろで、雨宿りしている姿を見てみたいです。
想像すると、とってもかわいいですね。

来年の、春の雨が楽しみになって来ちゃいました。
大人になっても、ワクワクしてきます。

雨の中、傘をさして目をキラキラさせながら、探検している可愛い少年omoromachiさんのシルエットが、この小さな女の子とダッブって目に浮かんで来ました。

有難うございます♪

投稿: けい | 2015年6月18日 (木) 13時52分

けいさん、こんばんは。

本当に優しい色使いと文ですね。雨の日に読むにはいいかもしれませんね。

雨に日のチョウチョ・・・私はよく見かけていました。絵本案内人のけいさん言うのもなんですが、子供の頃本を読むのが嫌いで、雨の日も元気に、外でいつも遊んでいました。

傘と雨靴を履いて、オタマジャクシを見たり林の中を散策していました。すると葉の後ろにチョウチョが雨宿りしていたのを見つけてじっと観察していましたね。

私が子供だったら「は〜い!、しっていま〜す」と返事したと思います。今では禿げたオヤジですが、可愛い子供時代もあったのですcoldsweats02

投稿: omoromachi | 2015年6月16日 (火) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/60402725

この記事へのトラックバック一覧です: あめがふるとき ちょうちょうは どこへ:

« どんなお父さん? | トップページ | ちょっと、恥ずかしいお年頃 »