« 早起は三文のとく? | トップページ | 寒さの中に 春が »

2015年3月 3日 (火)

武奈ヶ岳 雪山登山

Image001 比良山系、武奈ヶ岳への雪山登山です。

前日の寒さで、新雪が積もり膝までの積雪が有ります。

堅田駅を降りると、大勢の登山の人、すぐ後ろを臨時バスが出た程です。

坊村を9時45分に、登山開始。



ここから約二時間、いやぁなとても急な登りが続きます。

春には何度か登っていて、いつも”この登り 嫌いだなあ”と思いながら歩く道です。

今日は、たっぷりの雪が有ります。

そして、抜けるような真っ青な空、林の木々の間から、太陽が白い雪を射ます。

最高の雪山。

しんどいけど

やっぱり、来て良かった!

Cimg5973 今日は、現役の一、二回生の山岳部員も一緒で、帰りのバスの時間も其れしかなく決まっていて、スピードとの勝負です。

最初は、その歩調に付いて行けていたのが、時間がたつにつれ間が空いて行きます。

汗がしたたり落ち、休憩がしたいなあと心の中で呟きながら、時間との勝負です。

武奈ヶ岳の手前の御殿山頂上到着、12時10分

Cimg5974 ここから武奈ヶ岳が、よおく見えます。

けいの足では、ここから一時間はかかりそう。

それでは、下りも考え帰りのバスの時間に間に合いません。

ここで、女性二人とお付き合いくださるリーダーを残し、あとの方は武奈ヶ岳を目指し私たちはゆっくりと下山。

武奈ヶ岳途中下車の、御殿山登山になってしまったけれど、たっぷりの雪山登山を楽しめました。

|

« 早起は三文のとく? | トップページ | 寒さの中に 春が »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/59114815

この記事へのトラックバック一覧です: 武奈ヶ岳 雪山登山:

« 早起は三文のとく? | トップページ | 寒さの中に 春が »