« 子ども達の夢って 可愛いね | トップページ | 月ヶ瀬梅渓へ »

2015年3月17日 (火)

笠置山ハイク

一年間の、お話にお伺いする予定が、全部終わった!

4月からのおはなし予定の手帳が、真っ白で何だか解放!!!

今日は、京都木津にある笠置山にハイク。

大河原(8時40分出発)ー笠置山三角点ー笠置山ー柳生ー笠置山ー笠置駅(16時30分)のコース

Dcim0254

大河原から木津川に沿って歩きます。

肌寒い一日


桜の木々が、まだまだ硬い蕾でちじこまっています。

Dcim0256

広々としてゆったりと流れている木津川に、こんなに大きな岩が、川の景色を変えてくれています。

Dcim0258少しの間、岩を伝って川岸を歩いてみました





可愛い柔らかな毛先を付けた、ネコヤナギの木を見つけました。

ネコヤナギの木が、自生しているのを見るのは久しぶりです。

Dcim0265

笠置山の三角点を目指します。

300数十メートルの山なので、気楽に構えて登り出したのですが、45度はあるんでは?と思えるほどの急な登り。

人が踏んだ後も無く落ち葉が積もり、路も荒れている。

水の流れる谷では?と思える程。

上を見ると気持ちも萎えるので、ひたすら下ばかりを見て進む。

ふと、足を止め下を眺めると、木津川がゆったりと流れ、良い眺め。

これだからいくらしんどくたって、山登りは止められないんだよね、きっと。

三角点から、笠置山を目指します。

谷を回り込んだ所に、笠置山が。

三角点とは、距離も全然離れていて。

Dcim0262

笠置の大岩石に仏像が彫られ、その仏様を中心として山全体が修験行場として栄えた。


日本一の大磨崖仏は、見上げる程に大きく、圧巻だ。

















Dcim0264 信仰の山だけあって、巨岩が多く点在している。



胎内くぐり。



この磨崖仏が見たくて、今回笠置山を訪れた。


やっぱり、凄い!










帰りは、笠置山から柳生へ抜け、柳生街道を少し廻り、又笠置山から笠置駅を目指す。

何十年振りかで、又この磨崖仏を見られたのは、最高に良かった。

それにしても、たった300数十Mの山なのに、きつかった!!

|

« 子ども達の夢って 可愛いね | トップページ | 月ヶ瀬梅渓へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/59255340

この記事へのトラックバック一覧です: 笠置山ハイク:

« 子ども達の夢って 可愛いね | トップページ | 月ヶ瀬梅渓へ »