« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月23日 (月)

へいわって すてきだね

Img_2620_3

詩 安里 有生 絵  長谷川 義史

2013年 沖縄県平和祈念資料館が募った「児童 生徒の平和メッセージ」で低学年、詩部門で最優秀賞を貰った、小学一年生の男の子の書いた詩。
Img_2621_2

へいわって なにかな
ぼくは かんがえたよ

おともだちと なかよし

かぞくが げんき
えがおで あそぶ


ねこがわらう
Img_2622_2
ちょうめいそうが たくさんはえ よ
なぐにうまが ヒヒーンとなく
ああ ぼくは へいわな
ときにうまれて よかったよ
このへいわが ずっとつづいてほしい
みんなのえがおが ずっとつづいてほしい







小さな男の子の平和を感じる心、平和への純粋な願い 誓いが、沖縄の当たり前の風景や日常を通して力強く、綴られています。
私達大人は、子ども達に悲しい想いをさせないように。

子ども達の生活の中で、すてきだな!と思える心を取り上げてしまう事がないように。
大人が、感じ、想像する心を失わないでいたいね。
「みんなのこころから へいわがうまれるんだね」この詩の中で、有生くんが言っているように、私達大人が 一人一人しっかり考え、誓わなければね。
子ども達に しっかり平和な日本を残さなければね。
これからも ずっと へいわがつづくように
ぼくも ぼくのできることから がんばるよ
力強い言葉でむすばれた 平和への願い。
長谷川 義史さんの素朴なタッチの絵が、沖縄ののんびりとした風景、男の子の気持ちと合っていて、改めて平和を考えさせられる絵本です。
後書きに長谷川さんが書いていらっしゃる「いかなる理由があるにせよ、いえ、理由なんてないのです人々を殺し傷つけることは間違いです、、、、」その通りですよね。
そんな当たり前の事を私達大人が、しっかりと心に止めて当たり前の様に考えていかなくてはね。
一度手に取って、読んで見てね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

天使の梯子

明日香をウオーキング中に出会った、綺麗なレンブラント光線。

Dcim0241_2 雲の大きな輪の中から、金剛山へと延びている天使の梯子。


見慣れた景色の中で、こんな美しい現象に出会って。


ウキウキしてきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

奈良医大院内学級へ

今日は、奈良医大病院の院内学級へ、パネルシアターの配達です。

インフルエンザや風邪が流行るこの時期は、院内学級への配達が難しくなります。

小学生1人、幼稚園1人、小さな子2人のお話会です。

院内学級のお話会は、少ない人数だとお聞きすると”ホッ!”とします。

点滴を横に、皆長い時間疲れずに参加してくれました。

お化けトンネルのパネルでは、絵本を見ていた子もいて、小さな声でお化けに変身していってくれました。

クラスでのパネルが終わり、参加が出来なかった2年生の女の子の病室へ。

”パタパタ””桃太郎変わり絵お話箱”に興味津々。

目が輝きました。

一対一のお話会です。

先生は少しでも、愉しいことを見せてあげたいと、その子の為にけいの上演を企画されました。

一生懸命仕掛けを眺めながら、今度はパタパタと牛乳パックの変わり絵お話箱を作ることに、挑戦するのだと楽しみにしてくれています。

早く、作り方を届けなくっちゃあね。

みんな、みんな、早く良くなって、今度は学校で会おうね。

絶対にね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

節分法要

Img_2608 大淀町にある”延命寺”での節分法要。

私達邦楽の”宝鼓楽”の拠点です。

ご住職と行をされた方達とで、皆さんの無病息災を祈り、豆まきと共に毎年行われています。
モクモクと立つ煙に当ると、患っている所が良くなり、一年無病息災で過ごせると言われています。
Img_2613 般若心経を唱えて、先ずはお浄めから。
Img_2614
大たいまつに火を点け、結界の中を振り歩き回り、いよいよ火が付きます。
この日の付いた松明を振り回すのは、力が要りそう。
Img_2619真っ白な煙が、立ち上り始めました。
今日は、風もなく真っ白な煙が真っ直ぐ空高くへと、立ち上りました。
護摩木に書かれた名前と、祈願が読み上げられ、火の中へ。
私も一年間の健康を、しっかりと祈ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »