« 民話絵本を読み語り | トップページ | 山中教授 講演会 »

2014年10月31日 (金)

けいも知らなかった!

毎月のお誕生日会に、日本の昔話をお話に行っている幼稚園で、昨月に続き今月もみんなの良く知っている「花咲かじいさん」を語ってきました。

皆がよく知っていると言っても、実はけいも本当の所知っているつもりで知らなかった。

知っていると言えば、クライマックスの所と、ダイジェストだけ。

”おざわ としお”さん再話でのお話なのですが、”むかしむかし、正直者のおじいさんとおばあさんが居ました。ある日おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは、川へ洗濯に行きました。おばあさんが川で洗濯をしていると、小さな香箱が流れてきました”でお話が始まります。

それを聞いた子ども達は、「それ、桃太郎やん」

そうです、昔はみんなおじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行くのです。

香箱の中に入っていた小さな子犬を子どもとして、大事に大事に育てます。

子犬が「ここほれ わんわん」と言った場所を掘ってみると大判小判がざっくざっく!

欲張り爺さんが掘ると、ガラクタばかりが出てきて、子犬は欲張り爺さんに殺され、埋められます。

欲張り爺さんはその上に松の木を植えます。正直爺さんが、拝んでいると、飛んできた美しい小鳥に、その松の木で臼を作るように言われ、臼を作ります。それでお米をつくと、又大判小判がざらん、ざらんと出てきます。

又欲張り爺さんがつくと、糞ばかりが出てきて、臼を叩き割られ燃やされます。せめて肥やしにでもと、正直爺さんが畑に灰をまくと、畑の枯れ木に花が咲いたので、その灰を持って桜の枯れ木に登っていると、丁度殿様の行列が通りかかり、枯れ木に桜の花を満々と咲かせ、褒美を頂く。

勿論、欲張り爺さんは灰を撒いても花も咲かず、灰が殿様や家来の目に入り、お供の侍に散々に切り付けられて血だらけになってしまいます。

この出来事には、全て欲張りばあさんが関わっていて、大判小判を目にするのも犬を無理やり連れて帰るのも、臼を奪ってくるのもおばあさんです。

けれどこのお話、最後の部分が子ども達には少し解りずらかったようです。

最後の語りです。

”ばあさんは、屋根の上でlしゃもじで尻を叩きながら、ほうぴをいっぱい貰って帰って来るのを今か今かとまっていました。するとじいさんが血だらけになって帰って来ました。後ろから大きな犬が付いてきます。欲張りばあさんは、遠くからそれを見て、「爺さんが真っ赤な着物を着せてもろおて、おまけにあんなに大きな馬までもろおてきた」と言って手をたたいて喜びました。”おしまい。

この、”ばあさんが遠くから見て「じいさんが 真っ赤な着物を、、、、」”のお話の結末が、3,4,5、歳の子ども達には、もう少し言葉を足して話さなければ解りにくいようでした。

お話を語るとき、時々大事な部分が、小さな子ども達に解りづらい文に、出会うことが有ります。

それも何度か子ども達の前で語って見て、”あれっ”って気が付くのです。

この最後、もう少し考えなくっちゃあ!

でも、こうして覚えなおして初めて「はなさかじいさん」のお話を知った気がする。

|

« 民話絵本を読み語り | トップページ | 山中教授 講演会 »

絵本、おはなし パネルシアター ブラックライトパネルシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/57825724

この記事へのトラックバック一覧です: けいも知らなかった!:

« 民話絵本を読み語り | トップページ | 山中教授 講演会 »