« 子ども達に届けられました。 | トップページ | 早秋の御たらい渓 »

2014年10月13日 (月)

天の岩戸と七本竹

二冊目は、天の香久山に伝わる神話「天の岩戸」と[七本竹]のお話を通しておばあちゃんとさえちゃんの、心の交流を描いた創作絵本です。

 
日本のあちこちに、「天の岩戸」伝説が残っています。

橿原市の岩戸伝説は、有名ではありませんが、天上にあったとされる”天の香久山”には今も岩戸が残されています。

Dcim0153_3 ”さえ”ちゃんは、香久山にあるおばあちゃんの家に良く遊びに行きます。

幼稚園の遠足で大好きな、香久山に登ることになりました。

先生が、「香久山は昔、天上にあって、神様が住んでいたのよ」と教えてくれます。

さえちゃんは、「天上って?」「神様が住んでいたって?」「どうしてその山が、ここにあるの?」不思議で仕方がありません。

そんな不思議を、おばあちゃんに尋ねると、おばあちゃんは、香久山に残っている神話を話して聞かせてくれるのです。
Dcim0154


ここから、「天岩戸」のお話が始まります。

神様たちは、天の香久山から取ってきた”うわみずざくら”の木の皮でオスの鹿の骨を焼き、占いをし、榊を香久山から掘り出してきて、鏡や勾玉で飾るとされています。


Dcim0155
「アメノウズメ」が舞を舞う時に持っている笹竹も、香久山から取ってきた物とされています。





Dcim0156
香久山の麓には、”七本竹”と言う伝説も残っていて、毎年7本生えて7本枯れ、この竹に触るとお腹が痛くなると言われています。

この枯れた竹をお守りにするといいんだそうです。


もっと昔は、13本あって、7本になったのは、伊勢神宮に献上し移植されたからと言う文獻も有ります。


Dcim0157
さえは、おばあちゃんのおはなしをきくのが、だいすきです。
「あと いつつねたら えんそくなんだよ」
さえは ゆびおりかぞえながら いいました。

おばあちゃんのめには ちいさかったころ よく おはなしをしてくた
おばあちゃんの やさしい えがおが うかんでいました。


香久山は、天の香久山とも言い、「伊予国風土記逸文」と言う本に、天から天下った山だと書かれてあります。

「天の香久山神社」の境内には、ハハカの木(うわみずざくら)もあります。

このお話は、幼い子には難しいけれど、お母さんに読んでもらい、又いつか大きくなって目にしてもらえると良いなあと想いながら、あえて取り上げてみた伝説です。

|

« 子ども達に届けられました。 | トップページ | 早秋の御たらい渓 »

絵本、おはなし パネルシアター ブラックライトパネルシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/57652460

この記事へのトラックバック一覧です: 天の岩戸と七本竹:

« 子ども達に届けられました。 | トップページ | 早秋の御たらい渓 »