« 奈良の大仏 | トップページ | みんな 聞き上手 »

2014年8月20日 (水)

子ども達は、大好きだね

今日は、朝の読み語りにお伺いしている小学校へ、本の修理と整理にお伺いしてきました。

絵本の中に、最高にいたんでいる本が有りました。

”ミッケ”

20冊近くの本が、もう製本の形を成していない位に、読まれている。

ページごとにブッカ―を貼り、糸綴じ部分はボンドでくっつけて、何とかなったけれど。

文庫ならもうとっくに、廃棄処分にしている本。

それだけ、子ども達に読まれているって事。

読まれているイコール、良い本って事にはならないけれど、これだけぼろぼろになるまで読まれれば、値打ちがあるよね。

でも、文の部分もちぎれているし、廃棄にして新しいのを入れて上げられるといいのにね。

学校図書室は、図書館や文庫と違って、全ての子ども達が利用できる場所。

子ども読書推進が、叫ばれているけれど。

もっともっと、学校図書が充実されればいいのにね。

|

« 奈良の大仏 | トップページ | みんな 聞き上手 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/57136488

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども達は、大好きだね:

« 奈良の大仏 | トップページ | みんな 聞き上手 »