« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月29日 (金)

みんな 聞き上手

田原本にある”宮古保育園”へお伺いしてきました。

毎年、この時期にお声が掛ります。

Img_2419

こうして、毎年続けて呼んで下さるのはとっても嬉しい、子ども達の一年の成長も楽しみです。

Img_2421

毎年、2,3歳のステージの時は、地域の方達にもお声を掛け、来て頂いてらっしゃいます。

この日の為の新作「くれよんの はなし」も大成功。

クレヨンたちが、画用紙にそれぞれ絵を書いていくおはなしで、ブラックライトに仕上げてあるので、とっても綺麗に色が浮かび上がります。

けいの、好きな作品になりそう!

Img_2425

そして、今日が二回目の之もまた、この夏の新作「あれはいったい何者だ」

子ども達の元気な声が、お部屋に響きます。

お部屋が明るくて、取った写真がきれいな色に発光していなかった。

残念!

だけど、UPします。

Img_2423 毎年お伺いしていて、どの子ども達もお話を聞くのに慣れていて、とっても聞き上手です。

お聞きすると、地域の方に良くお話に来ていただいているとのこと。

素語りも、真剣に耳を傾けてくれていました。

絵本案内人 けい 別名、お話魔女 けい のお話への世界は、子ども達に力を貰い、不思議な世界を充分に、子ども達に愉しんで貰えました。

みんなと又、会えると嬉しいね。

毎年お声を掛けてくださる先生、有難うございます♪

2,3歳     30分   90名ほど
  わらべ歌 箱人形  「ととけっこう よがあけた」
  パネルシアター   「汽車ぽっぽー ガオー」
  ブラックライトパネル  「あれは いったい何者だ」
                「はらぺこ あおむし」
4,5歳    40分    90名程
  パタパタ
  パネルシアター   「何になるかな?」
  お話   くるくる箱を使って  「桃太郎」
  ブラックライトパネル  「あれはいったい何ものだ」
                「クレヨンの話」
  パネルシアター   「へい!らっしゃい、おすしやさん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

子ども達は、大好きだね

今日は、朝の読み語りにお伺いしている小学校へ、本の修理と整理にお伺いしてきました。

絵本の中に、最高にいたんでいる本が有りました。

”ミッケ”

20冊近くの本が、もう製本の形を成していない位に、読まれている。

ページごとにブッカ―を貼り、糸綴じ部分はボンドでくっつけて、何とかなったけれど。

文庫ならもうとっくに、廃棄処分にしている本。

それだけ、子ども達に読まれているって事。

読まれているイコール、良い本って事にはならないけれど、これだけぼろぼろになるまで読まれれば、値打ちがあるよね。

でも、文の部分もちぎれているし、廃棄にして新しいのを入れて上げられるといいのにね。

学校図書室は、図書館や文庫と違って、全ての子ども達が利用できる場所。

子ども読書推進が、叫ばれているけれど。

もっともっと、学校図書が充実されればいいのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

奈良の大仏

ヒマラヤ、カンチェンジュンガのトレッキングで、お世話になったシェルパのテンバさんが、来日していて奈良見物に来られるとのことで、ご一緒してきました。

雨が降りそうで降らず、最高に蒸し暑い一日。

トレッキングの時程、汗がしたたり落ちる。

”カトマンズより、日本の方が暑い”との事、だって湿気が違うものね。

Img_2416 奈良と言えば、”東大寺の大仏様”

何十年振りかで訪れた大仏様。

柱の穴くぐりもしたかったけれど、長蛇の列で諦めた。

Img_2417 大柄な外国の人も、その穴に挑戦していたけれど、潜り抜けられない。

見ている人からも、笑いが広がる。

奈良公園は良く訪れても、何方かを案内でもしないかぎり、中々奈良の中心は訪れる事もない。

Img_2414 久し振りに鹿に、鹿せんべいを上げたけれど、やっぱり怖い!
















奈良公園の鹿は、鹿せんべいを持つと寄ってきて頭で突いてくるから、昔からとっても怖い。

良く、鹿せんべいを放り投げて逃げたなあ。

Img_2418










お水取りで有名な二月堂、三月堂と廻り、暑さに参ってしまった。


奈良の市外が、一望できる。

京都の清水さんの舞台程ではないけれど、奈良市街が一望できる。






若草山は登るのに、有料になっていてちょっとびっくり。

小さい頃、遠足などで良く上からダッシュで駆け下りたり、お尻で滑って遊んだりしていたのにね。

そして、天理へ行き長い商店街を歩き、大阪へ。

この商店街は、他では売っていない商品が置いてあり、何だかレトロで珍しく好きな商店街だ。

今度は、又ヒマラヤトレッキングで、カトマンズで会えますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

ようやっと なんとかなりそう

三年ほど前から、悩みに悩み頓挫していたブラックライトパネルの作品「やまなし」

Img_2410 ようやく、なんとかなりそうな気がしてきた。








まだ、お話も覚えていなくて、演じてみればどうなるかわからへんけど、何とか大まかなイメージのえが出来上がった。

けど、賢治の世界、光をどのように表現できるかまだわからへん。

Img_2411 来年、いいえ、この秋目指して完成させたいなあ♪



まだまだ、手直しがいるみたいやわ。

見るたんびに、筆握っている感じ。

誰か、ええアイデアくれへんかなあ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

吹っ飛んだ

読んでいて思わず、大声で笑っちゃいました。

やっぱり、五味 太郎さんの絵本は、良い!

好きだな。

Img_2407 「あっ ほっ」

暑さも、怠さも、モヤモヤも、みぃいんな、吹っ飛んだ!

よっ!
おっはよう!
こんにちは!
あんど
こんばんは!
っと

と男の子登場。

良いキャラしてます。

Img_2408 何が起こっても大丈夫だろうなあ、この男の子。

何だか、ほっ!

「わぁい ぼく てきとうでおしゃべりで いいかげんな あほでよかった!!」
「めでたし めでたし!」

「よーし ぼくもりっぱな あほになろうっと!」と男の子を見ていたウサギさん。

この本のラストの文です。

なれたら、いいね。

いいねえ、「あっ・ほっ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »