« バテバテ | トップページ | スイミーがえらい事に »

2013年11月10日 (日)

京都大原の里 穴場みいつけた

秋の京都、大原の里。

秋の紅葉には少し早く、山深い大原の里もほんの少し、モミジが赤くなっているだけ。

Img_2025 三千院、のお庭。

三千院、寂光院(特に)は、大好きな場所。

何度も訪れているけれど、季節ごとに違う趣が有る。

Img_2031 

三千院のお庭に、とっても可愛い表情の”わらべ”の石仏がたっくさんありました。

ちょっと首をかしげた素朴な、わらべ。

Img_2033 

手を合わせ、木の根元に佇むわらべ。

Img_2036 

双子の並んだ童の前で、寝そべって何を見ているの?

秋の柔らかい日差しの中、可愛い愛らしい童たち

Img_2038 ”実光院”

三千院の近くに、こんな素敵なお寺があったなんて、知らなかった。

大原はいつも、三千院と寂光院を巡っておしまいだったから。

乗ったタクシーの運転手さんに、桜の咲いているお寺が有ると聞いて、尋ねてみました。

Img_2039_3 心の字を表した池に、カメに見たてた島、五重塔の横に鶴に見立てた松で、浄土を表している。

池のこちら側は、俗世間。

俗世間から、お抹茶を頂きながら、浄土をゆったりと眺める。

Img_2043_2 初秋から春にかけて、花を満開にする”不断桜”

広げた枝に、ちらほら薄ピンクの可愛い花をつけていた。

庭の彼方此方には、腰かけて眺められる様に、椅子がおかれている。

Img_2045_2 手前に柿の古木が、大きな実をつけ、その後ろにしだれ桜が眺められる。

春と秋の季節のミックス

Img_2046 

夜の祇園。

昼より人通りも多く、今日も舞子さんが足を急がせていた。

毎年、友達と行く、恒例の秋の京都。

紅葉の美しさにはちょっと早かったけれど、一日秋の京都を満喫しました。

良く訪れる大原にも、素敵な穴場をみぃーつけた!

|

« バテバテ | トップページ | スイミーがえらい事に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/53879259

この記事へのトラックバック一覧です: 京都大原の里 穴場みいつけた:

« バテバテ | トップページ | スイミーがえらい事に »