« まりぶろん  | トップページ | 朝の読み語り »

2013年10月22日 (火)

相撲神社

Img_2013 今回の万葉ハイキングは、黒塚古墳ー長岳寺ー崇神天皇陵ー櫛山古墳ー柳本ー景行天皇陵ー柳本歌碑ー景行天皇纏向日代宮跡跡ー纏向遺跡ー相撲神社ー穴師坐兵主神社ー檜原神社ー笠縫(元伊勢)-慶雲寺ーホケノ山古墳ー箸墓古墳と巡りました。

Img_2016 

万葉歌碑と三輪さんが、美しく見えるのどかな山里

桜井市の山の辺の道にある相撲神社。

ここが日本の相撲の発祥の地だったとは、知らなかった。

当麻が相撲で有名なのは、知っていたのですが。

「日本書紀」に出雲の能見宿禰(のみのすくね)を呼んで当麻のけはやと(たいまのけはや)と相撲を取らせたとあります。

この地で初めて相撲の天覧試合が催されたそうです。

その時は、東の能見宿禰が、勝ったそうですが。

Img_2017 当時の土俵が残っていて、大鵬、柏戸の横綱が訪れて、この土俵で試合をしたそうです。

この時、どちらが勝ったんでしょうね。

Img_2018 最近社殿は立て替えられて、真新しく一間春日造りの小さな小さな祠です。

こんなにも近くなのに知らないことが多く、お話を聞きながら巡っていると新しい発見が有って、まるで知らない地に来たよう。

万葉歌を聞きながら巡る山の辺の道は、とても新鮮でした。

|

« まりぶろん  | トップページ | 朝の読み語り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/53653211

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲神社:

« まりぶろん  | トップページ | 朝の読み語り »