« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

金橋子ども園 配達

金橋子ども園の、未就園児さんへの配達です。

年々、公立幼稚園は園児数が減っています。

今日お伺いした園は、保育園と幼稚園が一緒になった子ども園。

200名以上の子ども達が居て、とっても賑やかで活気が有って、幼稚園らしい園です。

人数が多いとそれなりに先生方のご負担も多いらしいけれど、幼稚園に活気が有るのは最高です。

25組程の1歳から5歳までの子ども達。

おチビちゃん達も元気いっぱい。

絵本に、指人形、パネルシアター、おはなし、そして親子でわらべ歌を楽しみました。

秋から冬の、長い一日、家でもゆったりと親子でこうしてスキンシップしながら、遊んで下さいね。

お母さんに、わらべ歌で”ギュッウ”してもらって嬉しそう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

朝の読み語り

地域の小学校で読み語りを初めて一ヶ月が過ぎました。

今日は、三年生へ初めての配達です。

三年生は、文庫へ来ている子も多くて、知った顔が沢山。

先生との連絡が上手くいっていなくて、勉強をする教室でしたので机といすが有って、ちょっと子ども達との距離が出てしまいました。

けれど読み始めると、選んだ絵本「どんぐりたろうのき」と朝の読書タイムのBGMが、とってもマッチしていて、子ども達との距離を感じなくなっていました

来月からは、4年生にも御伺いしようと思います。

様子を見ながら、来年度からは5.6年生にも出来たらいいんだけど。

まあ、欲張らないで順番、順番!

ゆっくり始めよう。

子ども達の一日の勉強の始まりが、ゆったりとした気持ちでスターと出来ると嬉しいなあ♪

そして、昨日の大雨の中、二年生のTくんが一年振りに文庫に顔を見せてくれました。

学校の読み語りで顔を見て、文庫を思い出してくれたんですって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

相撲神社

Img_2013 今回の万葉ハイキングは、黒塚古墳ー長岳寺ー崇神天皇陵ー櫛山古墳ー柳本ー景行天皇陵ー柳本歌碑ー景行天皇纏向日代宮跡跡ー纏向遺跡ー相撲神社ー穴師坐兵主神社ー檜原神社ー笠縫(元伊勢)-慶雲寺ーホケノ山古墳ー箸墓古墳と巡りました。

Img_2016 

万葉歌碑と三輪さんが、美しく見えるのどかな山里

桜井市の山の辺の道にある相撲神社。

ここが日本の相撲の発祥の地だったとは、知らなかった。

当麻が相撲で有名なのは、知っていたのですが。

「日本書紀」に出雲の能見宿禰(のみのすくね)を呼んで当麻のけはやと(たいまのけはや)と相撲を取らせたとあります。

この地で初めて相撲の天覧試合が催されたそうです。

その時は、東の能見宿禰が、勝ったそうですが。

Img_2017 当時の土俵が残っていて、大鵬、柏戸の横綱が訪れて、この土俵で試合をしたそうです。

この時、どちらが勝ったんでしょうね。

Img_2018 最近社殿は立て替えられて、真新しく一間春日造りの小さな小さな祠です。

こんなにも近くなのに知らないことが多く、お話を聞きながら巡っていると新しい発見が有って、まるで知らない地に来たよう。

万葉歌を聞きながら巡る山の辺の道は、とても新鮮でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

まりぶろん 

宮沢賢治の作品を読み、作品への其々の思いや賢治についてを語り合い、そんな想いを文字にし”まりぶろん”を発行し、賢治を中にして年齢も様々で、県内彼方此方から知り合ったお友達。

作品だけではなく、音楽や芝居、絵等賢治に託けて?楽しんだりした仲間。

今では、時たま賢治やお気に入りの何かが有ると声を掛けあい、一緒に出掛けて行ったり。

昨日は、今は福島県に住むT子さんが、奈良に帰ってきているからと、何年振りかで”まりぶろん”のお友達と集まりました。

皆、変わらず素敵な方達。

「ともだち」の絵本であったあった、「私の友達紹介します」で始まる文

KOさん、情報をいっぱい持っていて、、知識もたっくさんあって、仲間もいっぱいいて、筆まめで愉しいお喋りも大好きで、Kさんがいるから繋がっていってる。

KAさん、可愛い創作童話を書いている、ゆったりしているのに行動的でこれまたKさんがいるから繋がっている、今日も自然食の予約の時、目に良い物を入れて下さいねって注文してくれていた。

T子さん、”まりぶろん”をしている時、「青年海外協力隊でパキスタンへ行くの」と、日本を飛び出していった看護士さん、落ち着いたとっても優しい雰囲気の中に燃える物を持っている。

Aさん、優しくって温かい、良く絵葉書やお便りを頂いたのに、筆不精してて謝らなくっちゃあ、出会った時の笑顔でホッとするよ。

そして私、みんなに甘えちゃってて、でもみんなそれを許してくれてる。

ネッ!

素敵でしょ。

何年振りかで皆に会って、嬉しくって大好きな「ともだち」の絵本をまねしてみました。

ずっと繋がっていけるといいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

朝読が始まりました

地域の小学校への、朝の読み語りがスタートしました。

一年生のクラスへ

大勢の子ども達で溢れていた学校も、今は5年生が二クラスで、後は一クラスのみです。

幼稚園も、南北が統一され、それでも少ない人数です。

朝の10分間の読み語り

今日は初めてなので、自己紹介から始めました。

「リーラちゃんと すいか」

インドの物語です。

村の様子、人々の様子も大きなはっきりした絵で、描かれてあります。

スイカの種を飲み込むと、お腹の中にスイカが出来るとお兄ちゃんからからかわれた女のこのお話です。

このお兄ちゃんから言われることも、日本と一緒。

スイカを慌ててほおばる私達も小さい頃、言われたよね。

時間があって、ゆっくりと絵本の絵を読むことが出来ました。

ほんの少し時間も有って、「もう一冊持ってきているけれど、読むには時間が足らないから、又今度ね」って言ったら。

「お願い、題だけでいいから、表紙だけでいいから見せて」の声。

「明日も くる?」

「今度 いつ来る?」

「愉しいな」

こんな声で始まれた、第一っ回目。

毎週お伺いできるのは、愉しいねえ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »