« 新緑の京都 | トップページ | じんじん »

2013年5月30日 (木)

昔話

今年は、一年間”のぞみ幼稚園”のお誕生日会に三人で毎月交代で、お話に御伺いする事になりました。

けいは、三か月に一度の配達です。

4月に御伺いした方から、年少さん2,3歳の子ども達への素語りをする難しさをお聞きしていたので、予定を変更して手遊びの入った昔話を小物を使ってすることに。

三歳の子ども達にとっては、まだまだ幼稚園での生活にも慣れていない5月、連休を家で過ごして又一からの園生活です。

20分もの長い時間を、手遊びをしたりお話を聞く集中をするのは、大変な事です。

お話は、言葉を耳から聞いて、その世界を想像する(創造)する力(作業)が必要です。

想像する力は、年齢に関係なく様々な体験や言葉の中から積み重ねで生まれてくるもの。

大人でも、難しい人もいます。

何とか子ども達がお話の世界を愉しめるように、工夫をしてお話に入ったのですが、やはり何人かは走り回ったり、退屈したりで、聞く力とは積み重ねで有る事を改めて思いました。

もっと、もっと、話し手は子ども達の状態を考えなくてはと思ったお話会でした。

そして、お話の部屋の様に、話し手が話しやすいように形を整えるのではなく、愉しい筈のお話をどのようにすれば、お話を聞き想像することが苦手な子ども達に届けることが出来るか、話し手が工夫し考える、こちら側の問題である事。

何をするか、お話を選ぶ作業が一番大事な事、長い時間になれば、それをどのように組み立てるか?その大事さを改めて考えさせられました。

でも、走り回って、お話を聞いて居られなかった子ども達が、いつの間にかしっかりとお話の世界に入っているのを見ることは、最高の喜びなんですよね。

やったね!

って思える瞬間が、いつくるのかとっても楽しみな子ども達です。

次は何を持っていこうかな?ちょっと真剣に考えお話を探さなくっちゃア。

先ずは、3分ほどの短い短いお話で、子ども達にお話が愉しいと思って貰えれば、園長先生のご希望の最終には20分ほどの昔話が届けられるといいなあ。

まあ、長~いスパンでお話してゆこう。

こうして、続けてお伺いできるのは、幸せですね。

|

« 新緑の京都 | トップページ | じんじん »

絵本、おはなし パネルシアター ブラックライトパネルシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/51822663

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話:

« 新緑の京都 | トップページ | じんじん »