« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月14日 (木)

ともだち

春一番の鶯の声が 聞こえてきました。

マダマダ可愛い 小さな声です。

これから暫く 音程の外れた 愛しげな声が聞けます。

光 風 空気 様々な自然の色が 変わって来ました。

先週末久し振りに 小学校の同級生数人で集まり お喋りをしました。

あっと言う間に ○○ちゃん ○○くんに戻り話が弾むのは 同級生ならではですね。

そして、大好きだったこんな絵本

Img_1680    「ともだち」  大森 真貴乃 

「私の友達 しょうかいします」で始まる絵本

一人一人の性格や 特徴が紹介され 人間像が浮かび上がって来ます。

その10人が 又素敵な人達なんです。

Img_1681 

紹介している私、ハルコさんは電話をかけるのが何より大好き

時々みんなに、お茶のお誘い電話。

Img_1682 

Img_1683 タネさんの口癖が「友達が 沢山いて その上こうしておいしいコーヒーが飲めるなんて 私達 本当についてると思うわ」

年を重ねて こうして電話一本で集まれる こんな素敵なお友達を今のうちにいっぱい作っておきたいね って 思わせてくれる絵本。

友達っていいなあ!

昔子どもだった人達に 是非読んで欲しい絵本。

Img_1684 最後の最後の値段や 発行年月日の書かれたページに電話の絵が描いてあって、「えっ!あなたも おともだちになりたいですって?」 ここを見逃しちゃっては!

本文のお話が終わるとつい、終わったと思って、絵本を閉じてしまうけれど、絵本って、最後の最後まで絵でお話が続いていて、見逃しては大損!  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

ワニばあちゃん

春が膨らんできます。

Img_1646 まだ蕾の固かった我が家の庭の梅も、ここ二、三日の暖かさで、いっきに満開になっていました。

Img_1649 馬酔木の花も、こんなに可愛い花を枝いっぱいに付けました。

毎年、北海道のスキーから帰ったら、冬が一気に春に変わっていて、少しずつ季節が変わっていくのを、感じることが出来なかったのが、今年は、スキーに行けなかったぶん、こうして少しずつ春が訪れるのを愉しむことが出来ます。

春を感じながら、こんな絵本を思い出しました。

Img_1650 「ワニばあちゃん」  おくはら ゆめ

「ワニばあちゃんのはなのあなには アリじいちゃんが すんでんのよ」

「ワニばあちゃんから アリじいちゃんは みえないの」

「アリじいちゃんからも ワニばあちゃんは みえないの」

それでも二人は仲良く、テレビを観たりいつもいっしょです。

ワニばあちゃんが 畑へ行ったり、食事を作ったりしているとき、アリじいちゃんはね こんなことしています。

「アリじいちゃんは ワニばあちゃんの はなげで遊んでんのよ。」

いいでしょ!

ここんところが、最高!

Img_1651_2 アリじいちゃんが、「ワニばあちゃんは はなげがふさふさで カレーは美味しいし最高!」って言えば、ワニばあちゃんは、「アリじいちゃんこそ あそんでばっかで 最高よ!」

春の様に、温かな風が流れている絵本です。

アリじいちゃんとワニばあちゃんは、どうしてお話をするのかですって?それはね、鏡を見ながらおはなしすんのよ

Img_1652_2 ワニばあちゃんの鼻の穴で眠る アリじいちゃんも とっても心地よさそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

暖かい風に誘われて

春の温かい風に誘われて、サイクリングに出かけたくなりました。

Img_1637 往復3時間程の、三輪明神さんまで自転車を走らせました。

風が強く、思うように颯爽とはペダルが漕げません。

自動車道を避け、目指すは大きな鳥居。

その方向にさえ行けば辿りつける。

Img_1634

正面が目指す、三輪山。

道なき道を、只鳥居目指して進む。

そうして、田んぼの中のガタガタ道を行く羽目に。

けど、ヒバリの声や、ヨモギ、春を沢山見つけることが出来ましたよ♪

春ですねぇ♪

ワクワクしてきますねぇ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

24年度の配達もおしまい

昨日の、今井幼稚園へのお話配達で、昨年からお約束していた配達も全部、終わりました。

幼稚園、小学校への配達のご依頼は、新学期が始まり暫くしてからになります。

でも、数日前早速、夏のご依頼を下さった幼稚園も有ります。

毎年お声を掛けて下さって、嬉しいなあ♪

このゆっくりしている間に、パネルやブラックライト、小物を作ろうっと!

そろそろ、冬眠から目覚めねば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »