« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月25日 (月)

どこいったん パートⅡ

絵本の勉強会へ持っていきました。

絵本を読むって”絵を読む”楽しみが最高です。

”あれっ!”の疑問がこの絵本を隅々まで絵を読み、考えさせてくれました。

P1000130

もう表紙から、クマさんは帽子を何処かに落としています。

ねっ!

被っていないでしょ。

P1000131

表紙と、見返しの裏の絵です。

ここには、お話に出てくる動物たちの絵が描かれています。

ここのクマさんも、帽子を被っていない。

こんな風に、表紙からもうおはなしが、始まっています。

P1000132 うさぎさんに、「僕の帽子しらん?」って聞いている場面。

うさぎさんは、「し、しらんよ。なんで、ぼくにきくん。帽子なんか どこにもないで。帽子なんかしらんで。帽子なんかとってへんで。僕に聞くのん やめてえなあ」って答えます。

次々に聞いていったクマさん。

7番目に聞いたシカさんの「どんな帽子?」って聞かれて、赤くてとんがってて、と答えながらウサギの被っていた帽子を思いだします。

P1000129 無言

目と目でこの空間には、怪しい空気が漂います。

P1000128 そして、このページ。

ねっ!

ウサギどこいったん?

P1000127 裏表紙の裏に描かれてあるくまさんは、帽子を被っています。

これらを見て、「きっと、ウサギをお尻で踏みつぶしているんだわ、でも裏表紙にウサギもいるから、きっとウサギは大丈夫だったんだわ」と言う人。

表の見返しの絵には、ウサギが二匹いて、裏には一匹だから、踏みつぶされてしまったんだ、と言う人。

きっとクマが、ウサギを食べてしまい、座り込んでいるんだという人。

睨み合っている時のウサギのあの目は、きっとクマに謝っていないんだわ。

様々な絵の読み方が出ました。

絵を読む楽しさを、充分に味わって其々の思いでこの本を語っていました。

そういう意味で、この絵本は面白い。

子ども達にとって絵本は、文字を耳で聞き、絵を読む、それが一番楽しいんですよね。

大人も勿論、字を読み、絵を読む、絵本を楽しめるポイント。

只、訳者の、リスにクマが「帽子被ったうさぎどこいったん?って聞かれて、「うさぎなんか さわったこともないで」の文が、原文では、こうなっていました。

I WOULD NOT EAT A RABITTE

長谷川さんのまったりとした大阪弁と、さわった事もないと訳された事で、怖さが薄れ、こうしてじっくりと絵を見、色々考えることが出来ているんですね。

でも、話題にはなるけど、けいはやっぱり、この絵本?だなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

どこいったん

新しい絵本が入ったので、早速文庫のお話会で読んで上げる事にしました。

訳者名と題の大阪弁を見て、興味も有り一度も読まずに、子ども達に読んでしまいました。

「どこいったん」 ジョン。クラッセン 作 長谷川 義史 訳

原題は 「WANT MY HAT BACK」です。

クマが帽子を無くし、探しに行きます。

会う動物に「僕の帽子 どこいったん」って聞いて歩きます。

みんな「知らんよ」

最後にシカさんが、「どないしたん?」「ぼうしどっかいってん」「どんな帽子」「あこうて とんがってて、、」と言いながら、クマさんは気が付きます。

表紙から、見返し、本文と最初からクマさんは帽子をかぶっていなくて、初めてここでクマさんの帽子が赤くて、とんがっている物だと、読み手も知る事に成ります。

ページが変わって「あっ!さっき!」ってクマさんが、気が付きます。

勿論読み手も気が付きます。

三番目に会ったウサギが、この帽子を被っていたんです。

読んでいる私は、心の中で”ネッ!みんなも解ったでしょ”ってにんまりし子ども達の顔を覗き込みます。

”そうよ”って心の中で言いながら。

クマさんはウサギの所に戻り、「おい、おまえ!僕の帽子とったやろ」

次ページは、言葉が無くウサギとクマのにらみ合う絵。

そして、ページを捲ると、ぼうし、すっきゃねん。の文字と押しつぶされた草の上に座り込んだ帽子を被ったクマの絵。

読みながら、”アレッ!ウサギ何処いったんかな?”と思いながらページを捲ると、リスが、「ぼうしかぶったウサギ どこいったん?」「し、知らんよ。何で僕にきくん?ウサギなんかどこにもいてへんで。ウサギなんかしらんで。ウサギなんかさわったこともないで。ぼくにきくのん、やめてえなあ。

し、しらん。の言葉はクマさんあやしいで?

と読みながら、頭の中を?????が廻りました。

最後は、そのまま押しつぶされた草の上に座り続ける帽子を被ったクマの絵。

”アレッ!ウサギは?ひょっとしてクマが食べた?”

”まさか、そうしたら、この絵本なんでこどもたちに!なんの意味あるんかな?”

って疑問がいっぱい湧いてきた。

読み終わって子どもたちに聞いてみた「ねえ!みんなぁ、ウサギいないよね、どこ行ったと思う?」

そしたら、大きな子ども達が、目輝かせてこっち!」と言ってページを遡り、帽子を取ってクマに嘘をついている場面を指差してくれた。

小さな子は、お家帰った。

子ども達は、大阪弁のまったり感と言葉の面白さで、最初は笑っていたけれど、絵本を理解できずにいる。

しまった!

やっぱり子どもたちに読むときは、必ず何度か目を通すという基本を疎かにしてしまっていた。

もう少し大きくなったら、この絵本の怖い部分が解るんだろうなあ。

けど????

っていっぱいの???が残った。

心の中にいっぱいの言葉と、?が残ったので、文庫の仲間に投げてみた?

「ねぇ、ウサギどこ行ったと思う?」

この絵本どう思う?

けど、面白い、この絵本。

大人の人にとっては、「絵本を読む」いい材料になる。

そうして、この絵本の絵をじっくりと読んでみた。

大人にも、後が残るよね。

と、早速、あるサークルの勉強会に持っていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

今井小学校からお便りが

P1000125 今井小学校の先生から、”図書便り”が届きました。

毎年子ども達の声を、お便りにして届けて下さいます。

初めて会う一年生は、ブラックライトパネルの美しさに、喜んでくれます。

一時間目のお話に当る学年には、毎年大型ロール紙芝居”スイミー”をするのですが、今年は二年生が当たりました。

最後にみんなを囲みクラスいっぱいに海の底を表現し、海の底で小さなお魚になって泳いで貰います。

感想に、自分も海の底に入ったようで、とっても愉しかったと書いてくれました。

6年生は、6年間お話を聞いてくれました。

自分も本が好きなので、けいの様に「頑張ってみたいと思います」と書いてくれました。

「ぼくを さがしに」「たいせつなこと」メッセージとして手渡した本も、すごく心に残りましたって書いてくれました。

来年も御伺いできると 嬉しいなあ!

先生からお声が掛かることを、楽しみにしているね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

読未知 さん への配達も今日でおしまい

一年間を通して桜井市で活動されている、読未知さんの勉強会に御伺いしていたのも、今日で最後に成りました。

最後は、プログラムの組み方。

其々の年齢などを考え、絵本、手遊び等を入れ組立てる。

絵本選びには、時間がかかります。

絵本の楽しさの第一回目から、パネルシアター、小道具、仕掛け絵本、絵本の選び方等、絵本を中心に子ども達へのお話配達へのほんの一部を、ご一緒に勉強させて頂きました。

けいにも、とっても勉強に成りました。

紹介する絵本を、沢山知って下さっていたのも、嬉しかったです。

聞いて下さっているみなさんの御顔が、輝いていたのも嬉しい事でした。

これからも、素敵な絵本、お話を届け、愉しい時間を子ども達と一緒に共有して下さいね。

最後に見せて頂いた、歌と音楽との紙芝居、愉しかった♪

又、何処かでお会いできるといいですね。

ありがとう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

帰りは お台場へ

Img_1622 東京町田での上演が終わって、夕方の新幹線の時間まで、お台場へ行くことにしました。

ゆりかもめから見る景色は、最高!

一番前の前方に向かって座る椅子に、乗客が座れるんだって事知らなかった!

一番前に座りたかったなあ!

Img_1623 後で思ったことだけど、このゆりかもめの一番前に乗ってお台場、東京湾の景色を楽しんでいるのが、一番最高だった気がする。

Img_1625 Img_1627 

Img_1629 

夕方、東京タワーが美しく見えました。

二日間の、東京へのお話配達も無事に終わりました。

色んな事が、以前と変わらずに出来ている事に喜んでいます。

先に諦めるより、やってみて駄目なら考えよう。

この気持ちを、改めて後押ししてくれたお話配達でした。

ありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

スカイツリー にリベンジ

Img_1608 行きの新幹線から、こんなに美しい富士山が見えました。

ひょっとして、窓から見るこんなにきれいな富士山は、初めてかも?

富士は、やっぱり登るより、見る山ですねえ。

Img_1613 昨年、スカイツリーを見ようと行ったのに、見つからずに断念したスカイツリー。

今回は、見つからなかった訳の確認と、リベンジです。

今日は外からも見えるようにと、都バスで行くことにしました。

辿りつけました、スカイツリーに。

前回は、自分がスカイツリーのあるビルの出入り口に居たために、スカイツリーが見えなかったのです。

自分が、真下に居たんだってことが、よおぉく解りました。

笑い話ですね。

一人で彼方此方ウロウロするくせに、方向音痴でいつも珍道中。

そんなことにめげてなんかいられない。

Img_1619 やっぱり、高い!

やっぱり、凄い!

水上バスでスカイツリーを見るのが、今回の目的だったけれど、時間的にも無理なので、帰りは浅草によって帰る事にしました。

浅草から見たスカイツリー。

スカイツリーを見るリベンジは、果たせたけれど、今回も上へは登れなかった!

Img_1616

浅草の雷門。

Img_1621

提灯の下には、こんな素敵な彫り物が有りました。

Img_1617 

仲見世もすごい人。

ロッカーに入りきらなかった、大きなパネルの荷物を抱えて、上演前にいっぱい遊んじゃいました。

でも東京って、人が多くってロッカーの空きを探すのも一苦労ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

町田市 たかね保育園 へ

東京の町田市にある、たかね保育園へお伺いしてきました。

Sさんの「子どもの頃、ブラックライト パネルシアターを見て、その美しさに魅せられ、ご自分でも作り、是非子ども達にもその幻想的世界を見せてあげたい」との想いで、役員会に計って下さり、実現した今回の上演です。

保育園は、.大きな団地の中に有りました。

この日は、0歳さん、1歳さん、2歳さんのばぶばぶちゃん達へは、お部屋を訪問してのお話会。

そして、3,4,5歳さん、と年齢ごとへの上演です。

年齢別なので、一人一人の顔を見て、其々の年齢にあったお話が出来、充実したお話会が持てました。

0歳さんのばぶばぶちゃんは、一人が顔を見て泣き出すと、それにつられて、皆が泣き出したのですが、箱人形で”いないいないばあ”を始めると、泣き止んでじっと顔を見てくれています。

それに引き続き、パネルで”いないいないばあ”みんなで遊んだあとは、絵本で”あっぷっぷ”

1歳さんは、箱人形、手遊び、絵本、パネルの上演です。

パネルでは、皆一緒に「のせてくださぁぁぁぁーーーーい」と大きなお声で、声を掛けてくれました。

”ゆびさんねんね”の手遊びも、大きなお声が響いていました。

2歳さんは、暗くなるのも怖くないとの事で、ブラックライトパネルを上演しました。

パネルでは、「コトコト コットン」の繰り返しの所を、皆いつの間にか、一緒になって、「コトコト コットン」と口ずさんでくれました。

メーンは、3,4,5歳さんの一時間の上演。

ブラックライトパネルシアターを中心に、”卒園、進級おめでとう”の上演会でした。

パネルでの「まる さんかく しかく」では、元気いっぱいに声が聞こえ、大いにけいを盛り上げてくれました。

エプロンシアターの「だいこん にんじん ごぼう」のおはなしは、コテコテの大阪弁で語りました。

子ども達は???ながら、笑い声が起こります。

みんな、お話の聞き上手さんです。

ブラックライト パネルでは、”わあ!きれい!の声が彼方此方から聞こえてきて、マタマタ、けいを盛り上げてくれます。

この声が聞こえてくると、上演している時間がとっても幸せなオーラーで包まれます。

ついつい、気持ちが入りすぎて、上演時間オーバー。

ごめんなさい。

最後は、この上演に合わせて作り直した「みんなともだち」のパネルシアター。

この日の為に、園では、「みんなともだち」の歌を、子ども達と練習して下さいました。

みんなの歌声が、会場に響きました。

とっても短く感じられた、二時間半でした。

もっともっと、観てほしいなあ!と思いながら、おしまい。

御伺いで来て、本当に嬉しかった!

良かった!

この機会を下さったSさん、本当に有難うございました。

Sさんの様に、今日のお話が、大きくなっても忘れない様に、子ども達の心に届いてくれたことを願っています。

役員の皆様、お世話に成りました。

有難うございました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

準備完了

8日は、東京の町田市にあるT保育園へのお話配達です。

0歳、1歳、2歳、3,4,5歳と4回公演です。

昨年12月のクリスマス会にお声を掛けて頂いたのですが、お伺いできませんでしたが、どうしてもブラックライトパネルを子ども達に見せてあげたいと、父母会の方が、特別に今回の会を企画してくださいました。

とっても嬉しい事です。

其々の年齢にあった、お話会をしたいと思います。

いつもこの時期は、特に健康に神経を尖らせてその日を迎える準備をします。

何処へ行くにもマスク、うがい、何とかインフルにかからず、御伺いできそうです。

パネルや作品の大きな荷物も発送しました。

送付が心配な舞台付属品や、イーゼル2台、ライト2本、鼓は持参です。

コンナ大荷物を持って大都会を歩くのは、はた迷惑ですね。

送ったものより、持って歩く方が重い。

マタマタ、東京珍道中に成りそうな予感!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

節分法要

2月3日は、吉野町大淀にある”延命寺”の節分法要でした。

私達、邦楽の{宝鼓楽}の練習拠点のお寺です。

2月3日には、”柴燈大護摩”が焚かれ、護摩焚きや豆まきが行われます。

P1000134 煙に当たれば、無病息災、悪い所が良くなるのだそうです。

ご住職さんと、一週間毎日お寺に行き見も心も禊ぎをされた方達で執り行われます。

P1000135本殿前中央に組まれた、1,5*1,5程の大きさに組まれた、柴に火が点けられ、煙が空高く登って行きます。

火をつけるのは、長さ3メートル以上もある竹で作った大松明。

P1000136  その松明に火を点け、回しながら歩き、柴に火を付けるのです。

2月の暖かな、真っ青な空に煙が立ち上り、

その煙に当って来ました。

目が良く成りますように!

今年も、元気で活動できますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »