« 人生の周期 | トップページ | 前に進めそうです »

2012年10月24日 (水)

「おかげ」であること

今まで自分が、生活の中で出来ていた事は、普通に当たり前に出来ているんだと、何処かで思っていたんだと気付かされた。

でも、この二ケ月間で、”当たり前””普通に”の事なんて何一つないんだって、”おかげ”で存在しているんだって、心からそう思った。

”おかげ”は様々からのおかげ

人や自然を含め壮大なるものからのおかげ。

”おかげ”を想うと”ありがとう”が出てくるんだよね。

自分に何か起こらないと、心の芯から思えないなんて情けないけれど、頭で想うのと体ごと想うのでは自分の中での重さが違っていた事を改めて理解した。

二か月間の不安の中で、心を健康にしてくれるのは自身じゃなくて、人の健康な温かな心なんだって感謝した。

出来なくなる事を考えていたって何も始まらない、出来るように方法を考えよう。

片目で物を見る事なんて無いんだから、まるっきり見えなくなった訳でもないんだから、おかげでこうして、ほら!書いて読めるしね。

絵本だって、覚えれば読めるし、おはなしは全部頭の中にあるし、色んなことが工夫次第で全部できる、御蔭様で元気いっぱいだから。

それに、IPS細胞と言うツヨーーーイ味方ももうすぐ出来そうだしね。

大袈裟に言えば、人の顔がピカソやムンクの絵や福笑いの様に見えるのだけれど、IPS細胞のニュースを見た友達が、「今のうちに今自分が見えてる物を絵に描いときや。IPS細胞が出てきたら、もう二度と今の見え方は見えなくなるで。記念に残しとかなあかんで」って電話をくれました。

「ホントやね。」

「早速描いとくわ」って大笑い、明るくなれました。

「あーーーーあdown」なんて思わないで、今がいつもの自分なんだとすんなりと、思える日が来そうな気がしています。

ありがとう(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

|

« 人生の周期 | トップページ | 前に進めそうです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/47569624

この記事へのトラックバック一覧です: 「おかげ」であること:

« 人生の周期 | トップページ | 前に進めそうです »