« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月17日 (月)

人生の周期

何となく自分は10年が良い事、悪い事の周期なんじゃないのかかなあと思っていた。

11年前、悲しい事が起こり、それからはお話配達や仕事等全てが前向きに充実して毎日を過ごすことが出来た。

ヒマラヤにも二度も挑戦できたし。

見える事、自分には当たり前に存在し続いていくものだと思っていた。

たった一月間で、こんなにもなってしまうなんて。

強度の近眼で、少しの不便はあったけれど、左目はもう文字を判別することは出来ない。

未だかろうじて、判別できる右目に頼り切っているんだけれど。

あれも、これも、あんなことも、こんなことも、出来なくなるって考えてしまう。

でも、自分に起こっていることを受け入れる事から始めなければ。

始まらない。

未だ、物が見えているうちに。

11年前もそうだったけれど、今の状況を受け入れるってことが、一番つらい作業なんだよね。

そうなんだよね。

そうだよね。

絵本案内人  けい  が絵本を読めないなんて。

でも、受け入れるしか  

ね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

文庫の夏休みもおしまい

二学期の始まりと共に、文庫の二学期も始まりました。

皆の顔は真っ黒で、元気な笑顔を見せてくれました。

一月の間文庫をお休みにしていると、なんだかとっても時間が出来た気持ちに成ります。

そうして、毎年暑い暑いと汗をかきかきパネルシアターの新作つくりに励んでしまうんです。

今年の夏もできました。

「ごっこ遊び、おすしやさん」

ちょっと食育も兼て。

作っている本人が、中々お魚の丸々を知らないもんだから、どちらがマグロやぶりなのか特徴も解っていない

「すじこ」と「かずのこ」もどちらがどちらのこどもなのか、あやふや。

長い間お話会がお休みだったので、今日は新作のパネルシアターの初上演。

なのに、やっぱりまちがっちゃった。

「イクラ」の時、ニシンを出してお腹を開けると、あれっ!「かずのこ」が。

「ごめーーーん、違うね」

「まぐろ」と「はまち」どっちがどっちやら。

やっぱりぶっつけ本番は駄目ですね。

手を抜いてはいけません。

はい!

さかな図鑑を見ながらもう一度、色の塗り直しだあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »