« グスコーブドリ の伝記 | トップページ | 宮古保育園 配達 »

2012年7月31日 (火)

こんな時にしか

26日に、徳島の叔父さんが亡くなり、徳島まで車を走らせた。

前回徳島に行ったのは、一年前の違う叔父さんのお葬式だった。

その前は、10年前の又別の叔父さんのお見舞いとお葬式。

小さい頃と言ってもまだ4,5、歳のころだ、和歌山から弟と二人船に乗り、徳島県の小松島にあるおばあちゃんの家にいった。港に着くとおばあちゃんが迎えに来ていてくれた。

今思うと、何と怖い事をしていたんだろう、両親は。

船だから迷子になる事は無いにしても、海に落ちる可能性はあったのに、と良く思う。

そうして、一月間を海辺のおばあちゃんの家で過ごすのだ。

高校生に成るころまでそうしていた。

母の兄弟の叔父さん達には、本当に良く可愛がって貰った。

良く遊んでもらい、大好きなおじちゃん達だった。

大きくなると、叔父さんの家へ、友達を連れて泊まりに行ったこともある。

夏の阿波踊りには、徳島の会社の連に入れてもらい、メーン舞台を踊り歩いたり、毎年「おいで」って声を掛けてくれた叔父ちゃん達だ。

その叔父ちゃん達が、三人とも亡くなってしまった。

幼い頃から、可愛がって下さっていた人たちが、自分の周りから皆居なくなってしまった。.

一番若くして亡くなった母。

「○○子ちゃん」と、愛情をこめて呼んでくれた人たちが、周りから居なくなってゆく。

自分が受け身だけで居れた場所が、無くなった。

従兄弟達ともこんな時にしか会うことも無く、徳島へは、もう何かの時にしか行かなくなってしまうのでしょうね。

山大好き人間だけれど、自分の原風景はやっぱり海。

毎年一回は、海が見たくなるのはそのせいだろうなあ。

おじちゃん、ありがとう

|

« グスコーブドリ の伝記 | トップページ | 宮古保育園 配達 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ゼブラさん(o^-^o)

歳を重ねるってこういう事なんですね。

こうしてだんだん、自分たちの世代が中心になっていくんですね。

永遠の別れはやっぱりイヤですね。

弟が言ってました。

今度は結婚式に出たいなあ!って。

投稿: けい | 2012年8月 1日 (水) 09時07分

けいさんの、言う通り、この歳に成って来ると、お葬式の時が、多いです。

先日、私も、叔母さんが無く成って、10年ぶりに、逢う従兄弟と合う時も、在りました。

夏休みに成ると、必ず、実家で、在って居たのにね。

こんな時しか、逢えなく成るなんてね。
寂しい限りです。

おじさんの、ご冥福を、お祈りいたします。

投稿: ゼブラ | 2012年8月 1日 (水) 05時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/46525727

この記事へのトラックバック一覧です: こんな時にしか:

« グスコーブドリ の伝記 | トップページ | 宮古保育園 配達 »