« 手遊びって 世界共通 | トップページ | アイシャドー の金魚 »

2012年6月11日 (月)

いよいよ 日本へ

ネパールがストの為、乗り物が使えず観光にも行けずに、ホテルで過ごすことになった。

木陰で本を読んだり、近くをウロウロしたり。

綺麗なホテルでは無いけれど、周りの高い建物を眺めたり、のんびり、ゆっくり過ごした。

19日、中国の成都で一泊、20日北京経由で関空へ。

中国は、空の色が無く、そして透明感も無く、乱立する高層アパートは無機質で、とても冷たく感じられた。

北京空港で、ちょっとしたアクシデントも有ったりで、ちょっと好きになれないで通り過ぎてきた。

荷物は、トランジットの飛行機に乗れず、関空で手続きをして帰る。

やっぱり日本は、親切で行き届いている、安心して任せられる。

ただいまあ!

日本。

帰ってきて是非一番したいことは、お風呂にゆっくりと肩までつかって、思う存分お湯を使いたい。

温泉に行きたいなあ!

こうして、「けいの部屋」で、カンチェンジュンガ 山旅をもう一度経験し、その時の気持ちが浮かんできた。

又行けるかなあ

行きたいなあ

ヒマラヤ

|

« 手遊びって 世界共通 | トップページ | アイシャドー の金魚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/45589468

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ 日本へ:

« 手遊びって 世界共通 | トップページ | アイシャドー の金魚 »