« いよいよトレッキング開始です | トップページ | チルワからソカトムへ »

2012年5月24日 (木)

ミトルングから チルワ へ

4月25日、ミトルング(921M)から、チルワ(1270M)7時間半余りの行程だ。昼食タイムの一時間半余りを除いても六時間は歩いた事に成る。

 

350M余りの高低差でも、途中谷まで降り又違う山を登りの繰り返しで、単純に高低差だけに迷わされて、喜んだりするのは間違いだったと知らされた。

 

けどやっぱり、「登りは何メートルだ」と聞かされると、ついついそれだけで?と喜んでしまう。

 

Img_1102


谷に沿って登って行く。

 

 

村の子どもが、魚釣りをしていた。

 

歩く道は、村の生活道路で整備されたとても歩きやすい道だ。

 

今日は、雨模様なのでテントではなく”バッティ”に泊まる事に成った。

 

こうして、この後毎日午後から雷と大雨に見舞われる事に成り、上では毎日雪に降られる事になるんだけれど。

 

S_img_1105小さな村で、子ども達は裸足で駆け回り、鶏は生まれたばかりのひよこを連れ、村の中を自由に散歩している姿が、何とも可愛い。

 

写真右のバッティが今夜の宿泊場所なのだが、上から見ていると村の子ども達が集まって何かしているのが見えた。

 

夕食まで時間が有ったので、ちょっと何か子ども達と遊べないかな?と輪の中に入らせてもらった。

 

何をしようかな?

 

何を持ってるかな?

 

紐ならある。

 

あやとり?メモ用紙も有る。

 

メモをちぎり、正方形にして簡単な鶴を折る事に。

 

子ども達は、見慣れない外国人と、聞きなれない言葉で顔を見合わせては笑いが弾ける。

 

これで、仲間に成れた。.

 

大きな子には紙を渡し、折り方を教えてあげ、小さな子には鶴を折ってあげた。

 

出来るたびに「そう、そう」を連発するものだから、子ども達は、「そう、そう」が気に入ったみたい!

 

小さな輪が、気が付くと大きな輪になって、大人も加わって、折り紙を楽しんでいる。

 

あああぁ!、何で日本の綺麗な折り紙を入れてこなかったんだろう。

 

荷物の重さを減らすことばかり考えていたからなあ。

 

でもね、言葉が解らなくたって、笑顔で通じるんだって事、「つる」って日本語解ったかな?

 

昨日のお昼のコックさんのメニュー

 

*梅干し入りのおにぎり *野菜のいためもの

ちなみに、梅干しは日本円にして1200円もするらしい。カトマンズで調達してくれたのだが、あちらの価値で1200円は高価なものだ。

 

今夜の夕食は、*味噌汁  人参 ネギ の巻きずし ぜんまいのおひたし きゅうり、大根 わかめのサラダ。

コック長の”ジド”さんの作る日本料理は本当に美味しい。

これからのトレッキングでの、楽しみも増えた。

 

 

 

 

|

« いよいよトレッキング開始です | トップページ | チルワからソカトムへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/45389231

この記事へのトラックバック一覧です: ミトルングから チルワ へ:

« いよいよトレッキング開始です | トップページ | チルワからソカトムへ »