« 嬉しいお便り | トップページ | 奈良人権広場 アルルにて »

2012年2月21日 (火)

一筆旅 琵琶湖編

二度目の一筆旅をしてきました。

一度目は、ドキドキで何か悪いことをしている気持ちだったのですが、ちゃんと認められているよとお聞きして、冬の琵琶湖一周にトライ。

Img_0992 JR畝傍駅で切符180円を買って、8時35分さあ出発です。

二回目なので、ドアは手動で開け閉めすることも学習済み、前回の様に開くまでドアの前に立ち尽くすことも無し。

まほろば線で大阪の天王寺迄出て、環状線で大阪へ。あまり利用しない外回り線で行くことにしました。

Img_0993 大阪10時15分発の敦賀行で京都を通って、湖西線の山科を経由し比良、近江舞子から、近江塩津まで。

Img_0994 とってもお天気のいい暖かな一日、比良山系はすっかり雪景色、琵琶湖は、お日様にキラキラ輝いています。

湖西線の比良側は、電車が琵琶湖のすぐ傍を走るので景色は最高です。

湖西線は大好きな線。Img_0995 

計画では、近江舞子辺りで降りて、駅で一時間景色を楽しむつもりが、余りの寒さで電車で通り過ぎることに。

Img_0996 近江今津を過ぎると辺りは一面、雪化粧。

雪国にやってきたみたい。

湖北のすぐ向こうはもうすぐ、日本海。

この国境にはよくスキーに訪れました。

そんなことを思いながら、電車の旅は続きます。

近江塩津は、福井へ行く線と合流する地点なので、きっと大きな駅だと思い込み、今回は寒いので温かいおうどんが食べたくて、お昼のお弁当は持参していない、なのに小さな小さな駅。

何も売っていないし、先に行くしかない。

この近江塩津が、折り返し地点。

お腹すいた、お腹すいた、と 唱えながら、何処か大きな駅で臨時停車しなければと景色処ではない。

近江塩津からは、対岸の米原、草津を通り、奈良へのターンです。

ちょっと大きそうな駅で、ここならおうどんあるかも?と降りたけれど、何にも無し、それなら次の電車迄コーヒータイム。

S_img_0998 ケーキ?に熱いコーヒーと贅沢なお茶の時間が出現です。

駅でこんな事いいのかあなあ?ローカル駅だから出来る事。

けど、お腹が空いた。何処まで行けばお昼に有りつけるのかしら?草津からはもっとローカルな草津線だし、後は、山の中の関西線。

エッーー!家までお昼無しの旅?

って騒いでいたら、米原なら北陸線と新幹線が合流しているから有るかも?

希を掛けて、米原迄。

あった、あった、2時やっと遅いお昼です。

きつねうどんをいただいて、マタマタ待合所で熱い熱いコーヒータイム。

何と幸せな一日なんでしょう。

何と美味しいコーヒーなんでしょう。

それもプロの入れたコーヒー、お店でいただくより美味かも?

Img_1000_2  さあ、奈良へ向けて、草津から草津線で柘植へ、柘植からは関西線で加茂、奈良へ。

Img_1001 伊賀や甲賀、加茂、馴染みの場所もこうして初めての電車で走る沿線の風景は、いろんな発見もあり、面白い。

こんなに可愛い電車とも出会えました。

車ではよく通る地名なのにね。

奈良からまほろば線で、桜井へ。

ここでJRの旅はおしまい。

近鉄線で神宮前着18時30分。

10時間の電車の旅です。

一番贅沢な旅、ゆったり時間を気にせず、ゆっくり景色を楽しみ、日常の様々をリセットし出来ました。

奈良、大阪、京都、滋賀、三重、奈良と廻った旅でした。

今度は何処に行けるかなあ、180円で。

|

« 嬉しいお便り | トップページ | 奈良人権広場 アルルにて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/44157201

この記事へのトラックバック一覧です: 一筆旅 琵琶湖編:

« 嬉しいお便り | トップページ | 奈良人権広場 アルルにて »