« 子どもの育ちと本 事業 | トップページ | 嬉しいお便り »

2012年2月13日 (月)

奈良医大 院内学級へ配達

二週間前に引いた風邪もすっかり治り、医大の院内学級へのお話配達も無事終わりました。

一人で活動していると、一番大切なのは体調管理。

「御伺いできませーーーん」なんて事に成らないように。

ご依頼下さる方も、一番の心配はそこ。

毎年、冬の上演の前には、健康に神経を使います。

小学生だけでは無く、小さなお友達も院内学級に集まってくれました。

点滴を傍らに置いての、お話会ですが、みんな明るい笑顔を見せてくれました。

元気の出る楽しい、面白い作品を持っていきました。

手遊び    いちじく にんじん   (わらべ歌)

絵本     もっちゃう もっちゃう もう もっちゃう

パネル    ぼちぼちいこか

エプロンシアター   だいこん にんじん ごぼう さん (昔話)

絵本    ホネホネ動物園

紙芝居   高田のかみなりさん  (奈良県高田市の民話)

パネル  ガブリ もぐもぐ

絵本   まるまるまる の ほん

絵本の大好きなお友達もいて、沢山の絵本を読んでいるみたい。

長時間有難う♪

只、とっても悲しいことも。

上演の後、寝たきりのお友達の所へ、絵本の読み語りに御伺いする予定でした。

インフルエンザで脳症になり、2年3か月もの間、意識も戻らないまま、一生懸命に頑張っていたお友達です。

お母さんに、元気を出して頂けるような絵本を選んで持って行っていました。

そのお友達がこの6日に、天国に行ったのだそうです。

先生が、「その子がいたから、2年間に色々な沢山の絵本に出会え楽しさを知りました。」と仰られていました。

ベッドで、その子に絵本の読み語りをされていたようです。

お母さんは、どんなに心が癒されたことでしょうね。

その子もきっと、おかあさんといっしょに絵本を楽しんでいたのでしょうね。

帰りには、「有難うございます」の皆の笑顔が、院内を明るく輝かせていました。

「面白かったよ」の声に送られて、又来させてね。

面白くて楽しい絵本いっぱい持ってくるからね。

任せてて!

|

« 子どもの育ちと本 事業 | トップページ | 嬉しいお便り »

絵本、おはなし パネルシアター ブラックライトパネルシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/44100534

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良医大 院内学級へ配達:

« 子どもの育ちと本 事業 | トップページ | 嬉しいお便り »