« 二度目の開花 | トップページ | Kちゃんも元気いっぱい »

2011年9月16日 (金)

松岡享子先生のおはなし

橿原お話の会による、夢基金事業で、「東京子ども図書館」の松岡享子先生のおはなしを、たっぷりと聞くことができました。

会場は、明日香にある「橘寺」で、聖徳太子がお生まれになったとされているお寺。

とっても雰囲気のある、大好きなお寺の一つです。

S_img_0698 

午前中の2時間、たっぷりとお話を楽しみました。

お話会に向かわれる方達です。

語られる先生の描かれているお話の世界が、見えてきました。

聞き手である自分の描く世界ではなく、語り手が描いている世界が目の前に広がってくるのです。

語り手と聞き手が、同じ世界を共有出来たのです。

語りの真髄を経験させていただきました。

一人芝居を観ているようでも有り、ぐいぐい語り手によって想像の世界に引き込まれてゆくのです。

楽しい、幸せな時間です。

お話ってやっぱりいいねえ。

この幸せな時間を、今度は子ども達にちょっとおすそ分けしなくっちゃあ。

けいも、語り手と聞き手が共有できる世界を作れるよう、たっくさんおはなしをしよう。

とっても楽しいお話がありました。

早速覚えて、子ども達に語ってみよう。

パネルでもいいかも?

|

« 二度目の開花 | トップページ | Kちゃんも元気いっぱい »

絵本、おはなし パネルシアター ブラックライトパネルシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/41737433

この記事へのトラックバック一覧です: 松岡享子先生のおはなし:

« 二度目の開花 | トップページ | Kちゃんも元気いっぱい »