« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

「おおきなかぶ」初上演

29日、奈良市社会福祉総合センターへお伺いしてきました。

軽い知的障害を持っている子どもたちです。

いつもの様に、パタパタの自己紹介から始まりです。

子どもたちは、不思議なパタパタに興味津々。

「最後に、さしてあげるね」の約束をして、指人形くまくんの散歩からお話会へ。

パネルの「キャベツくん」では、おおきな笑い声に、大きな驚きの表情を見せてくれます。

その姿で、けいのスイッチも全開にON♪

どの子も真剣な目で集中し、感じたことを表現してくれています。

今日は、「おおきなかぶ」の初上演です。

おじいさんが野菜の種をまき、夏に野菜たちを収穫していきます。

「いんげん、にんじん、、、、、、、そしてかぶ」と言った途端に、「あれっ!おかしいよ」の声が飛びました。

演じているけいは、小さく”ウン、”とうなずいて、得意げにお話を続けます、「ふと見ると最後の列に大きなかぶが残っています。そんじょそこらの大きさでは有りません。それはそれはでっかぁぁぁぁいかぶだったのです」

子どもたちの顔を見ると、知っているお話に戻って一安心した表情をしています。

それから、みんなで掛け声をかけ「うんとこしょ、どっこいしょ」と、順番にかぶを引っ張っていくお話に展開してゆきます。

お話が進んでゆくと、掛け声を一緒に掛けていた子どもたちから「僕たちもひっぱるーーー」の声が聞こえてきました。

「じゃあお願いね」

さて、どこの場面で子どもたちを入れようか?

やはり、最後しかない。

ねずみが出てきて、かぶは抜けるわけですが、今日は、子どもたちで抜けることにしました。

ですから、今日のかぶは総勢60この力が合わさってかぶが抜けたのでした。

子どもたちは、綱を引っ張る格好をし、まるで綱引きのように一生懸命かぶを引っ張ってくれました。

そして抜けた最後は、順番に上に吹っ飛んでいくのですが、ついつい「ねずみの上に、6羽のカナリアが、、、、」とお話を進めていくと、「ちがうよ、僕たちの上にネズミがや」の声。

子どもたちは、すっかりお話の世界で遊んでいます。

長いお話がどうなるのか心配でしたが、とってもとっても楽しいお話になりました。

子ども達の創造力は、素晴らしいですね。

一時間もの長いお話会を楽しんでくれました。

「おしまい」でさようならをしようとすると、パタパタは?

時間の超過の了解を頂き、もう少しの延長です。

初演の「おおきなかぶ」まだ、改良の余地は有りそうだけれど、自信を持って演じられそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

高校生達のお話会

昨年から続いてきたS高校家庭クラブによる「読み語り研究」の全国大会発表が、今年行われるのですが、今年は、昨年からの集大成に入っています。

今日は、初めて図書館でのお話会です。

子ども達の年齢幅も広く、何名が来て下さるかも解らない、生徒達にとってそんな初めての経験の中でのお話会です。

その為に、みんな家でも学校でも一生懸命練習をしてきたようです。

当日は本番前にリハーサルをすると言う事なので、気になって本番まで待てないけいは、リハーサルにもお伺いすることにしました。

リハーサルの生徒たちは、真剣そのもの。

30分のお話会に、2時間ものリハーサルです。

お互いの意見を出し合いながら、いいお話会にしようと頑張っていました。

さて、本番。

けいのほうが、ドキドキです。

先生も「子どもたちより私のほうが緊張しています」と仰っていたけれど、けいもかも。

S_img_0654 いよいよ本番。

部屋の外では、待っている子ども達の声が聞こえてきます。

こんなにお話の部屋いっぱいに沢山の親子連れ。

大人一人で入ってらっしゃる方もいます。

いよいよです。

後ろで見ているけいは、自分が演じるよりドキドキです。

手遊びから入ります。

絵本の読み語りもバッチリ。

パネルも指人形を使って、楽しい歌のパネルです。

リハーサルで少しアドバイスしたことも、ちゃあんと入っていました。

見入っちゃって写真撮るの忘れちゃった!くらい

S_img_0655 親子での手遊びも、グウ!

演じている生徒たちも楽しそうです。

S_img_0656 最後の手遊びも、生徒たちがアイデアを入れて、少し手直し。

最高の終わりの手遊びが出来ました。

最後に、手作りのおもちゃのプレゼントも有りました。

お姉ちゃんによるおはなしかい。

最高でした!

とっても、とっても、嬉しくなっちゃいました。

S高校のみんな、ありがとう♪

本当に自分たちが楽しみ、それを子どもたちに届ける、自然体で。

一年前にはぎこちなかった読み語りも、手遊びも、みんなも最高に良かったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

子ども料理教室

今日は、子どもの本に出てくる、子どもの料理教室本番。

ムーミンの本の中のお料理、”マフィン”と”ヨーグルト果物サラダ”作りです。

一年生から六年生、24名の参加です。

一テーブル6名で、一人二つずつのマフィンとヨーグルト果物サラダ作りです。

先ずは卵を泡立てるのが、大仕事。

子ども達の力では、なかなか白くなるまで泡立ちません。

どのテーブルも、カチャカチャ必死です。

六年生、五年生の子達は、小さな子にも出来るように手助けしてあげています

学年も、学校も違い、知らない子ども達同士力を合わせての作業です。

そして、何でもを六人で分け合う作業。

少しの辛抱と、少しのリードと、少しの思いやり、そんな力の合わせ作業です。

包丁を初めて持つ子。

危なっかしい手付きを見て、つい手を出したくなるのだけれど、イエイエ、見守るだけ。

デジカメを持って行っていたのに、ついつい目が離せなくて、すっかり写真の事を忘れてしまって、写真が無いのがすごく残念。

来年は、お手伝いして下さる方を募ろうかな、そしてけいは写真係りにでも。

マフィンにトッピングをして、出来上がり、

マフィンの上に、お父さん、お母さんの顔を作る子、美しくトッピングする子、そのまま食べてしまう子、さまざまで楽しい!

とっても美味しそうなのが出来上がりました。

最後は、飲み物と一緒に「いただきまあーーーーす」

全員が、おかあさんや妹、弟、お父さんに上げるんだと一つはお持ち帰り。

毎年この料理教室で、今年前半の文庫も一区切り。

一ヶ月のお休みです。

9月に真っ黒な顔で会いましょうね♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

子ども料理教室 リハーサル

毎年、夏休みに入るとすぐ、「子どもの本に出てくるお料理」から子ども料理教室をしている。

案内が出ると数時間で、定員になってしまうほどの人気教室だ。

今日はその試作品作り。

今年は、ムーミンの本から、果物サラダとマフィン。

マフィンくらい簡単に作れるわと思っていたのに、分量の計算間違いで失敗。

簡単なものでも一度作ってみるのは、大事ですね。

やり直しで、立派に膨れたマフィンが出来ました。

さあ!これで明日は完璧!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

静岡磐田フェスティバルへ

今年も熱い磐田が終わりました。

二日間、大勢の方の来場でとっても賑わいました。

一年に一度、こうしてお邪魔して、懐かしい方たちと再会です。

なかちゃんの温かい笑顔に迎えられると、ホッッとします。

静岡がとても近くに感じられる瞬間です。

皆様毎年、温かく迎えて下さいます。

小さな子ども達も一日中、人形劇を楽しみ、土曜日も日曜日も、観客が500名を越えていました。

本当に磐田の皆様、長い期間の準備共々、お疲れ様でした。

そして、ありがとうございましたヽ(´▽`)/

楽しかったo(*^▽^*)o

16日

パタパタ自己紹介

パネルシアター  まる さんかく しかく

手遊び   大阪うまいもんめぐり

ブラックライトパネル  なかるなにんな

17日

フリー上演

エプロンシアター   だいこん にんじん ごぼうさん

17日

手遊び    大阪うまいもんめぐり

パタパタ自己紹介 

パネルシアター   きゃべつくん

ゆびにんぎょうおはなし   カラスの親子

ブラックライトパネル    おばけトンネル

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

静岡浜松での迷い日記

静岡県の磐田フェスへお伺いするのも、今年で、3回目です。

今年は、友達が息子さんの中学入学で、浜松に親子赴任しているので、金曜からそちらへお邪魔することにしました。

浜松は昨年お伺いした事が有ります。

昨年も会場となっていた市内の駐車入り口が解らなくて、周辺を30分もウロウロした記憶が。

市内の大きな通りを走るのは苦手。

どうも田舎向きの運転なのです。

左折専用レーンがとても早くから始まっていて、そこでウロチョロして、ブーの連発だったり。

そんなこんなで、やっと近くまで行き着いたら、坂の多い静かな少し辺鄙なところ。

都会の市内から10分走った位でこの風景の変わり様。

ナビが、「着きました終了します」の音声を流しているのだけれど、目的地は無し。

車幅いっぱいの狭い道をくるくるくるくる。

走ること一時間。

明るかった空も既に真っ暗。

もう奈良に帰ってしまいたい位解らない。

友達が携帯で「今何処?」って聞いてもなんの目印も無い場所。

思い切って大きな通りへ出て、もう一度ナビで挑戦してもやっぱり終了。

どうしてナビって、家のまん前まで連れて行ってくれないんだろ。

そんなこんなで、やっと携帯をもって走り回ってくれていた友達と合流。

友達のうちは、とっても高台にありました。

おうちに行って、ベランダから下を見ると、自分が一時間以上くるくると回っていた道がはるか下に見えました。

そりゃあ、ナビも「周辺です」って終了するはずだわ、だって家の真下なんだもの。

大声で○○さあーーーんて叫んだら良かったのに!

充分聞こえたよって!

でも本当に、一時はどうなる事かと。

自分の居場所が解らないなんて、もういやになって、「やーーめたっ」って言いたくなってしまう。

でも、久しぶりの対面は、楽しかった♪

私の背を少し越してしまった、健ちゃんの成長にもびっくり。

三人で川の字になって眠った、楽しい一日でした。

健ちゃん、将来サッカーの大選手になっても、今日の川の字忘れないでね。

ありがとうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

新作パネル出来ました

今とってもお気に入りの絵本「おおきなかぶ」ニーアム。シャーキー 絵 中井 貴恵訳のパネルシアターができました。

次から次に、かぶをひっぱる動物たち。

それが又、理にかなっている展開なんです。

この大勢で引っ張る、繰り返しの楽しさをパネルにしたかったんです。

2メートル40センチもの、ながあああああーーーーーいパネルで演じるのです。

さて!

初演はどこでしょうかなあ

トルストイの「おおきなかぶ」の原作を読んでみたくなった絵本です。

むかし むかし なかのいい おじいさんと おばあさんが かたむきかけたふるい うちにすんでいました。
ひろい にわには くさがもじゃもじゃはえています。

P1000115_2 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

楽しい絵本見つけたよ

市補助金事業が確定したので、講師をお願いしている、四日市にある子供の本専門店”メリーゴーランド”へ行って来ました。

天井までの高さで、物語本がぎっしり詰まっています。

高い梯子を登って、自分で取るのですって。

それも、遊びのひとつ。

そして、店主お勧めの「是非、立ち読みして下さい」の本。

部屋に入るなり、沢山の宝物を目の前にして、どれを選ぼうかと心臓がドキドキ。

あれも、これも、手にとって見てみたいと、焦ります。

焦らなくてもいいのにね。

本は無くならないけど、時間が無くなる。

と、こんな本見つけました。

P1000116 [まる まる まる の ほん」 
エルヴ。テュレ さく 
たにかわ しゅんたろう 訳

丸だけの絵本ですが、思わず、本を持って店内でワイワイ、キャッキャと一人で遊んでしまいました。

後で、帯を見ると、これは、読む本では有りません。と書かれています。

やっぱりね。

そしてね、「クリックして下さい」と言う文が出てくるの。

今の時代やねえ。

P1000115 けいの大好きな、そして、信条としている
「ぼちぼちいこか」 マイク。セイラーさく
ロバート。グロスマンえ いまえ よしとも 訳の英語と訳が書かれた絵本を見つけました。

英語と訳を見比べて読むと、いっそう”今江さん”の訳の面白さが光ります。

この本は、訳によって面白さ、楽しさ、伝えたい事が倍増しているものね。

講師をお願いしている店主の増田さん、遊び心いっぱいの、面白いこと大好きの、子どもの本大好きの、お話大好きの、素敵な方でした。

講演会が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »