« なんじゃ もんじゃの樹ってしってる?  | トップページ | 高校生たちの 読み語り実践 »

2011年6月 4日 (土)

老人ホームへの配達

老人ホームへの配達にお伺いしてきた。

生駒の麓の閑静な住宅地の中にあり、綺麗に手入れされたお庭とテニスコート等も有り、一見大きな洋風の豪邸かと思う佇まいで、各個人のお部屋もこじんまりとした良いお部屋で、どの部屋も庭に面していて明るい。

想像していた老人ホームとは全然違っていた。

何度か、デイサービスや、老人会等にはお邪魔していて、それらを参考に絵本を選んで行った。

 老人ホームとだけお聞きして行ったのだけど、道中「半数以上が何も解らなくなっている老人だからね」と聞いた。

「エッ!絵本選んだの大丈夫かなあ。経験無いからどうなるのかなあ、わぁ!ちょっと不安」

そんな事を反芻し「でも、心は働きじゃなく、何かを忘れたとか覚えるとか考える物じゃないから大丈夫だ。うん。きっと。よね」

と言い聞かして会場へ。

食事の後なので、指遊びから入る事にしました。

「いち、にい、さんま の しっぽ、ごりら の、、、、、、」指を動かせる人も数人だけれど、リズムに手を叩いてくれているおじいちゃんもいる。

これで、不安も吹っ飛んで、いつものように絵本、ブラックライトパネルへと。

お年をいかれた方の中には、絵本=子ども=幼稚=ばかにしている と思われる方も中にはおられるのだけれど、ちょっと言葉を添えて「絵本って大人の方が読んでもとってもいいものですよ。大人の人にしか読めない絵本もいっぱい有ります。今日は、今、けいが大好きで嵌っている絵本を持ってきました」

3冊の絵本を読みました。

次は、ブラックライトパネルです。

会場は、窓にカーテンがあるだけで、廊下側はオープンになっています。

真っ暗にはならないけれど、観た事の無いブラックを少しでもと、演じる事にしました。

「まっくろネリノ」 お花が出た所で、「わあ!きれい」の声が上がりました。

良かった!

こんなに明るい所でも、パネル上の絵パネルが光って美しく見えていました。

「花咲き山」 鼓を打ちお話しに入ると、「良い音やねぇ」「わ!すごくきれい」の声が聞こえてきて、とっても嬉しくみなさんと一緒に世界を楽しむことが出来ました。

「おしまいです」と挨拶してふと見たら、一人のおばあちゃんが涙を流して声を上げて泣いてらっしゃいます。

「えっ!」

ヘルパーさんが「そうやね。感動したんやねぇ」とやさしく顔を覗き込んでらっしゃいます。

けいも始めての経験です。

心が温かくなって、ジーーーンときちゃいました。

「ありがとう」

お話の持つ力って、

やっぱり すごい

|

« なんじゃ もんじゃの樹ってしってる?  | トップページ | 高校生たちの 読み語り実践 »

絵本、おはなし パネルシアター ブラックライトパネルシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/40258702

この記事へのトラックバック一覧です: 老人ホームへの配達:

« なんじゃ もんじゃの樹ってしってる?  | トップページ | 高校生たちの 読み語り実践 »