« 桜のおはなし会 | トップページ | ちょと 寄り道を »

2011年5月 3日 (火)

久々の”宝鼓楽”演奏

4月24日は、大淀”延命寺”の法要の日

久し振りに外での演奏です。

楽曲は、我々のテーマーソングとも言うべきの「宝鼓楽」と「変節熱とう精進」「永々蔵、第二節」

S_img_0579 先ずは、太鼓のみの演奏「変節熱とう精進」ねっとうしょうじん。

S_img_0582 境内に太鼓の音が響きます・

S_img_0585 「永々蔵、第二節」えいえいぞう、だいにせつ

「永々蔵」は4節からなり、大鼓、鼓、〆たい鼓、笛、太鼓、鐘、夫々の楽器の魅力が引き出されている楽曲です。

その第二は、締め太鼓と笛で成り立っている曲。

余り派手さの無い〆たい鼓。

笛と織り成す音色が、しっとりと届きます。

S_img_0591 「宝鼓楽」これは、テーマーソング。

夫々の楽器をいかし、盛り上がりがあり、和楽器同士の掛け合いや、裏打ちがあって、華やかな曲です。

太鼓の音で始まり、途中は、笛の独奏から鼓の独奏へ、そして、〆、鐘、大鼓、太鼓と加わる。

一年振りに演奏する曲は、練習で四苦八苦。

前日まで、猛練習をして、今日の本番。

外は、音が飛び、〆たい鼓の音がなかなか出ない。

”ツゥ、ツゥ”の小さな殺した音が味噌なのに。

けれど、大きな拍手を頂き、取り敢えずは大成功!

その後、ごく撒きをさせて頂いた。

やぐらに女性が乗るのは初めてとの事。

というより、神聖な行事が行われる結界の中に女性が入るのは、許されていない。

ごく撒きは又別な物なのでと言う事で、お許しが出て、”宝鼓楽”のメンバーのお仲間入りをさせて頂いた。

この日は、本堂では関東大震災で被災された方への法要も有り、皆様のこれからの復興を心よりお祈り致します。

そして、早く子供たちの心に温かい笑顔が、広がりますように。

|

« 桜のおはなし会 | トップページ | ちょと 寄り道を »

太鼓  鼓  締め太鼓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/39845056

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の”宝鼓楽”演奏:

« 桜のおはなし会 | トップページ | ちょと 寄り道を »