« 読み語り講座 | トップページ | なんじゃ もんじゃの樹ってしってる?  »

2011年5月31日 (火)

読み語り実習

昨年の5月からスタートした、奈良県立S高校の読み語りも、今年に本番の研究発表が控えています。

今日は、来週に子ども達がお伺いする、学童保育所向けのお話し会実習。

「お話し おはなし」の導入を紹介し、その場で直ぐにしてもらう事に。

「誰かお話を覚えて、してもいいなあと思ってくれる人」の声に「二人でなら」と小さな声が上がりました。

早速一人が絵を使い、一人がお話を。

自分から「してもいいよ」と声が上がるのは、とっても進歩です。

そして、高校生の子ども達に伝えたい本を持っていきました。

「たいせつな あなたへ」~あなたがうまれるまでのこと。~ 講談社

小学生の高学年から、今現在子育て中の、おかあさん、お父さんに紹介したい本です。

子ども達には、「あなたが生まれるまでのお母さんの気持ちを。待って待って待って、あなたに出会えた時の喜びを。」誰もが愛されて、生まれてきたんだよって

子育て中のお父さん、お母さんには「お腹の中にあなたがいた時の、、恋しい恋しいまだ見ぬわが子に対する、あの温かな愛情の気持ちを忘れないでね」って。

さあ、これから一人ずつ絵本を読んで実習です。

まだ、人前での絵本読みは恥ずかしさが残っていたり、勉強感が残っていてリラックス出来ていないけれど、確実に一年前よりは上手くなっている。

先ず自分が絵本を楽しむ事、物語に入っていけること、絵本を通して子ども達との触れ合いを楽しむ事、沢山実践してその楽しさを大いに楽しんでね。

なんせ、楽しめば、みんなも楽しいんだから。

楽しさ、嬉しさは、伝染するよ~~~~

楽しい♪の発信元になってね。

来週の学童保育所へのお話し配達、観にいくよ~♪

|

« 読み語り講座 | トップページ | なんじゃ もんじゃの樹ってしってる?  »

絵本、おはなし パネルシアター ブラックライトパネルシアター」カテゴリの記事

コメント

ありがとうo(*^▽^*)oゼブラさん。

高校生の子ども達が、小さな子ども達に絵本を読み、共に楽しんでいる姿を見ると、感動してしまいます。
発表する子どもを心配する、母親の心境になって、お話会の実践にお伺いしている幼稚園へも先生と一緒に参観しています。

沢山の人とであって、色んな事体験して、引き出しいっぱい作って欲しいし、と言うより自分がそう有りたいなあ。

演じている人が、心から楽しく演じているのを観ていると、知らず知らずのうちに、その世界に引き込まれて、やっぱり、観るのも大好き♪

又、何処かでゼブラさんの観る事が出来るといいなあ。

投稿: けい | 2011年6月 3日 (金) 23時12分

こんばんは (◎´∀`)ノ

けいさんの書いて在った「先ず自分が絵本を楽しむ事」これって、大切な事だよね。

何事に対しても、そうだけど、表に出るなら、自分が楽しまなきゃね。( ^ω^ )

絵本だけでなく、パネルシアターもしかり、紙芝居、バルーンアートも、
自分が楽しまなきゃ、相手に楽しさが伝わらない。

若い時は、色々経験した方が良い。
沢山人と出会って、良い人からは、その人の良さを、身につけて、
嫌な人を見た時は、その人の嫌な所を、身につけない様にして、
そうすれば、きっと、何か、答えが見えてくる。

私は、まだ、若いせいか、
答えを探している最中だけどね。(;´▽`A``

けいさん、高校生の若人達に、いろいろ、体験させて上げて下さい。ヽ(´▽`)/

投稿: ゼブラ | 2011年6月 2日 (木) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/40217418

この記事へのトラックバック一覧です: 読み語り実習:

« 読み語り講座 | トップページ | なんじゃ もんじゃの樹ってしってる?  »