« お好み焼き放浪記 | トップページ | 桜のおはなし会 »

2011年4月 9日 (土)

湯の口温泉 トロッコ電車

三重県の湯の口温泉に可愛いトロッコ電車が、走っていると本で見て早速行ってみる事にしました。

奈良県吉野方面から山を幾つも越え、和歌山県の一部に存在する三重県の飛び地。

近くには、熊野の那智の滝や熊の古道、風光明媚な瀞峡等がある。

車で片道3時間半の山越えの道です。

緑の中に桜の花が映え、春の山をひたすらくるくる走ります。

S_img_0513 麓の温泉旅館より、昔の坑道を湯の口温泉まで、10分ほどコトコトガタガタ小さなトロッコ電車が走ります。

昔に使用されていた、坑道を走ります。

S_img_0494

湯の口温泉からトロッコ電車が、緑の小さな木の客車を引っ張って帰って来ました。

前の時間に出た電車です。

と言う事は、二時間待ち。

S_img_0495

小さな可愛い駅です。

私より小さい。

どうして乗るんだろう?

ここの駅員兼、運転手さんがマタマタ、とっても親切。

「もう行きますか?送りますよ」

S_img_0512 えっ!

一瞬何の事かわからずに。

「僕が、湯の口まで送りますよ。トロッコで」って。

とっても、素朴で、ほんわかとしてしている。

電車を囲んで、はなしの輪が広がります。

S_img_0511

でも、折角だから、おちびちゃん達と、電車を楽しむことに。

バッテリで走るゴトゴト電車。

おちびちゃんは、運転席に座らせてもらって大喜び。

私も、一緒になっておおはしゃぎ。

電車も、駅員さんも、電車を待っている人も、一瞬にお友達にしてくれます。

S_img_0507 S_img_0497絵本に出てくるような可愛い電車 座席も木

S_img_0518_1 湯の口温泉は、古い歴史のあるひなびた温泉でした。

小さな温泉。

でも、前の公園から露天風呂の出入り口が丸見え。

これは、先に公園に行って発見。

露天に出る時は、背をちじめて扉を開ける事。

S_img_0520_1

「帰りは、小さい方の電車で迎えに来て上げたよ」

って、マタマタ嬉しい事。

往復で200円

この日は、子供になって電車にはしゃぎまくった一日でした。

親切で、温かい駅員兼運転手さんと良いお風呂。

心も体も、ほっこりと温まった一日でした。

又乗りに行きたいなあ

|

« お好み焼き放浪記 | トップページ | 桜のおはなし会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ゼブラさん!
そして、夢基金良かったですねo(*^▽^*)o
このトロッコ電車ホント可愛いでしょ。
絵本「コトコトでんしゃ」そっくりなんですよ。
周りの皆さん「コトコト電車」って???って、感じで。
けいが一番はしゃいでたみたいです。

夢基金事業、頑張ってね!
応援しています。

投稿: けい | 2011年4月18日 (月) 18時19分

どうも(*^-^)

良いですね。本当、玩具の汽車の様。

遊園地の汽車に乗った頃を思い出します。ええな~(o^-^o)

温泉で、ゆっくり、ええな~ヽ(´▽`)/

投稿: ゼブラ | 2011年4月16日 (土) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/39546359

この記事へのトラックバック一覧です: 湯の口温泉 トロッコ電車:

« お好み焼き放浪記 | トップページ | 桜のおはなし会 »