« 栃木県”わくわくおはなしカーニバルIN野木”へ | トップページ | のぞみ幼稚園 お誕生日会へ »

2010年10月28日 (木)

桜井高校への読み語り講座

10月26日は、県立桜井高校への「読み語りワークショップ」でした。

今回は、「大きな声で、と 手遊び」として、言葉遊び歌と、皆で手遊び実習です。

始めに「もこ もこ もこ もこ」谷川 俊太郎 作 を読み語りして、始まりです。

この本は、小さな子から年齢に関係なく楽しめる本です。

絵が終ると、はじめのページの絵が又始るので、ずぅっと続いて終わりの無い本。

それをどのように楽しんで貰うかは、読み手次第。

その方法をみんなに、ちょこっと紹介。

まずは、全員で立って大きな声で、活舌練習。

そして、谷川 俊太郎さんの「ことばあそびうた」を楽しみました。

「ことばあそびうた」は知っている人も多く、大声を出す事にも馴れ、みんなノッています。

さて、次は手遊びです。

「始まりのてあそび」「キャベツの中から」「魚の開き」

最初の頃、恥ずかしくってなかなか出来なかった高校生達も、「ことばあそび」で大声を出した後なので、以前よりは恥ずかしさが取れています。

「魚の開き」では、「ソーレッ!ズンズンチャッチャ、、、、ホッ!」と言うフレーズが有り、そこは、歌にあわせてリズミカルに踊る感じでするちょっと、ノリノリでする手遊びを選んで行ったのです。

子ども達は、笑いながら、恥ずかしそうに、でも大ノリで手遊びを披露してくれました。

今日は、完璧に覚えて自分達で読み語りに行った時にも出来るようにと、何度も何度も繰り返しました。

本番では、自分が楽しめたら、きっと聞いてくれている、おちびチャン達を楽しくする事が出来るだろうなぁと思っています。

みんな、頑張って!!

12月にも保育所に、「絵本読み語り」実習にお伺いする予定だそうです。

又覗きに行こう!

未だ子ども達の前で手遊びをしたり、絵本を読むことに恥かしさがあって、本来の自分達の姿を出せないでいる高校生達だけれど、回を重ねていくと、きっと今日のノリノリでしていた手遊びのように、小さな子ども達を楽しく絵本の世界へ連れて行ってくれる事でしょう。

楽しみしていまぁす!

|

« 栃木県”わくわくおはなしカーニバルIN野木”へ | トップページ | のぞみ幼稚園 お誕生日会へ »

絵本、おはなし パネルシアター ブラックライトパネルシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/37424662

この記事へのトラックバック一覧です: 桜井高校への読み語り講座:

« 栃木県”わくわくおはなしカーニバルIN野木”へ | トップページ | のぞみ幼稚園 お誕生日会へ »