« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月28日 (木)

のぞみ幼稚園 お誕生日会へ

10月より毎月、お誕生日会にお伺いさせて頂く事になりました。

三歳から六歳の子ども達がいます。

来年の三月まで、何をしようかとっても楽しみにプログラムを考えています。

時間が15分なので、あれも、これも、してあげたいなぁと欲張りな私は、プログラムに迷っています。

毎年、のぞみ祭にお伺いさせて頂いて、色々観ては貰えているのですが、まだまだ観て欲しい物が有って、ホント欲張りです。

そんな、一回が終りました。

手遊び 「はじまるよ」

手遊びエプロンシアター「だいこん にんじん ごぼう さん」

パネルシアター  「こと こと でんしゃ」

絵本  「だるまさんが」「こんにちわに」

15分でこんなにできました。

終って忘れていた物に「ハッ!」

そうだ、おはなしのローソクを忘れていた。

素語りをしないのですっかり忘れていたのですが、子ども達はこの「おはなしのローソク」が大好き。

お誕生日の子に消して貰い、他のお友達は、みんなお願い事をするのです。

今度は、忘れずに持っていこう。

ごめんね。

10月生まれのお友達。

お話会が終って、園長先生が「ゆっくり遊んで行って下さい」と仰ってくださったので、子ども達と遊んでゆく事に。

子ども達が「一緒に遊ぼう」と、ジャングルジムや追いかけっこ、ごっこ遊びにと誘ってくれます。

ある男の子「園長先生のカレー美味しいから、遠慮せんと一緒に食べてって!、園長先生もどうぞ!ゆうてたし」

こんな声を掛けてくれました。

そうして、遠慮無く子ども達と一緒に大盛りのカレーを頂いたのです。

お誕生日会のカレーは、年長さんと園長先生が朝から作ったカレーなのだそう。

そして、年長さんが作ったと言うクッキーも頂戴して、子ども達の降園時間の二時まで、しっかりと一緒に遊ばせて頂きました。

園長先生  「有難う御座いました」

11月が楽しみです♪

楽しいもの持ってお伺いしますね。

なにしようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜井高校への読み語り講座

10月26日は、県立桜井高校への「読み語りワークショップ」でした。

今回は、「大きな声で、と 手遊び」として、言葉遊び歌と、皆で手遊び実習です。

始めに「もこ もこ もこ もこ」谷川 俊太郎 作 を読み語りして、始まりです。

この本は、小さな子から年齢に関係なく楽しめる本です。

絵が終ると、はじめのページの絵が又始るので、ずぅっと続いて終わりの無い本。

それをどのように楽しんで貰うかは、読み手次第。

その方法をみんなに、ちょこっと紹介。

まずは、全員で立って大きな声で、活舌練習。

そして、谷川 俊太郎さんの「ことばあそびうた」を楽しみました。

「ことばあそびうた」は知っている人も多く、大声を出す事にも馴れ、みんなノッています。

さて、次は手遊びです。

「始まりのてあそび」「キャベツの中から」「魚の開き」

最初の頃、恥ずかしくってなかなか出来なかった高校生達も、「ことばあそび」で大声を出した後なので、以前よりは恥ずかしさが取れています。

「魚の開き」では、「ソーレッ!ズンズンチャッチャ、、、、ホッ!」と言うフレーズが有り、そこは、歌にあわせてリズミカルに踊る感じでするちょっと、ノリノリでする手遊びを選んで行ったのです。

子ども達は、笑いながら、恥ずかしそうに、でも大ノリで手遊びを披露してくれました。

今日は、完璧に覚えて自分達で読み語りに行った時にも出来るようにと、何度も何度も繰り返しました。

本番では、自分が楽しめたら、きっと聞いてくれている、おちびチャン達を楽しくする事が出来るだろうなぁと思っています。

みんな、頑張って!!

12月にも保育所に、「絵本読み語り」実習にお伺いする予定だそうです。

又覗きに行こう!

未だ子ども達の前で手遊びをしたり、絵本を読むことに恥かしさがあって、本来の自分達の姿を出せないでいる高校生達だけれど、回を重ねていくと、きっと今日のノリノリでしていた手遊びのように、小さな子ども達を楽しく絵本の世界へ連れて行ってくれる事でしょう。

楽しみしていまぁす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

栃木県”わくわくおはなしカーニバルIN野木”へ

S_img_0342 16日17日と栃木県の”わくわくおはなしカーニバルIN野木”へと行って来ました。

昨年は、日光市で行われた”わくわくおはなしカーニバル”にお伺いさせて頂いて、栃木は二度目の上演です。

野木町は、茨城県との境にある、二万人程の町です。

”わくわくおはなしカーニバル”の受け入れ地の野木町立図書館は、ホールも有り、吹き抜けの有る素敵な独立図書館でした。

図書館員さんと、ボランティアさんとが仲良く協力し合い、とっても温かく素敵な雰囲気のフェスティバルでした。

うらやましい!なぁ。私達も図書館とこんな良い関係が築けるといいなぁ
今年は、文庫連絡会としてわたしも精一杯頑張ろう!

それには、勿論主催者として走り回られた”アトリエ びっき”さんの力が大、大、に有ったからなのですが。

一年ぶりに再会した”アトリエ びっき”のびっきさん、何だか昨日も会っていたようなそんな感じがして、そして変わらず笑顔いっぱいのびっきさと嬉しくって”ギュッ!”

そして、バルーンアーティストでもある”おはなし 冒険談”のゼブラさん、まるで旧知の人にお会いするようで、懐かしくってゼブラさんとも”ギュッ”!

会場に入ると、昨年日光でご一緒した”ちっちゃな 劇場”の「リリィー」さんとお会いできて、マタマタ嬉しくって、何だか故郷にでも帰ってきような。

そんな暖かな雰囲気を持った栃木の”わくわく おはなしカーニバル”です。

Img_0345

プログラムは、紙芝居有り、パネルシアター有り、表現遊び、エプロンシアター、人形劇、マジック、絵本、ブラックライトパネルと盛り沢山でした。

S_img_0346

子ども達も会場いっぱいに集まってくれ、おちびちゃんから小学校の高学年までと、幅広い年齢層です。

S_img_0347

最近は、小さな子ども達が多く、低年齢化しているので、こんなに幅広い年齢層の子ども達が観に来てくれるのは、嬉しい事です。

Securedownload

きっと、この”わくわくおはなしカーニバル”が皆さんに浸透しているからなのでしょうね。

Img_0352

”アトリエびっきさん”は、6年間「こども夢基金」事業として、栃木の地でこの”わくわく おはなしカーニバル」を主催してこられたのですが、来年は、ちょっと一休みとの事、何だか寂しいなぁ!

でも、この野木の地にびっきさんの撒いた種を引き継いで育てて行かれる方達がいて、子ども達への”わくわくおはなし カーニバル”はずうっと続いていくようです。

種撒きをして、育てて、花が咲いて、その時の子ども達が大きくなって又種をまいて、育てて、そうして、続いていくといいねぇ。

橿原の地でも、せっせ せっせと種を撒いて、今は一生懸命水をやっていまぁす。

バトンタッチが出来るように、がんばろうっと!

びっきさん!今回もこんな素敵な機会をありがとうございました。

そして、”わくわく IN野木”のスタッフの皆様、お世話になり本当に有難う御座いました。

詳しい”わくわくおはなし カーニバルIN野木”の上演内容は、
ホームページ”絵本案内人”にUPします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

宇都宮、大谷観音 へ

栃木のおはなしカーニバル上演の為、栃木県へお伺いしてきましたが、マタマタ欲張り癖が出て、前々日の金曜の夜の夜行バスで、出掛けて来ました。

前日土曜日の仕込み集合時間は三時、それまで何処へ行こうかな?

東京をブラブラ?一人で歩く自信がない。

それならいっそ、栃木へ上陸して、良く知っている地名、宇都宮へ行く事に。

宇都宮は、わくわく開催地「野木」より電車で40分程奥に在る。

時間的に何とか行って、帰って来れる。

宇都宮から野木まで「一時間に一本の電車しかない、そして40分かかる」この事を頭に叩き込んで行き先をうろうろ探していると、”大谷石資料館””日本最古の石仏”と言うのが目に入った。

大谷石はよく庭の石垣に使われていて、味のある石だと知っている。

石仏は大好きだ、ここに行ってみよう。

往復1時間とこれまたバスは一時間に一本だ、あちらでいられるのは40分しかないけれど、奇岩と聞くと大好きな景色だ絶対に行ってみたい。

それに知らない所を電車に乗ったり、バスに乗っているだけで楽しい。

寝不足なんて平気。

丁度一時間に一本の大谷行きバスに、走って乗ることが出来た。

これを逃すと、時間的にはもう無理なところだった。

ついてる!

S_img_0332 大谷観音。

お堂の中には、弘法大師が平安時代に洞窟に刻んだと言う、日本最古の石仏がある。

岩壁面に彫られた観音様は、厚肉彫に彫られてある、日本最古の磨崖仏と言われている。S_img_0333

千手観音始め、釈迦三尊像、阿弥陀三尊像、薬師三尊像、の10体の磨崖仏が並んでいる。

古代人の横穴住居の風化した石壁が、何とも言えない不思議な雰囲気を醸し出していた。

S_img_0338

平和観音は、平和を願って手彫りで作られている。

高さが27メートルもある。

荷物があって、上まで登る階段に挑戦できずに、上から奇岩を眺める事が、出来なかった。

残念!

S_img_0339

大谷の奇岩郡。

この景観、岩が立ち聳えていて好きだなぁ。

S_img_0340

帰りのバス停の前にこんなに素敵な家が在りました。

いい雰囲気の家。

時間が無く大谷資料館の、採掘跡を見ることが出来なかったのが、とっても残念!

午後三時前、野木町立図書館に入り、明日の準備。

さあ!明日は、「わくわく おはなしカーニバルIN野木」だ。

とっても、濃い一日だった!!

「わくわく おはなしカーニバルIN野木」の様子は、明日ブログにUPしまあす♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

エッ!今頃?花?

外に放り出してあった月下美人の樹を見てあれぇっ!

花を付けている。

もう秋だと言うのに。

P1000113

こんなに大きな蕾。

よく見てみると、他にも蕾がいっぱいある。

10個も。

本番の季節より多い数の蕾だ!

そう言えば、彼方此方で桜の花が咲いているのも見かける。

葉っぱが一枚も無い樹に、可愛いピンクの花を咲かせている。

異常だった猛暑、そして異常な自然界。

可愛い月下美人の蕾だ!なんて喜んでいられない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

今日の明日香村の風景

秋  真っ只中の奈良県明日香村、稲淵にある棚田の風景です。

P1000110

棚田では、案山子祭りが開かれていて、夫々工夫一杯の力作の案山子達が、あぜ道を飾っています。

赤、白、そして、珍しい黄色の彼岸花が、重く垂れた金色の穂を囲んで、鮮やかに咲き乱れています。

秋の明日香村、棚田の風景です。

日本の秋です。

時間が空いた時の、ちょっとした私の散歩コース。

金木犀が匂っています。

秋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »