« 初めて観た 彩雲 | トップページ | 静岡磐田人形劇フェスティバル »

2010年7月13日 (火)

子育ては、心育て!

今日は、朝から激しい雨が降っていて、傘をさしてもずぶぬれになりそうな。

警報が出ていないか注意しながら、会場へ。

幼稚園、小学校、中学校の連合PTAへの講座でした。

大雨の中、小さな下の子を連れたお母さん達も早くから集まって下さいました。

出かけるのが億劫になる最悪のお天気です。

自己紹介もせずにいきなり「雨の日、ちょうちょうはどこへ」を読み始まりです。

こんな雨の日には、ぴったりの絵本。

薄青で描かれた絵の中に、ぽっと!黄色が差し込まれた絵。

雨の日ちょうちょうはどこへ行くんでしょうね?

こんな、何でもない「?」

子どもの頃は、真剣に沸き起こった?も、大人になると日常に紛れ込んで、?が消えてしまっている。

ふっうっと!忙しい日常から、自然の中へ、ピュアな中へ、引き戻してくれる。

五感を研ぎ澄ませて生きていた頃から、だんだんと頭の中で考え処理しようとあくせくしていく中で、忘れられてしまっていた感覚がある。

時々、そんな感覚が絵本によって戻ってくる。

そんな空間が、心地良い。

欲張って、欲張って、沢山の絵本を紹介した。

「うまれてきたんだよ」   内田 麟太郎 作

子どもへの虐待を描いてある作品。

この数ページの絵本を読むのに、2週間かかった。

一ページ、二ページ、もう読めない。

救いを求めて、最終ページへ飛んでみたけれど。

重く、せつない。

すぎる。

講座では、声に出してはやはり読めなかったけれど、是非、知って欲しかったから。

”絵本”と言う分類だけれど、この本は明らかに大人へのメッセージ。

暫くこの絵本が、離れてくれない。

笑顔?ってどんなの?

|

« 初めて観た 彩雲 | トップページ | 静岡磐田人形劇フェスティバル »

絵本、おはなし パネルシアター ブラックライトパネルシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/35738412

この記事へのトラックバック一覧です: 子育ては、心育て!:

« 初めて観た 彩雲 | トップページ | 静岡磐田人形劇フェスティバル »