« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

奈良なかよし劇場

6月27日は、”ならまちセンター”で行われた「なかよしファミリー劇場」での上演でした。

雨だとの予報も外れ、朝から沢山の親子連れが、観に来てくださいました。

人形劇団「ピピネラ」さんとのジョイントです。

やってきた子ども達は、おちびチャンたちが多く、年齢の高い子も数人いるけれど。

一瞬「しまったかなぁ。もう少し幼い子向けが良かったかも』と心配しての始まりでした。

最初は小さい子向けのパネル、「まるまる くるくる ぽーーんぽん」、丸が何かの動物になる作品です。

今日の会場の子ども達は、観上手。

会場が沸きます。

そして、ブラックに!

けれど、暗くなってお話が始まった途端、会場はしーーんとなり、皆お話に集中してくれました。

きっと、色の綺麗な作品だったので、良かったのでしょうね。

終わると、「はやーいなぁ」の声も聞こえました。

次もブラック、このお話はもっと聞き応えのある作品。

けれども最後まで、お話を聞いてくれて、子ども達の聞く力に感心です。

午後の部は、午前の部の半分のお客様だったけれど、一日、楽しく演じられました。

プログラムは、幼稚園や小学校と違って、劇場はどの年齢の子ども達が入るか解らないので、組むのに考えてしまいます。

そして、出かける時は、会場の子ども達を見て演目を変えようと、余分に作品を持っていくので、いつも大荷物です。

この日のプログラムは、ホームページ「絵本案内人」にUPします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

飛鳥川にほたる

梅雨の合間、蛍を探しに飛鳥川を巡ってみました。

家から車で10分も行けば、奈良県明日香村です。

いつも歩くコースにある飛鳥川に 行ってみることに。

軽自動車が一台やっと、通れる道です。

よおく目を凝らしてみると、いた!いた!飛んでる!

小さな明かりが、ふわぁ、ふわぁ。

向こう岸にも、あちこちで沢山の蛍が、近づいたり、離れたり。

やさしく、やさしく風に乗っている。

足元の草の中にも、ふわぁって光ってる。

手をかざしてみると、手の中いっぱいに明かりを広げてくれた。

温かい光。

たまに余所見をしたくなるのか、道路まで飛んで来ては、少しの円を描いて川岸へと帰っていく。

ほっほっ蛍こい!おいで!おいで!

かえるの声、月明かり、水の音、そしてほたるのやわらかな明かり、そんな中で只、蛍を長時間眺めていた。

明日香村では、蛍が多いと評判の場所、”石舞台”裏の奥く、”かやの森”へも足を延ばして見たけれど、一匹もいない。

そこで出会った方に、蛍がいっぱいいると言う棚田を聞いて、又行ってみた。

棚田の中を数匹が、光を放っている。

友達と「私らのほたるが、すごいね、きれかったね、幻想的やったよね。可愛かったね」って言い合ったとたん、二人で大笑い。

いつから飛鳥川の蛍が、「私らの蛍」になったん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

香芝 五位堂保育所 へ配達

6月17日、奈良県香芝市にある五位堂保育所へ配達です。

0歳から6歳までの子ども達120名程の、保育所です。

今日は、梅雨の合間の真夏日。

舞台準備のうちからもう、汗びっしょりです。

この保育所は、去年お声を掛けて頂いたのですが、園とけいの日程が合わずに、お伺いできなかった所。

一年経った今年も、役員さんがけいに声を掛けて下さいました。

今年はバッチリ!

Img_0235 一年越しの配達です。

0歳からのバブちゃん達も、前のシートにちょこんと座ったり、先生に抱っこされて参加です。

今日のパネルは、動物シリーズですることにしました。

”バスのストップくん”では、「みんなバスに乗って東京観光に出発でぇす」で始まります。途中で一人の男の子「僕、乗ってへん」ストップくんがストップ!さあ!みんなを乗せて出発です。

おしりを見て動物を当てるのに、皆の声がリズム室に響きました。

ふと見ると、何人かのバブちゃん達が、スヤスヤ気持ちよさそうにおねんねです。

大きな声を出すのをちょっと躊躇いながら、顔を見ると、本当に気持良さそうに熟睡。

バブちゃんたちがいる保育園では、ブラックに入る前には怖がる子がいるので、順々にバブちゃんたちを暗い世界に案内します。

Img_0249 

「おつきさま こんばんは」で夜になって行きます。

「はらぺこ青虫」はやっぱり皆大好き。

お話もしっかりと覚えています。

45分もの長い間、みんな、みんな、バブちゃん達も、本当に良く集中して聞いてくれました。

けいも汗びっしょりで演じたのですが、子ども達も前髪が汗で濡れています。

お話が終わって前に来て舞台裏を見ていた子が、「あっ!これとこれ見てへん。観たいなぁ」って。

又いつか何処かで、観てもらえると嬉しいね。

有難う!

保育園のお母さんは、お仕事を持ってらっしゃる方が多い中、こうして企画して呼んでくださって、そして、一年も待って下さって有難う御座いました。

今日のプログラムは”絵本案内人”にUPしました。

http://www.geocities.jp/kei3baobabu/office.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

岐阜県坂祝幼稚園へお話配達

6月14日、今日は、パネル配達です。

岐阜県美濃加茂にある、”町立坂祝幼稚園”さかほぎってよむんですよ。

幼稚園は山が直ぐ側にあり、緑の多い、とっても素敵な場所に有りました。

幼稚園も、リズム室のような大きな部屋を中心に、園児達の各部屋が有ります。

子ども達は、その大きな部屋を走り回る事も出来、開放感のある素敵な幼稚園でした。

S_img_0168 100名ほどの園児達と、町の公募で集まって下さった大人の方への上演です。

一時間を子ども達用に演じ、後の一時間は公募の方達に、ブラックライトパネルシアターについてのお話でした。

子ども達は、とっても聞き上手で、会場をうまく盛り上げてくれました。

Img_0169

真剣に見つめる子ども達の目に、最高に楽しく演じる事が出来、けいのいつものサービス精神が出て、あれも、これもと欲張っちゃいました。

Img_0201 子ども達の反応は、いつもけいを最高の状態に持って行ってくれます。

ブラックライトパネルシアター、「はらぺこ青虫」の前に、”きゃべつのなかから、青虫出たよ”の手遊びを!

子ども達は、丁度春に教えてもらった所で、皆とっても上手。

けいは、手のみの参加、子ども達が長い手遊びを全部歌って、手遊びしてくれました。

Img_0193

子ども達は、怪獣の話は大好きです。

こんな楽しい怪獣の話も有ります。

長 新太 作 「月夜のかいじゅう」

どんな怪獣なんだろうね?

いつも大笑いの声が興ります。

Img_0210 うさぎちゃんと一緒に子ども達一人一人と、さようならです。

ハイタッチ!

ギュッ!

みんな、みんな、笑顔でさようなら!

とっても楽しい一時間でした♪

長い時間、ありがとう!

演じたプログラムは、ホームページ「絵本案内人」のおはなし配達にUPします。

その後のブラックパネルの講座も、長時間の中皆様真剣に、聞いてくださいました。

手つくりのパネル台の事、聞いて下さって嬉しくって、舞台裏までみいんな見せちゃいました。

K-ナンと○○均の結晶です。

一時間があっという間に過ぎ、まだまだ観て頂きたいものもあったのだけど、又機会があれば、、、、、、、ね。

子ども読書推進事業の一環として、声を掛けて下さった「おおきな木」のMさん、ありがとうございました。

公演の写真がこんなにいっぱいUP出来たのも初めてです。

写真撮って下さって有難う♪

「おおきな木」の若いお母さん達は、色々な事に意欲を持ち、取り組んでいらっしゃいます。

子どもが小さく手が掛かる時だからこそ、力が出て新しい事に挑戦するエネルギーが沸いてくる気がします。

自分もそうだったなぁ。

「おおきな木」の元気な皆様、子ども達と一緒にいっぱい楽しんで、作品を作ってね。

みなさん良い笑顔して、活き活きしてましたね。

Mさん!「おおきな木」のみなさん!ありがとう!

楽しかった!!♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜県坂祝幼稚園へお話配達の前に

6月14日、岐阜県美濃加茂にある坂祝(さかほじ)幼稚園へお話にお伺いするので、13日は、ちょっと一足先に足を延ばして、郡上八幡市へ行ってきました。

S_img_0158

Img_0159 山間の小さな町で、水のとっても綺麗な豊富な町でした。

日本のおへそ、まん真ん中の町。

小さな京都と言った感じのところです。

S_img_0160 古い町並みは、観光客の為に綺麗に整備され、少し作られた感はあるのですが、水の音を聞いていると、時間が止まり全てが止まっているような気がします。

明日のお話の事もすっかり止まり、一日早く遊んじゃいました。

S_img_0164

湧き水が多く、一番目は飲料水、二番目は野菜類を洗う、三番目は食器を洗う、四番目は洗濯、と有効に水を利用するように作られてあります。

これは観光客用だけれど、今も各家には敷地内に作られてあるそうです。

そして、長良川鉄道に乗ってみたかったのだけど、時間が合わずに残念!

可愛い電車だけでも見ようと思ったのに、それも見られなかった、けど、美濃加茂までの帰りは、一般道を走り、景色はチラチラ見で堪能しました。

道の駅で、足湯に浸かり、さあ!明日も元気を出して!

明日は、パネル配達だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

高田支援室おはなし

6月12日、以前橿原の友の部屋で、指導員をされていたUさんが、高田で新しい部屋を開設されました。

いつも意欲を持って活動され、今までにも数箇所で、支援室を開設されてきました。

お祝いと、応援を兼ねて、パネル配達に行って来ました。

まだ、軌道に乗る前で、利用者の方は少なく、5名でした。

その中に、橿原の友の部屋からの顔なじみの、女の子もいます。

指導員さんも、何度かお邪魔した施設の指導員さんでした。

どこの市も、福祉関係は遅れていて、高田市も例外ではありません。

そんな中、指導員さんも、親の方も頑張ってらっしゃいます。

小さな部屋で、扇風機、勿論、クーラーも無く、これから暑い夏どう過ごされるのでしょう。

「障害の関係で、クーラー無しは無理です。」と仰る方もいます。

何十年も、作業所で指導員をされてきた頑張り屋のUさん、どうか新しい支援所が、うまく起動しますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

高校生の皆と読み語り講座

奈良県立桜井高校へ、読み語りの講座配達です。

30数名の高校生達が、集まってくれました。

高校の家庭科クラブで、ここ何年か前から地域の保育園や幼稚園に、ボランティア活動として、絵本の読み語りや、一緒に遊んだりを実践されてきました。

これから二年間定期的に、皆と一緒に読み語りの勉強をしていくことになりました。

今日は第一回目。

みんな真剣な目で絵本を見てくれました。

けいにとっても改めて、絵本の事、読み語りのこと、おはなし配達のこと、勉強です。

今日は聞いている皆も、ちょっと緊張気味。

自己紹介   パタパタ

このパタパタを作ってみたいと、声を掛けてくれた人が数人いて、やる気十分。

*絵本って?

*絵本の成り立ち

*読み語りの方法

*読み語りの大切さ

今日は絵本のことをちゃぁんと知ってもらって、絵本の楽しみを知ってもらって、その楽しみを届ける事を楽しめる、そんな読み語りが出来たら。

仕掛け絵本やパネルシアター、手遊び、色んなことを欲張りながら、子ども達に絵本を届ける楽しさを知ってもらえたら。

将来保育士を目指そうとしている子ども達。

そこから、又目が出て、花が咲いて、種が落ちて、そんな円が見えてくるような配達です。

今年は、この勉強会に力いっぱい挑戦です。

そして、あんなことも、こんなことも、ちょっと欲張りに伝えたい。

さあ!もう一度けいも勉強です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »