« トレッキング開始です | トップページ | ランタン村から、キャンジン、ゴンバへ »

2010年5月21日 (金)

次の目的地は、ランタン村

五月二日、胸のムカつきと胃痛を抱えたまま、今日も次の目的地、”ランタン村”まで8時間の歩きに出発です。

トレッキングでは、15キロほどある自分の装備の荷物は、ポーターが担いで、次の目的地まで運んでくれます。

ポーターの担ぐ荷物は、30キロを越えているようです。

それでも私達と同じ様に、同じ高度まで、歩いて運んでくれるのです。

それも、日本から見ると申し訳無い程安い賃金です。

けれども、それが彼らの収入源、生きる糧なのです。

シェルパ(ガイド)もそうです。

アタックの登山者と一緒に、道を開き、命を懸けている仕事の割には、ヨーロッパーのガイドと比べても安い賃金です。

そして、初登頂を成し遂げても、名声を得るのは、アタック隊の人だけ。

その前を行く、シェルパには何も与えられない。

実際に道を開いたのは、ガイドなのに。

なんだか、モヤモヤしてきます。

今日も調子が悪く、自分の必要荷物(5キロほど)もガイドさんが持って下さいました。

Img_0057

けいが、最終に目指す、「ツエリコ、リ」4985Mの山も遥かかなたに見えてきました。

真ん中の山です。

まだまだ、行かないとだめだ!

空身で、一歩づつ次の宿泊地、”ランタン村”3500M迄登りました。

Img_0061 「ランタン、リルン」も雲の中に見えてきた!

俄然、歩くのにも力が入ります。

あれ依頼、食べ物を余り口にしていないので、お腹がすいてきたぁ!

体は不調だけれど、周りは最高!

S_img_0064 花も、山も、川も高度を上げる度に表情が変わっていきます。

S_img_0069

3500Mにある「ランタン村」到着。

馬が、のぉぉぉんびりと草を食んでいました。

家々が点在して、この村には学校も有ります。

やっと、3500Mまで登ってきたぞ!

今日は、三日ぶりの熱いシャワーがかかれる。

でもこのシャワーが、マタマタ体調に影響が、、、、、、!

|

« トレッキング開始です | トップページ | ランタン村から、キャンジン、ゴンバへ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/34790381

この記事へのトラックバック一覧です: 次の目的地は、ランタン村:

« トレッキング開始です | トップページ | ランタン村から、キャンジン、ゴンバへ »