« 17年間のお話配達 | トップページ | なにわ人形フェスティバル 上演記 »

2010年4月 6日 (火)

神武祭、橿原神宮の森での上演記

4月3日は、橿原神宮の神武祭。

今年は120年祭と言う事で、大きなイベントになりました。

今日は、とっても暖かく快晴。

雲ひとつ無い青空が広がっています。

神宮の森での上演で、屋外の為、風勝負。

お天気は良いものの、風が冷たく肌寒い。

舞台上のけこみも風で、ひっくり返る始末。

今日は、パネルと大型ロール紙芝居は無理。

会場は、”せんとくん”始め、彼方此方のゆるキャラ達も大集合。

駐車場に設営されたメーン会場は、大賑わい。

けいは、お酒のケースで造られた森の中の舞台で上演。

P1000120 先ずは、しらかし文庫のオープニング。

定番の「おはながわらった」と「あおい いなずま」?はちょっと古いなぁ!け込みを使うのはこの指人形踊だけなので、こんな簡単なけこみにしちゃいました。

これって結構、手がだるいんだなぁ。

青空を見ながら、指人形を動かしていると、青い空高く、高く風船が二つ上ってゆきました。

誰か手を離しちゃったんだ!

なんて、いらん事考えながらも、体はリズムに乗って踊っています。

P1000121 

エプロンシアター、ジャングルぐるぐる 探検隊。

その前にエプロンパネルシアターで、まるまるくるくるぽーーんぽんで、何かな?

みんな大きな声で、動物達をあててくれました。

続いて、探検隊隊員になって、ジャングルに隠れている動物達を探します。

みんな手で、双眼鏡を作り探検に出発です。

前にいた一人の男の子、ズボンから本物の双眼鏡を出してきて、大きな声で「ホラッ!見て!」

双眼鏡を持って一生懸命、隠れている動物を探してくれました。

最後は、語り人形劇の「はらぺこあおむし」

桜満開の神宮の森での上演。

気持ちよかった!

楽しかった!

大満足で終えられました。

|

« 17年間のお話配達 | トップページ | なにわ人形フェスティバル 上演記 »

絵本、おはなし パネルシアター ブラックライトパネルシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/34107452

この記事へのトラックバック一覧です: 神武祭、橿原神宮の森での上演記:

« 17年間のお話配達 | トップページ | なにわ人形フェスティバル 上演記 »