« カンボジア旅行記 アンコールワット | トップページ | カンボジア旅行記 ”アンコールワット。トム”の壁画 »

2010年2月28日 (日)

カンボジア旅行 ”アンコール トム”

”アンコール。トム”とは大きな都城と言う意味。

”アンコール。ワット”と”アンコール。トム”の違いは、宗教観なのです。

”ワット”はヒンドゥー教、”トム”は大乗仏教の影響を受けているのです。

Cimg4182_2 

ここは、『南大門」大きな四面仏の門は、使者がゾウに乗って通れるように作られてある。

向って右が、阿修羅。

左がヒンドゥー教の神々。

Cimg4181 門の両側には、7つの頭を持つ

蛇神の胴で綱引きをする54体もの巨像がが並んでいる。

P1000106 こんなゾウに乗って、とおったんかしら?

沢山のゾウが、お客さん待ちをしていました。

乗ってみたかったんだけど、、、、残念!

Cimg4184_2 アンコールトムの中で、一番大きな寺院。

バイヨン寺院。

Cimg4186

通りの横にこんな看板が。

アンコールワット遺跡の保存には、日本も多くの協力をしているんですね。

Cimg4208_2 ここは、ゾウのテラスと呼ばれているところ。

300メートル以上もの長さを、ゾウのレリーフが続いている。

Cimg4209_4 ライ王のテラス。

一面に神々の彫刻が施されている。

5つの巨大な門があり、夫々に施されてある彫刻は、見事だ!

アンコール王朝最後の栄華を誇った場所。

その時代が、頭の中に少し駆け巡る。

寺院の中の彫刻も、ものすごい!

壮大な絵巻物。

壁画の物語は次回に!

|

« カンボジア旅行記 アンコールワット | トップページ | カンボジア旅行記 ”アンコールワット。トム”の壁画 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

>蛇神の胴で綱引きをする巨像。
 凄いですね。

テレビとかで見るより、知り合いの写真の方が、よりリアルに見えて来ます。

像、私も乗ってみたい~。
けいさん、残念~(。>0<。)

投稿: ゼブラ | 2010年3月 2日 (火) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/33553388

この記事へのトラックバック一覧です: カンボジア旅行 ”アンコール トム”:

« カンボジア旅行記 アンコールワット | トップページ | カンボジア旅行記 ”アンコールワット。トム”の壁画 »