« 文庫も夏休み | トップページ | 飯田人形劇フェスティバル初参加 »

2009年7月23日 (木)

子どもの本に出てくるお料理を作ってみよう!

P1000068 毎年、夏休みに、公民館事業活動の中で、「子ども料理教室」をしている。

児童書、絵本等に出てくるお料理を、子ども達と実際に作ってみよう!だ。

一番最初に挑戦したのは、「大草原の小さな家」に出てくるお料理を作ってみた。

アメリカの開拓の頃の 素朴なお料理だ!

今まで、「メアリーポピンズ」や「くまのぷーさん」「赤毛のアン」「天才ダールの面白料理」他色々な本に出てくる美味しそうなお料理を再現してみた。

P1000066     今回は、「天才ダール」の面白お菓子に挑戦。

その名も「蛙ぱい」とフルーツヨーグルト。

蛙のお腹は、青いリンゴ。

子ども達は夫々、面白い蛙パイを作ってくれた。

カエル以外でもいいですか?

P1000074  いいよ、いいよ、本当はカエルだけどね。

って、結構おおざっぱなけいは、何でもすぐにOK.

そしたら、けいの班だけが、頭がリンゴの蛇、顔がりんごのウサギ、亀、リンゴ顔のピカチュー等、色々なパイが出来上がった。

子ども達の発想は とっても楽しい!

子どもの本に出てくるお料理を作ろう!から、はずれちゃったけど、みんな楽しんでるから、いいやぁ。

みんな  すごく真剣。

最後は、自分達で作ったカエルパイを試食タイム。

「おいしぃ」の声。

目に使ったレーズンが苦くておいしくなぁーーーい。

「おかあさんに見せるぅ。だから持って帰る」

大事に仕舞い込む子。

楽しかった!

面白かった!

ごちそうさま!

|

« 文庫も夏休み | トップページ | 飯田人形劇フェスティバル初参加 »

文庫」カテゴリの記事

コメント

びっきさんこんにちは(◎´∀`)ノ
今はもう、飯田で、上演も済み、ホッとして人形劇を楽しんでらっしゃる頃ですね。
夢基金って、色んな方法があるんですね。
もう、公民館事業として、”しらかし文庫”で始めて、9回目です。
来年は、ばばばあちゃんシリーズからなんて、思っていますよ。

さて、これから飯田へ向けて出発です。
 
びっきさん!飯田お疲れ様!お帰りなさい!

投稿: けい | 2009年8月 7日 (金) 07時33分

絵本の中のお料理・・・・
鹿沼では、鹿沼ファミリー劇場が、『絵本の中のクッキング』として、例のこどもゆめ基金事業としていますよ~
公民館だけの事業にしておくのは、もったいないのでは?

来年は、けいさん&めい遊さんとタックを組んで、
『こどもゆめ基金事業』に体験でも読書でも、企画されるとGOODです。

さて、いよいよ今週末は飯田ですね~
びっきは6日の昼ごろに飯田着で、3時には、しんくんと公演します。その後、逢えたらいいね~~~

お電話しますね~~

それでは飯田で逢いましょう~~

投稿: びっきです | 2009年8月 4日 (火) 08時58分

ゼブラさーーん。こんにちは(◎´∀`)ノ
暑い毎日ですねぇ!
セミがすごい、鳴いてます。

子ども達の柔らか頭っていいですね。
いっぱいいっぱい、広がっていきます。

大草原の小さな家の時は、大人なの男性も「参加したーい」って。
子どもの本のお料理は なかなか楽しいですよ♪(o^-^o)

投稿: けい | 2009年7月29日 (水) 19時07分

こんばんは!

良いですね。「絵本に出てくる料理」
子どもの発想は、色々だから、面白い~

近ければ、私も、参加してみたい~happy02

投稿: ゼブラ | 2009年7月26日 (日) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/30667970

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの本に出てくるお料理を作ってみよう!:

« 文庫も夏休み | トップページ | 飯田人形劇フェスティバル初参加 »