« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月23日 (木)

子どもの本に出てくるお料理を作ってみよう!

P1000068 毎年、夏休みに、公民館事業活動の中で、「子ども料理教室」をしている。

児童書、絵本等に出てくるお料理を、子ども達と実際に作ってみよう!だ。

一番最初に挑戦したのは、「大草原の小さな家」に出てくるお料理を作ってみた。

アメリカの開拓の頃の 素朴なお料理だ!

今まで、「メアリーポピンズ」や「くまのぷーさん」「赤毛のアン」「天才ダールの面白料理」他色々な本に出てくる美味しそうなお料理を再現してみた。

P1000066     今回は、「天才ダール」の面白お菓子に挑戦。

その名も「蛙ぱい」とフルーツヨーグルト。

蛙のお腹は、青いリンゴ。

子ども達は夫々、面白い蛙パイを作ってくれた。

カエル以外でもいいですか?

P1000074  いいよ、いいよ、本当はカエルだけどね。

って、結構おおざっぱなけいは、何でもすぐにOK.

そしたら、けいの班だけが、頭がリンゴの蛇、顔がりんごのウサギ、亀、リンゴ顔のピカチュー等、色々なパイが出来上がった。

子ども達の発想は とっても楽しい!

子どもの本に出てくるお料理を作ろう!から、はずれちゃったけど、みんな楽しんでるから、いいやぁ。

みんな  すごく真剣。

最後は、自分達で作ったカエルパイを試食タイム。

「おいしぃ」の声。

目に使ったレーズンが苦くておいしくなぁーーーい。

「おかあさんに見せるぅ。だから持って帰る」

大事に仕舞い込む子。

楽しかった!

面白かった!

ごちそうさま!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

文庫も夏休み

今日で文庫も夏休み。

お話し会も暫らくのお休みです。

今日のお話会は、子ども達の”はじまるよ”の手遊びでスタート。

みんなの前に出てしてもらうのだけど、1歳の”あん”ちゃんも しっかりとお姉ちゃん達にまざって、手遊びを披露です。

1歳から4歳までのお友達5人が、歌を歌って指を出して。

この光景、いいなぁ!

今度は、2年生の女の子”そよ”ちゃんが、手遊びじゃんけんを皆に教えてくれた。

”そよ”ちゃんも”あん”ちゃんも、、1ヶ月の頃から しらかし文庫に来て、お話し会に参加してくれている。

子ども達の成長が、楽しい♪

子ども達は、一人8冊の本を抱えて、「重たぁーーーーーい」と言いながら、帰って行った。

又   9月にね!   みんな元気でね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

静岡磐田人形劇フェスティバル  Ⅱ

磐田初上陸も 実行委員の方達の温かいお迎えで、楽しく二日間を過ごさせて頂きました。

皆様!有難う御座いました。

今回は、11月に磐田にて行なわれる、「はばたく静岡国文祭」の応援イベントとして行われました。

実行委員の皆様、連携良く、スムースに会場等の心配りをされています。

昨年より、入場者が少ないと仰っていたのですが、どの会場も満員。

出演以外は、何もお手伝いもせず、人形劇を存分に楽しませて頂きました。

さてさて、”手風琴&絵本案内人けい”の舞台風景です。

一日目

けい   「まっくろ ネリノ」 ブラックライトパネル

けい  「月夜のかいじゅう」 ブラックライトパネル

  新聞紙のはなし  手風琴とけい

手風琴  「とびだせ パネル」  パネルシアター

月夜のかいじゅうは白パネルを使ってのブラックライトです。

いつもは、「まっくろ ネリノ」で”わぁ!きれい!”の声が聞こえるのに今日は、白パネルの「月夜のかいじゅう」で ”わぁ!きれい!”の声。

なんだか嬉しくなって、「ホント!そう!きれい?」って 声かけちゃいました。

今回の発見です。

新聞紙のはなし。

枚方でのジョイントでは、新聞紙の筒からはしごが伸びなくってあああああっぁぁぁ!

ここが、このお話の最高に盛り上がる部分なのに。

そのリベンジで、磐田でも挑戦!

筒から梯子を するするする、、わぁ!伸びた!

成功!

ホッ!

♪とびだせぇーー とびだせぇーーー♪

小さな手拍子から大きな大きな手拍子に!

会場は一体!

手風琴さんの「とびだせ パネル」です。

子ども達の声も一段と大きくなる。

最高に会場は盛り上がって♪

その 余韻を残して お し ま い。

二日目

新聞紙のおはなしからスタート。

今日は、お話も少しながーーくして

ベリーー グーーー。

けい  「月夜」 ブラックライトパネル

電気を消して、パネル上の黒の布を取って、ブラックライトを、、、、、。

アレッ!

なんか、シロパネル上が  変!

真っ暗で見えないけれど、やっぱり変!

山と池の風景が     

ない!

取れちゃってる!

「すみませーーん、もう一度電気点けてくださーーーい」

「わあぁ!ごめんね!落ちちゃってるね。明るい所で貼っちゃうわね、たぬきさんもおっこちちゃってるね、たぬきさんはここにいてね。」って言いながら風景をパネルに貼り付けてゆく。

「じゃあ!もう一度電気消すね」

風景がパネルより大きく 黒幕からはみ出る為、今日はなぜか、いつもはやらないのに、端を少し丸くして隠していた為、厚みが出て、黒幕にくっついちゃったみたい。

それで、黒幕を外した時に一緒にくっついて取れちゃったんだ。

でも、観ている子ども達は、とっても優しい、「たぬきさん おっこちてるよ」って。

電気を消した時、「わぁ!きれい!」の声

その時、次の「しゅっぱつしんこう」の衣装を着て、袖に隠れていた手風琴さん、何かハプニングが起こっているらしい感じに、見えない分一番ドキドキ、やきもきされていたのでは?

けいは、結構、そのハプニングも子ども達との掛け合いで、楽しく?やっていたかも。

とっても短い、詩の様なおはなし。

「おしまい」で、子ども達は、わぁ、短い!と物足りなさそう。

次は

手風琴さんの「しゅっぱつしんこう」

短い!の子ども達の声もどこえやら、手拍子でいつもの手風琴ワールドへ。

終わってからも、手風琴さんの持つ箱に興味津々。

チン、チン、チン!

鳴らさせて欲しいって、子ども達が寄って来る。

大人気の電車の”手風琴”運転手さん。

今回も とっても楽しく演じさせて頂けたジョイントでした。

そして、心配りをして下さった実行委員長のYさん。

会場で出会うたびに、笑顔を向けて下さった中ちゃん。

とってもいい笑顔で、気持ちがリラックス出来ました。

初めてお伺いする”けい”を 皆様とっても心地よく迎えてくださいました。

いろいろ ありがとう ございました。

た の し か っ た!♪

| | コメント (7) | トラックバック (0)

静岡県磐田人形劇フェスティバル

18日19日と静岡県磐田へ初上陸してきました。

三日間の連休で渋滞に捕まっては大変!と4時半出発で。

豊田からは、未知の道程です。

豊田JCTでの不安なドキドキを無事にクリアーして、何とか迷わず(珍しく)磐田へ。

今回は、名古屋の”人形劇団 手風琴”さんとのジョイントです。

3月に大阪の枚方で、ジョイントさせて頂いて、4ヶ月振りです。

”手風琴”さんは踊って、歌って、パワー溢れ、会場が一体となってはじけ、盛り上がるパネル。

”けい”は じっくり観ていただく、語り中心のブラックライトパネル。

しーーーんとして、おはなしに聞き入っていた子ども達が、心わくわく躍り、笑い、手拍子で弾けていく。

舞台が終わった時には、会場の皆は、とっても解放されていて、楽しいぃ!

その会場の雰囲気の変わっていく瞬間が、目に見えて、演じ手である自分も、最高に楽しい!

いつもそんな舞台を味わっています。

昨年、初めて奈良で、ジョイント公演をする事になった時、別々の劇団が只、一緒に前半、後半と別々に演じて、時間を調整するのではなく、折角の機会なんだから、一つのものとして観て頂きたい。

作風の違う者同士、けど、舞台は絶対に一体にしたい。

そんな想いが有りました。

けど、作風の全く違う者同士 どうすれば ひとつになれるんかなぁ?

一体どうなるんだろう?

どんな雰囲気の舞台になるんだろう?

手風琴さんの作風にどう近づけばいいんだろう?

少しでも近い作品を持っていこうかなぁ。

そんな悩みや心配がありました。

そんな想いで、演じた初ジョイントも、皆さんにとっても喜んで頂け、いつも組んで活動しているかのように思って頂けました。

でも、ジョイントの本当の楽しみ、面白さが自分自身本当に判ったのは、3月の枚方。

その時は、少なからず自分で感動しちゃいました。(おおげさやけど)

”静と動”

自分一人の舞台でも、大いに気を付けてプログラムの構成を考えるのだけど。

一人では、出せない”動と静”の開き。

観に来て下さっている 皆さんにも伝わってるのかなぁ?

伝わってるよね。

って、感じて、信じてるんだけど。

”手風琴”さん  今回も有難う御座いました♪

楽しかった!!!♪

磐田の人形劇フェスティバルの様子は、次のブログにつ  づ   く !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

お歌のプレゼント♪

P1000064_5 小さな保育園。

0歳から6歳までのお友達が 十数名。

先生が3名。

どの子も先生にかまってもらって、お膝の上にチョコン。

5歳の男の子、0歳の時から通っているんですって。

先生はもうおかあさん。

お昼からは、学童の子ども達も帰ってきて 賑やかになるそう。

「兄弟一緒に、過ごせるんですね。いいですね。」

そう言ったら、「ここは 大きなおうちなんですよ」って、先生が。

こんな 保育園もいいなあ!

手遊びも、先生も大きな声で、大きな動作で、とっても楽しそうにして下さっている。

とっても、家庭的な保育園だったなぁ!

子ども達も、一時間近くも 皆集中してくれたよ。

一緒にジュース飲んで、おやつ食べて。

最後に 皆からお礼のお歌が有りました。

七夕さん!みんな上手に歌えましたよ。

こちらこそ どうも あ り が と う ♪

手遊び  (いわしのひらきが)

とっても楽しい 手遊びです。

ズズチャチャ ズズチャチャ 、、、、、ホッ!

のホッ!が決め手!(奥様のホホホ笑の裏返った手で)

今度 手遊びUPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

みんな飛んじゃってる!

毎週末は”宝鼓楽”の 練習日。

ここんところ色々週末の予定と重なり 今日は久し振りの練習参加です。

今日はメンバーが揃わず、練習はお休みなのですが、 4人だけで「こそ 連」。

太鼓からの練習です。

「熱檮精進」15分程の大太鼓、中太鼓 の掛け合いがある 激しく盛り上がる曲です。

ドン! (大太鼓)

カラン! (中太鼓)

暫らく大太鼓と中太鼓の 違うフレーズが続きます♪

あれっ!

アレッ!

手が止まったまま!

身体で覚えて居た筈なのに!

飛んじゃってるんだ!

終わった時には三人は、汗だくで、もう、フウッ フウゥ!

「ごめーーーーーん!もう一回やって!」

「エェッ!」

って言いながらも、もう一回やってくれる、心優しき仲間。

2回目、やっと、少し思い出してきた。

けど、もう一回なんて、いくら何でも言えない。

だって、きついもんね。

本気じゃないけいは まだまだ叩けるけど。

P1000062_2  次は邦楽の練習。

4人で?

出来たんだなあ、それが。

みんな器用。

一人なん役もして。

勿論、けいは鼓のみ。

8月8日に演奏が入っているんだって。

この日は飯田でパネルがあって、けいはお休み。

内心「良かった!行けなくって!こんなんで演奏いったら、ひとり手が止まっっちゃう。落ち込まずに済んだぁ」と 喜んだのでした。
(ごめんなさい!)

ホッ!と胸を撫で下ろした こそ連でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

未就園児さんへの配達

金橋幼稚園 3、4歳児さんへの お話し配達。

7月7日は七夕さま。

お星様の出てくる、”私のワンピース”のパネルシアターを持って行きました。

二日前にも 幼稚園の配達に持っていったのですが、それよりは、1,2歳小さい子ども達。

反応はどうかな?

『ラララン、ろろろん♪真っ白なワンピース 私ににあうかな?」

一人の男の子が「にあわなーい」

次のお花のワンピースも「にあわなーい」

「にあわない」の声が 大きくなってきます。

次の草の実のワンピースも「にあわなーーーい」

次は小鳥のワンピース。

「にあわなーーい」

すると、一人の女の子が、にあわないと言った子の手を引っ張って「ちがうよ、にあってるよ。かわいいよ」って。

次は、虹のワンピース。

「ラララン、ロロロン、わたしににあうかな?」

「にあうーーー」

って、みんな。

最後は、星のワンピース。

「にあうーー」の大きな声。

子どもって 楽しいね。

子どもって 面白いね。

みいぃーんな、心の中に、色んなステキな引き出し作っていってね。

そのお手伝いが出来るのは 嬉しいなぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »