« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月28日 (火)

やっと 復活です

ちょっとの風邪位はへっちゃら。

次のお話し配達までまだまだあるし。

なんて思って、大嫌いな病院も行かず、なるに任せていたら、長引いちゃった。

病気は気持ちからって言うけど、あれはホント!

今は病気になんてなってられないって気合入れていたら、いつの間にか何処かへいっちゃうし、だらーーーーんってしてたら、住み着かれちゃうし。

気持ちの持ち方で、対処も変わるからなんでしょうね。

さて、間のお話し配達は、直前まで寝て、薬飲んで、気合入れて、咳きも止めて、何とか穴を開けずにクリア出来ました。

けれど、相手は子ども達、うつさない様に、注意万端。

この日は、咳もすっかり止まり、やっぱり、気合いっぱーつ!

やれば出来るんだ!

動けば治るんだって張り切ってたら、その日から又ダウン。

大嫌いな病院へも行きました。

いっつもそう!病院を我慢して、がまんして、自力で治すんだって、頑張って、長引いて、結局直り間際に病院へ!

こんなんやったら、ひどい時にいっといたら良かった!

損した!

ああぁ!

って、いっつも、思う。

なんかアホみたいなことしてるね。

もぉ直ぐ連休です、しんどくなってなんかいられなぁい。

ゆるみきったネジを、さあ!まかなくっちゃ!

ネジは背中に付いてるので、巻くのにちょっと時間掛かるけど。

6月7月8月に向けて!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

桜 さくら サクラ ララララ♪

我が家の近くには、吉野山のサクラを筆頭に?桜の美しい所が沢山ある。

半日、最後の桜を楽しみに、”さくら巡り”に出かけた。

まづは、奈良県大宇陀に有る「又兵衛桜」

出かけて行って、すんごくショック!

余りに有名になりすぎて、観光バスが押し寄せている。

演歌が大音量で流れ、屋台が溢れ、人が塊って動いている。

桃の林に囲まれた、石垣の上の妖艶な枝垂れ桜は、健在なれど、、、、、

でも、これで村は潤っているんだろうなぁ。

少し離れた高台から、又兵衛さんを眺めて、「さようなら」

帰り道、山里をふと見ると、桜、さくら、桜。

桃源郷ならず、桜源郷。

田んぼのあぜ道を歩いて、静かな春の里を満喫。

有名な桜の近くに、こんなステキな 桜の里があった。

ちょっと廻って、室生寺(女人高野)へ足を延ばす。

室生寺の奥に、竜穴神社がある。

杉の大木に覆われた、小さな神社。

本当に何かが棲んでいるような所で、大好きな場所。

今まで無かった看板が。

見てみると、この神社の由来が書いてある。

この裏山の上に、本来の社が有り、それを”竜穴神社”と言うらしい。

行って見ることにした。

なんせ、こんな時は行ってみなければ。

山を登れば、まず”天の岩戸”、大きな岩が、真っ二つに裂かれている。

これって、彼方此方にあるんだね。

竜穴神社は、自動車道から、歩いて谷まで山を下り滝の所に出た。

そこには、竜が棲んでいたと言われている大きな洞窟が。

きっと、きっと、昔、谷のこの洞窟には竜が棲んでいたに違いない。

そお思わせてくれる、空気と風と水。

ここに辿り着けただけで、今日の思いつき桜巡りは、大成功!大満足!

ここまで来たのだから、もう一つ、魅力ある桜を見て帰ろう。

P1000056 ”大野寺”の枝垂れ桜。

とっても小さなお寺だけれど、雰囲気のあるステキなお寺。

小さな庭には、枝垂れ桜や、コブシ、等沢山の花。

P1000055_2

P1000054_2 そして、この小さなお寺からは、宇陀川の対岸にある、大きな岩に彫られた、仏様が見える。

このお寺の境内に座って、魔崖仏を眺めているだけで、心が落ち着いてくる。

こんな時間が持てた今日は、幸せ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

桜の下で お話し会

春休みも終わって、今日から文庫も始まり、始まり!

みんな、元気な顔を見せてくれました。

今日は とっても暖かくって、川沿いの桜も最高!

遊歩道は、風に舞った桜の花びらで、うっすらとピンク色になっている。

今日しかない!

毎年、この季節、”桜のお話会”を開いている。

今日は、図書館の方が文庫に来て、お話し会をして下さる日。

図書館の方にお願いをして、今日は桜の下でのお話会となった。

P1000057  三時半、みんなを連れて外へ、新聞紙をひいてお話し会の始まり始まり!

市立図書館のNさんとKさん。

紙芝居や大型絵本、色々なものを用意してくださっている。

P1000054_2 毎週けいのお話し会を聞いている子ども達にとっては、とっても新鮮。

手遊び  あんぱんまん

大型絵本  たまごのあかちゃん

絵本   やまんばじいとたろう

絵本   うんちしたのはだれ

P1000056 紙芝居 ぴよぴよ探検隊

とってもきつい春の陽射しの今日、お話会が終わったら、みんな赤い顔。

心地よい風が吹き、花びらが舞う中、けいも絵本や紙芝居をいっぱい楽しみました。

やっぱり、絵本って読んでもらうにかぎる♪

市立図書館のNさんKさん 有難う御座いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

桜にはちょうちんが似合うね

この季節 ふと顔を上げると もうそこには いっぱいの色が溢れてる。

赤 黄色 桃色 緑 青、、、何とも華やかな季節。

それに負けじと 人も華やかになってくる。

どこの地域も 桜の花が満開になってきた。

P1000051 我が家から直ぐ側の 川の土手の散歩道(スパーへ行く道なんだけど)にも 桜の花が 道行く人を立ち止まらせている。

勿論 上を見て ゆっっぅくりと桜のトンネルを スパーの袋をぶら下げて歩く。

P1000049 いつもは足早に通り過ぎるのに。

桜の樹は ギラギラしていて 本性をそのままぶつけているようで 生きている音がする。

けど、この季節 華やかな花でそれを隠し 全ての人を惹きつける。

だから 桜って好きなんだなぁ!

この土手の桜も 地域の役員さんの手で ちょうちんが飾られ、昼も夜も彼方此方で 花より団子の輪が広がっている。

犬を散歩させていた人が その輪に捕まり(?)ちょっと一杯!頂きながら、犬に引っ張られているのも 良い光景!

P1000052 ちょっと お花見に!ちょっと 一杯!

いいねえ!日本人だねぇ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

神武祭

毎年 4月3日に行なわれる”橿原神宮”の神武祭。

P1000049  地元の人達には ”神武さん”と親しまれています。

この日に、神宮の森一帯で、青年会議所主催による”神宮森のカーニバル”が行なわれています。

今年のテーマーは 「懐かしき日本文化の再確認ー人 物 心のふれあいを通じてーでした。

”しらかし文庫”も毎年参加させて頂いています。

今日は テーマーに沿って 「紙芝居」やさんを二回公演 です。

水あめや綿菓子も 子ども達に配られました。

とってもいいお天気で 神宮の森も活き活きとしています。

こうして 森の中で演じるのも 気持ちが良くって最高!

お客様も とっても多くって、大人の方 子ども達といっぱいです。

並べられたイスの前には 新聞紙を引いて沢山の子ども達が待っていてくれています。

ちょっと 念の為舞台の状況を確認。

けいの後は 何も上演が無いのを確認!!よし!

こんな時って いつもサービス精神が”もこもこ”って沸き起こってきて、「ちょっと時間オーバーしてもいいですか?」って聞いちゃった。

「好きなだけオーバーして下さってもいいですよ」って 言ってもらえて、嬉しいぃ!

こんな時の為に いつも他3作品は余分に持っていっている。

かなりの時間前なのに お客さんが待ってくれている。

勿論、手遊びだ!

こんな自由な上演って 大好き!!

カチカチカチカチ、、、、紙芝居の始まりぃ 始まりぃ

プログラム

紙芝居   11ぴきのねことぶた

エプロンパネル  まるまるくるくる ぽーーーんぽん

指人形  カラスの親子

紙芝居  久米の仙人

ロール紙芝居  スイミー

ちんどんや ぽん菓子 水鉄砲 竹とんぼ 下駄飛ばし等 懐かしい遊びがいっぱいでした。

外で演じるのも 気持ちが広がって 楽しいなぁ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »