« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

今日も おはなし はしご

今日は、午前中に、桜井市にある、”まき向く幼稚園”に配達。

そのままの足で、”友の部屋”へのお話し配達。

昨日から、気持ちのエンジンは切れずに、かかりっぱなし。

幼稚園は、今年で閉園になるので、年長さんだけの6名のお友達。P1000041

お願いをして、お別れ会の子ども達の発表から、参加させて頂きました。

みんな、とっても元気いっぱい。

みんなの顔も、すっかり覚えてしまいました。

P1000040 手話での歌や、楽器演奏。

ご両親への、言葉。

みんな、可愛くて、少し、目がうるうるる。P1000042

少ないお友達だけど、その分、6人が、ひとつになった素敵な、仲間。

お友達同士への、プレゼント交換も有りました。

勿論、素敵なサプライズ、先生方へのプレゼント。

おはなし会も、会場がひとつになって、和やかに、密着したお話し会が出来ました。

文庫でのお話し会を ちょっと”よそゆき”にしたみたいに。

子ども達一人一人の顔を見ながら、一緒になって遊んだ配達でした。

プログラム

パタパタ

エプロンパネル  まるまる くるくる ぽーーんぽん

パネルシアター  ぼちぼちいこか

仕掛け絵本    ぶた たぬき きつね ねこ

指人形      カラスの親子

新聞おはなし  火事

手遊び体操   探検隊

ブラックライト  まっくろネリノ

ブラックライト  おばけトンネル

手遊び     バイバイバイ

又 いつか どこかでね って 可愛い声を掛けてもらって、大急ぎで、配達へ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

六時間のおはなし配達も、あっと!ゆうまでした

各学年毎の、六時間のおはなし会も、無事終わりました。

心配していた、喉も大丈夫!

自分への、大きな自信にもなったかな?

昨年は、口内炎と、皮膚、粘膜花粉症で、最悪の状態での、6時間のお話し配達でした。

終わった時は、自分で自分に感動??変やね。

今年は、そんな昨年の自分を反省し、体調には気をつけて、最高の状態で、お話できたかな。

毎年、お伺いさせて頂ける喜び。

子ども達の、成長も嬉しい!

今年は、大きな、けれども、とても身近な、そして、大切な”いのち”と言うテーマーをつけてのお話し会。

中学生になる、君達へ、始めましての、一年生の君達へ、それぞれの心で、何かを感じてくれたら嬉しいなぁ。

6年生、「こんにちは」も、大きな声で言うのは、ちょっと照れくさい。

笑ったり、喜んだり、そんな気持ちを表すのも、ちょっと照れくさい。

けど、お話が終わった頃には、みんな笑顔になってる。

6年生のY君。

部屋で給食を頂いていると、ノートと鉛筆を持ってきて、「パタパタの作り方教えて下さい」「前見せて貰った仕掛け絵本も、作ったんです」

こんな声を聞くと、すんごく 嬉しい!

けいのように、おはなしを届ける人になりたい!って言ってくれた女の子。

6年間、けいの届けるブラックライトを楽しみにしていてくれた、6年生。

有難う♪

又、何処かで、観てもらえる機会があるといいねぇ!

いつか、おはなしの世界を思い出して貰えると嬉しいなぁ♪

このお話し会の様子は、HP”絵本案内人”に詳しくUPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

体調を整えて!エンジン始動!

毎年、この時期にお話にお伺いしている小学校。

今年も、お声を掛けて下さいました。

7年目になります。

けいにとって、持っているものを全て出し切って、お話し配達にお伺いします。

朝、子ども達と一緒に登校し、給食を頂き、子ども達と一緒に下校するお話配達。

一年から六年生までの、一日六時間の配達です。

配達まで後、一週間。

これから、一番気になるのは、身体。

ちょっと咳きが出ても、直ぐにうがいに走ります。

ちょっと、変!と思ったら、身体を休めます。

穴を空けたら大変!

なんせ、体力勝負。

プログラムも、完成しました。

素語りも入るので、これからは、時間と記憶力?との戦いです。

今年は、テーマーに沿ったお話にしてみました。

テーマーは、大きく、”いのち”

子ども達の心に残る、お話配達が出来るといいなぁ♪

五、六年生の”いのち”の絵本が、まだ、決められずにいるんだけど。

何か、素敵な絵本ないかなぁ?

配達までのプログラムを考えている時間って、好きなんだなぁ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

やっぱり 富士山やね!

14日、15日は、初夏のような暖かさ!

歩いていると、少し汗ばんでくるような、そんな暖かな、最高のお天気になりました!

研修旅行で、一路箱根へ。

伊勢湾岸線から東名を走り、山梨県へ!

富士山を、こんなに近くから眺めるのは、初めて。

何て言う題名だったっけ!                   P1000041

頭を雲の上にだぁし♪

     ふぅじは、日本一の山♪

って言う歌。

この歌が、口をついて出てきます。

間じかに見る富士は、最高に綺麗!

海と、富士、静岡県っていいなぁ、素敵だなぁ!

山梨県側から見る山の姿は、絵に描かれてある”富士山”  

P1000040_4

雲ひとつ無い、最高の富士!  

              P1000042_2

有名な白糸の滝も、行ってきましたよ

滝に降りる道沿いにある、お土産物屋さんで、こんな変わったのを見つけちゃいました。

奈良の観光地では、変わり種のラムネはみたことないなぁ。

P1000043_2 カレーラムネ、杏仁ラムネ、わさびラムネです。

何故、この地で、カレーと杏仁なんでしょう?

わさびは解かるんだけど。

知ってる方教えて?

好奇心で飲んでみたかったんだけど、ラムネの好きなけいには、勇気が出ませんでした。

あんがい、美味しいのかも?

それも知っている人、教えて?

あくる日は、富士急ハイランドへ。

滅茶苦茶怖い、ジェットコースターと、ホラーの屋敷。

怖いもん見たさ半分、で、だいぶ迷ったんだけど、やっぱりパス!

挑戦者は、3人だけ。

両方共「はんぱな怖さじゃない」らしい!

「やめといてよかったよ」って。

 帰路は、中央道から奈良へ。

富士、アルプスと、山の美しい姿をいっぱい味わった旅でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

元気で、聞き上手な子ども達

今日は、大和郡山市の”いずみ保育園”へ配達です。

お父さん、お母さん、お兄ちゃんにお姉ちゃん、おばあちゃんも来て下さっていました。

準備中、元気に走り回っていた子ども達も、始まるとみんな座って、しっかりと、けいの方を注目。

パタパタで、”絵本案内人 ””けい”です。

”すぅげぇー”子ども達の声。

「すごいでしょ、おわりがないんだよ」って、何度も、何度も、パタパタ。

これだけしたら、名前覚えてくれたかな?

一つ一つのパネルや指人形に、目を輝かせて応えてくれます。

とっても、聞き上手!

今日は、子ども達にいっぱい、のせて貰いました。

こんな時は、あれも、これもと、サービス精神が出てきて、やっぱり、ちょっと時間オーバー。

後で、「時間は少々は良かったんですよ」って仰って下さって、「わぁ!それなら、もう少し演じたかったなぁ」残念!って思ってしまいました。

プログラム

パタパタ  自己紹介

指人形  くまくんのおでかけ

エプロンパネル  くるくるまるまるぽーんぽん

パネル  ぼちぼちいこか

仕掛け絵本  はなさかじいさん
         おばけ

指人形   カラスの親子

新聞の話  火事

ブラックライト まっくろネリノ

ブラックライト はらぺこあおむし

手遊び    ばいばいばい

一時間10分のプログラムでした。

いずみ保育園の、父母の会の役員の皆様、有難う御座いました。

楽しくって、あっと言う間の一時間でした。

ちょうちょがとっても綺麗!と言ってくれた男の子、沢山のお友達が、終わってからも、作品をさわりに来てくれました。

楽しかったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

片目の、パンダ

スキー転倒時の、たんこぶが、だいぶ、ピンポン球くらいになってきた。

けど、日にちが経って、右目がパンダ!

昨日は、目にアイシャドー入れてるみたいやったのに!

今日は、赤黒!

カッコわるぅーーー。

右目をパンチされたみたい。

カッコわるぅーーーー、明日、おはなし配達やのに!

顔は内出血しやすいんですって!

そして、その血は下に下がって、顔の真ん中に集まるんですって!

初めてお伺いする幼稚園やのに!

恥ずかしぃーーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

ここどこ?

Oスキースクールで、長野県白馬、小谷村(おたりむら)にある、栂池高原に行ってきました。

ここは、Oスキースクールの、ホームゲレンデ。

1,2,3月と月一回、東京、大阪、京都、奈良からと、車に乗り合わせて、集合。

P1000040 この栂池高原の魅力は、第一に、北アルプスの山々が、見渡せる事。

第二に、良い温泉がある事。

勿論、ゲレンデも広く、変化に飛んでいて面白い。

P1000041 今回も、三日間の間に、一日だけ、山頂から、北アルプスの、とっても雄大な姿を見ることが出来ました。

この、北アルプスを幾つかは登ったのだけど。

昔の?(いえ、今も)山男達の、「あれは、鹿島槍、あれは、五竜、あれは、、、、」と言う説明を何度聞いても、山姿を見ただけでは、山の名前を言い当てる事が出来ないでいる。

けど、この山姿を見なければ、とっても、消化不良。

今回は、いつも右膝が内に入り、X脚になり、その癖が、我が技術ではカバー出来ないでいるので、(もう5年も言い続けられているんだなぁ、これが。美しくないって!びびんちょ足!だって)スキー靴自体の調節でカバーする事にしました。

プロに見て頂くことに。

すると、なんだ、なんだ!

スキー靴をぬいで、膝をだしてみると、足も、膝も真っ直ぐ、だそうな。

なんと、右側だけの靴が、O脚の方用の様に、自然と膝が内に入るように、ネジが逆さまいっぱいに回ってあったそうな。

5年間、悩んできたのは一体全体何だったんだろ?

あの、「びびんちょ足」といわれ続けていたのは?

なんでやぁ!

けど、原因が解かって、ほっ!

さあ、美しい滑り?にへんしーーーーん!

リフトに乗って!さあ!

あれっ!ここどこ?

どうして、ストック持ってへんのかなぁ?

誰と滑ってたんやろ?

あれっ!滅茶苦茶おでこが痛い!

血でも出てるのかなあ?

ジンジンするけど?

うそぉ!

おでこに、滅茶苦茶大きいたんこぶ。

と言うことは、何処かで、こけた?どこで?

その時に、ストックをなくした?

そやけど、一人で滑ってたはずないし、一緒やった人が、ストック位ひらってくれるやろうし

それにしても、ここは、何処のゲレンデ?

懸命に辺りを見渡し、彼方此方のゲレンデを思い浮かべてみる。

やっぱり、覚えの無いゲレンデ!

色々な事が、頭を駆け巡る!

辺りを見渡しても、何処か、わからへんし、仲間の人も誰も、いてへん。

わぁ!どうしょう!ここは一体どこやろ!どうなったんやろ!

なぁんにも覚えてへん!わからへん!

そこへ、「やっと、おった!探してたんやで!」

えっ!一緒に滑ってた?

聞くと、リフトから降り、ストック無しの練習の為、ストックを置き、斜滑降で、斜面をトラバースして、斜めに滑っていて、突然こけたらしい。

ゴーグルをひらい、頭につけ、側まで来て、痛いからおでこを見て欲しいと言ったらしい。

そして、その人について、ストック無しで、長いコースを美しく滑って降りたんだって。

途中、止まって、仲間の人たちと、しっかり話をしていたんだって。

滑り降りて、先を一緒に滑っていた人が、もう一度先にリフトに乗り、少し離れてしまったので、付いて行けず、リフト前で「ここはどこ?」に、なったみたい。

その間、3、40分程の記憶喪失。

「痛い」「どうして、こけたか、自分でも訳、わかれへん」「上手に滑ってるね」この3つの言葉だけが、思い出せてきた。

この日は、もう滑るのが怖くて、ケンタくんで、一人休憩。

記念に、P1000038 自分で、自分のたんこぶを、パシャ!(向かって左おでこ)

野球ボールより、ちょっと小さめかな?

けど、これが始めての記憶喪失やない。

2年前にも、上級者用ゲレンデで、ボーダーさんにぶっつけられて、転倒!

そのボーダーさんと暫らく喋っていた後、カッコよく?滑って降りてきて、(らしい)、下で待ってくれていた人についてお店に入り、ココアを飲みながら言ったのが「ここどこですか?」

その時の余りの怖さに、ヘルメットをこうたんやけど、今日は、お天気は最高やし、ボーダーさんも少なそうやし、白ずくめのファッションにしたくって、この帽子姿で。

皆さん!スキーの転倒には気を付けて!

メット着用を!

ぼけっと滑ってたからや!と言われ、シュン。

その夜、何も無い、コンディションの良いゲレンデで、おまけに斜滑降してただけやのに、突然、こんなにこぶ作る程こけた原因を、色々考え追究してみた。

思い当たったのは、靴を元通りにしたから。

と言うのも、靴が直っているのに、今迄の様に、膝が内に入るのを直す滑りをしていた為、谷足のエッジが、反対になり、引っ掛かって、谷右前にこけた。と言う事。

まあ、スピードも出てたんかしら?

こけた原因が究明出来て、すぅーーーーとした。

けど、今も痛い!し、やっぱり、その間の記憶は飛んでる!

これからは、姿、形より、安全を!

 

一部だけが飛ぶやなんて、”悩”って複雑!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

文庫もちょっと寂しいなぁ

毎週文庫に来る子ども達が減って、ちょっと寂しい風景です。

あちこちで、文庫をされている方、いかがですか?

小学生の中学年頃になると、みんな足が遠のいちゃいます。

毎週のお話し会も、子ども達に合わせて、小さな子用になってしまいます。

もう一度、地域の幼稚園、小学校に、”こんなに近くに、本がいっぱい揃った、文庫があるよ”って声かけてみよう!

おはなしプログラム

手遊び  はじまるよ

指人形  くまくんのおでかけ

絵本   こぶたが ずんずん (渡辺 一枝作 長 新太絵)
   こぶたのおしりが、とっても迫力あって面白い

絵本  くまに てがみをかきました (ジョアナ ハリスン作 竹下 文子訳)

指人形  カラスの親子

手遊び  ばいばいばい

指人形のカラスの親子は、いつも大受け!

次の言葉が解かっていても、面白い!

お話し会が終わっても、みんな「ねられなぁい!ねられなぁい」って、けいの口真似で遊んでる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

節分、厄除け

吉野、桧垣本にある”桧垣本 地蔵尊 延命寺”で行われた、”採燈大護摩供奉修”に行って来ました。

2月3日の節分厄除けです。

P1000044_2 境内の真ん中にヒバを形良く盛り上げ、四方に竹を立て、清められた場所。 

お寺の御住職を始め、日常の中で、食事、生活面で、身も心も清め、行を行なった人たちが、この節分法要を執り行えるのです。P1000045_2 

P1000046 行を行なった方でも、女性はこの中には入れません。

P1000048 竹の先に火を点け、いよいよ点火です。

火の点いた、長い竹を大きく回しながら、一歩一歩ヒバを積み上げた周りを進みます。

     お祭りしてある、正面まで来たら、いよいよ、点火です。

行をされた皆さんの、般若心経が、冷たい空に響きます。

   P1000049       この煙に当たると、病気もせずに、この一年、健康で過ごせるんですって
一つ一つ、護摩木に書かれた名前を読み上げ、祈願を祈ります。

吉野は、えんの行者が、修行された地。

吉野の山には、今も修験所が有ります。

吉野の洞川と言う地には、昔、行者さんが篭った洞窟が有り、中は電気も無く、今もそのままの形で残されています。

入る時は、入り口で、ランプを頂いて入る事が出来るのです。

その、洞窟の番をされている方の風貌がまた、仙人さんみたいなのが、良い!

と言うのは、寄り道で。

たっぷりと、煙に当たって。

みんなが、健康で、楽しい毎日が送れます様に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »