« 輝く目 | トップページ | ロール紙芝居、スイミー »

2008年12月17日 (水)

文庫のクリスマス会でした

一年の締めくくり、文庫のクリスマス会です。

いつものように、貸し出しをして、さあ!

会場は、クリスマス会に変身!

と言っても、クリスマス会と言う程の華やかな、賑やかさは無いけれど。

テーブルを舞台にして、さあ始まりです。

プログラム

始まり   手袋人形踊り
       おはながわらった
       蒼いいなずま

手遊び   畑体操

エプロンパネル  まるまるくるくるぽーーーんぽん

パネルシアター  ぼちぼちいこか

ブラックパネル   いろいろいろサンタの贈り物

紙芝居       サンタクロースって本当にいるの

プレゼント

毎年するこの大きな大きな紙芝居。

サンタクロースってほんとうにいるの?

いるよ。

ほんとうにいるよ。

大人の読み物に「サンタクロースの部屋」 松岡 享子著  (こぐま社)ー子どもと本をめっぐってーが有ります。

この本には、けいのお話、への原点が有ります。

幼い頃に、心の中にサンタクロースを信じ、住まわせられた子は、大きくなってサンタクロースが居なくなっても、その空間に新しい住人を住まわせられる。

目に見えない不思議を信じると言う、心の働きが、とっても重要で、後に、一番崇高なものを宿すかもしれない心の空間が、このサンタクロースが住んでいた空間なんだって。

不思議が住める心の空間を、いっぱいいっぱい持って欲しい!

そして、そのきっかけを作ってあげたい!

それが、子育ての原点!!

と言う事で、大好きなクリスマス絵本「サンタクロースってほんとうにいるの」をめちゃくちゃ大きな紙芝居にしました。

机に乗って(お行儀わるい!)洗濯ポールにぶら下げて、めくります。

「どんなんや!」

クリスマス会の最後は、”あてもん”でプレゼント。

あったりー!という子。

なぁんや!と言う子

それが、あてもんや!

楽しいクリスマス会でした

|

« 輝く目 | トップページ | ロール紙芝居、スイミー »

絵本、おはなし パネルシアター ブラックライトパネルシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115761/26281840

この記事へのトラックバック一覧です: 文庫のクリスマス会でした:

« 輝く目 | トップページ | ロール紙芝居、スイミー »