トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

セレブ?な 一日

絵本講座が終わって、ホット一息♪

久し振りに、お友達と三人で京都へ、行ってきました。

今日の(いつもです)メーンは、食べる事。

案内はいつも、京都の美味しい食べる所には、とっても詳しいAちゃん!

今日は、祇園の旬菜ふれんち”キャレ ド ミュー”
小さな、6テーブル程しかない、白を基調にした可愛いお店です。

外観は、祇園なので、勿論民家風です。でも、中に入ると、コロッて。

     出てくるたびに、あんまり綺麗なので、撮っちゃいました。

P1000036 両端は、フォアグラです。余り好きではないのですが。左端の白身を泡立てた物に包まれたフォアグラは、日本酒に漬けられ、濃い目の味が付いていて、とっても美味しかった。
口の中で、トロッって溶けちゃいました。

グラスで出てきたスープが最高!
三層になっていて、口をつけると、始めは熱く、だんだん冷たくなっていきます。
三層の一番下は、セロリラブのスープ、中は、栗のスープ、上は、メレンゲ。
香り付けで、トリュフが入っています。
 P1000038_2              これも、色と温度と、香りと味が、飲んでいく度に変わり美味しかったですよ。

お料理は、目で、味わう物だって、芸術なんだって、思わせられます。                        

メーンは、5種類程から選べます。
けいは、食べた事の無い、小鳩にしてみました。
小鳩を食べるなんて、何だか、可哀相だなと思ったのですが、考えてみれば、牛も、ブタも、みんなそうなんですものね。ありがとう!                        P1000037_2

味は、鴨肉に似ているかな?お肉は、少し赤身があって。

デザートは、ケーキ、果物、他のアラカルト。

美味しかった♪

きれかった!

リッチで、豪華で、ささやかなセレブ気分です。

お食事の後は、久し振りの銀閣へ。

ゆっくり、久し振りに哲学の道を歩いて、南禅寺へと。

河原町四条に戻って、好きな雑貨屋さんを見て、「又春ねーーー、お元気でねー」って約束をして。ちなみに、夕食は、”おうどん”
ミニセレブな、一日は、おしまい。

おいしい、美味しい、おいしーーい京都でした♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

懐かしくって、嬉しくって。

今日は、橿原市の幼稚園の、おはなし配達と、絵本講座。

30分の予定が、あんまり子ども達が、真剣な目をして、けいを見つめ、会場全対で、お話の世界へ飛んで行ったものだから、”もっともっと” と 時間をオーバーしちゃいました(。>0<。)
絵本講座への移行時間は、まき まき まき で。

園長先生も、絵本が大好きな、素敵な先生!

講座が終わって、色々お話している時、先生のお子様が、未だ小さかったころの事、
おじいちゃんが、朝顔を植えていて、「これはな、朝顔のつるだよ、上に伸びていくんだよ」って、話していたら、「じゃぁ、恩返しに来るんだねって」言ったのよと、お話してくださいました。
おじいちゃんは、最初ピンと来なかったらしいのですが、後で解かって、
子どもの心の可愛い事に、気がつかれたようです。

小さな子の発想って、ホント、可愛いですよね( ^ω^ )
その言葉を、なにいってるんや!で片付けなかったおじいちゃんも、良いですよね。

その時の、二人のほのぼのした、情景が、浮かんできました。

その後、先生のお話から、”木馬館”と言う名前が出てきたのです。

”木馬館”は、大阪の上本町にあった、子どもの本、専門店。

懐かしくって、なんだかとっても嬉しくって。

”木馬館”は、店主の方が、拘って、良いものだけを選んで置いてらっしゃった、小さな本屋さん。

小さな店内に、所狭しと、子どもの本が置かれて有りました。

私たちも、文庫を始める時、とってもお世話になりました。

児童書の解からない所を聞けば、ぱっぱと手が伸び、本が出てくる。
この本屋さんにいると、時間も忘れて、本選びをしていました。

子ども達が、こんな本と言うと、もう目の前には、その子のお気に入りになりそうな本が、出てきていました。

採算を考えて、、本を置いていないので、時代の流れで、何年か前に、この本屋さんは、閉まってしまいました。

今でも、こんなに本の揃った、そして、素敵な方達のいる本屋さんは、見つけられずに居ます。

おじさん、おばさん、どうしていらっしゃるのかなぁ?

”木馬館”のファンだった先生にお目にかかれて、とっても嬉しかった!

だって、この本屋さんのファンって、本当に本の好きな方なんだもん。

おじさん、おばさん、未だ、しらかし文庫を、続けていますよ。

今日の配達の内容は、くわしくは、HP”絵本案内人”お話し配達にUPして有ります。
紹介絵本は、近く、HPに順次載せていきますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

二十一世紀に生きる君たちへ

 ”二十一世紀に生きる君たちへ”司馬 遼太郎さんが、二十一世紀に生きる子ども達に、贈る、心からのメーセージ。

お友達にこの本を紹介して頂いて、早速図書館で借りてきた。

君たちは、自己を確立せねばならない、自分に厳しく、相手にやさしくと言う自己を!やさしさや、いたわりの心。

それらを、訓練してみにつけねばならない。と。

けいもいつも思う、労わりや、優しい気持ちって、こんな時には、こうしなさいって言って、一つずつ教えて貰って、身に付くもんではないんだ!って。

相手を想い、相手を感じるのには、、相手の気持ちを、その場を想像する力が、いるんだってこと。

この力って、長い時間を掛けて、育んでいくものなんだって。

その為にも、絵本って、大事なんだよって。思うんだ!

この司馬 遼太郎さんの本は、児童書に入っていたけれど、大人の人が、手に取って欲しいなあ。

子ども達が、他人の痛みを感じることが、出来るように、その力を育んでいくのには、大人の助けが、絶対にいるんだもんね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

友の部屋、お話し配達

今日は、福祉作業所、”友の部屋”のお誕生日会。
19歳から、40数歳までの人がいます。

こうして、毎月配達にお伺いするようになって、もう14年になります。

今いらっしゃる指導員さんより、一番古手になっちゃいました。

十数年の間、色々悩みながら、配達にお伺いしています。

今日は、”Kっちゃん”と”Eじ”くんのお誕生日会。

けいの車が着くと、Kっちゃんが、荷物を持ちにおで迎えしてくれました。
Eじくんが、スリッパを出してくれました。

Eじくんは、話す事が出来ません。
でも、あー、うー、の会話の中で、Eじくんが、何を伝えてくれているのか、けいが、何を伝えたいのか、しっかりと、会話が弾み?ます。

くまくんのさんぽでは、Kっちゃんが道役をしてくれました。
下り坂の道、くまくんは、あれれれれ!ってお出掛け。
途中には、川や海、が出てきて、海を、くまくんが泳いでいると、手でボートを作ってくれました。
ボートにのって、何故かホースが出てきて、火事を消して、?くまくんは、やっと家に帰り着きました。
おかえりなさぁい!Kっちゃんは、けいのくまくんを抱きしめてくれます。

初めて、こんな、くまくんのお散歩の指人形が、出来上がりました。
楽しいお散歩だった!

今度は、パネルを始めると、KっちゃんとEじくんが前に出てきて、パネルを貼ってくれます。

今日は、この二人にパネルシアターを任せる事に!

さあ、始まり、始まりψ(`∇´)ψ

36歳と31歳。お誕生日おめでとう!ヽ(´▽`)/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

しらかし文庫

スーパーの店頭からスタートした、我がしらかし文庫。
P1000036_2 今は、こんな良い図書室で、開いています。

一番の文庫自慢は、本の内容の充実と蔵書冊数。
と、おはなし会(o^-^o)??ネ?
児童書ばかり、7000冊も有りますよ。

悩みは?
昔は、文庫のお姉ちゃんだったのが、文庫のおばちゃんばかりで、年齢が全然若返らない事??
反面、文庫に来る子ども達の年齢は、小さくなるばかり。
0歳から、2年生位迄。
児童書にも力を入れていたので、今では、読み手もなくて、とっても寂しい!
良い本いっぱい揃ってるのに(≧m≦)

今、文庫の子ども達は、お絵かきが、マイブーム。
おはなし会までの間、それぞれに好きな絵を書いて見せに来てくれます。

小さな男の子は、部屋を走り回っています。

お母さんたちは、学校や幼稚園の情報交換。

毎回文庫に来る子が、400人を越えていた頃は、貸し本屋さんだったけど、
今は、ゆぅくりと皆と話せます。P1000037

けど、皆、小学校に行くと、忙しくなるんだね。
一番本を読んで欲しい時なのになぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

日本の秋

真っ青な空。

二本の飛行機雲が、鮮明に飛行跡を残しています。

今日は、奈良県吉野町下市にある、神社の秋祭りの為の、”宝鼓楽” 
邦楽奉納演奏でした。

P1000036_3 
商店街の中の、狭い横道を入ると、細い急な坂道になっていて、その小高い丘の上に、今日の演奏先の神社はありました。

町の小さな神社です。

 P1000037_3     木で出来た灯篭が続き、太鼓を載せた車が、やっと通れる程の
道幅で、一度ブレーキを踏むと、ずり落ちてしまいそうな、急な坂道。

    小さな境内には、町の方々が出しているお店が並び。

   当てもんのお店には、何だか懐かしいおもちゃが、並んでいます。P1000038
                    
   
そして、来られた方には、甘酒が振舞われています。

 私には、小さい頃の思い出の中に、こんな風景は有りませんでしたが、
     
なんだか、とっても、懐かしく、すぅーと、時が、戻って行く感    
     じがしたのです。

境内には、式の後で子ども達の担ぐお神輿が、丁寧に置かれて有りました。         P1000039 

とっても、可愛いお神輿です。

                 
               日本の秋です♪

               お祭りです♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

賢治のカッセットテープ

今では、中々カセットテープを聴く機会、と言うより、カセットテープが聴けなくなってきた
かなりを処分したのだけれど、どうしても捨てられなかったカセットテープ。

それらを整理していて、”宮沢 賢治”のメンタル サウンド スケッチを見つけました。

「星めぐりの歌」「ぽらんの広場」「月夜のでんしんばしら」他、賢治の作品をイメージして、作られてある曲です。

賢治の作品は、”めくらぶどうと虹”を、大人の方に、語ったことがあるのだけど、自分としては、まだまだ。

大好きな賢治であるだけに、なかなか、語れない。

いつか、”よたかの星”を語りたい。

自分の感情を抑えて、語れるようになったら。

そして、いつか、ブラックライトパネルに仕上げたい。

きょうは、これまた、見つけ出した、カセットで、賢治を聞きながら寝よぉーっと!

良い夢、見れますように!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

文庫

 
いつもの、お話し会の始まりの手遊び”はじまるよ”

誰か前に来てしてぇ って言ったら、今日は、沢山のお友達が、してくれました。

だから、けいは、携帯でパチ。

P1000037

  良い写真が撮れました。

  きょうは、チョット 他の行事と重なったのかな?
  いつも来る子が、来てなくて、寂しかった!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

メケメケ フラフラ

パペットフェスティバルでの楽しかった一日が、日常の中へ、だんだん、消えてゆきます。

パペフェスからの帰り道、パペフェスの弾けた気持ちを抱えて、特急の中から、夜の明かりを見ていたら、”おどります” 高畠 純 作 絵 絵本館 を 思い出しました。

P1000036 フラミンゴが布を持って出て来て。ぞうが、布を持って出てきて。ページ毎に、動物が、布を持って出てきて、何するのかな?と思ったら、布を腰に巻いて”メケメケ フラフラ メケメケ フラフラ”って
踊り出すんです。そんな絵本。

皆で、ワイワイ、とっても楽しい絵本なんです。

布を巻いた動物が、おしりを振って、”メケメケ フラフラ” ページをめくるのが、楽しくなっちゃいます。

メケメケ、フラフラ、メケメケ、フラフラ、メケメケ、フラフラ、、、、、、、ψ(`∇´)ψ

楽しい時、口に出してみて、踊りたくなっちゃいますよヽ(´▽`)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

邦楽演奏

P1000036二日目の、パペフェスを諦めて、望んだ、宝鼓楽の演奏。
今日は、本薬師寺祭りで、広場での演奏。

朝早く集合して、練習でバッチリあわせて、ってここまで書くともう解かっちゃう。

やっぱり、なあ、やっぱり、なあ。
きょうのこけかたは、はんぱじゃない。

けいも、やっちゃった!音が合わせられない。音が拾えない。
リズムが、合わない。

邦楽には、譜面が無い分、笛、締め、等の音を聞き、合わせないとだめ。

同じ楽器同士も、息や掛け声で合わせるしかない。

それが、何とも難しい。やれやれ。

11月29日は、プロも出る大きな舞台がある。それが、本番。
間に合うのかなぁ!

来週は、又神社奉納演奏。ここで、こうして、又同じ事書いてるんかなあ?

つぅかれた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10がつ12日 (晴れ)

今日は、名古屋ひまわり、パペットフェスティバルに出かけていきました。

我が駅で、案の定、演じる作品を忘れかけ、案の定、名古屋の久屋大通り駅で、少しの迷子になりました。

でも、この日は、時間がたっぷり。”無事”にひまわりに到着。こんなことがないと、けいではないかも?

ひまわりのパペットフェスティバルで、一番目に嬉しかった事は、栃木県から、来られた劇人、(手風琴さんのお友達で、パネル仲間、HPの掲示板で、お目にかかっている方)に出会えた事。

みんな、とっても素敵な方達、お会いして、いっぺんに気持ちがふわぁってなりました。インターネットも素敵なもんだと思えました。
”ゼブラ”さん”びっき”さん”しんくん”。これもみんな手風琴さんの温かいお人柄が引き寄せ下さったもの。

又同じく一番目に嬉しかったのは、手風琴さんとのコラボ。

手風琴さんの持っている全て、気持ちも含めて、が、自分の演じ方の違う所を引き出して下さる。多分ご本人は、意識されていない事なんだろう。

でも、コラボの醍醐味は、これなんじゃぁないんだろうか?

1+1は、2じゃなくて、4にも5にもなれる事。

けいも、相手の方に、少しでも、プラス何かになれたらいいなぁ。

そんな気持ちで、コラボさせて頂く。

二番目は、素敵な劇団に沢山出会えた事。
楽しかった!兎に角楽しかった!良く笑った。(いつもかな?)
良く弾けた!奈良にいる事が、一瞬残念だと思えた。

三番目は、子どもに戻れたこと。
しんくんの腹話術に思わず”はいはい”と真剣に手を挙げていた。

P1000041"謎のマスクマン Z”登場に大きな歓声を上げていた。

子どもに戻れるって、幸せな事だ。幸せな一日だった。

名古屋パペフェスでの皆様有難う!!!

    けいの日記

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

いよいよ明日は名古屋です

いよいよ、明日になりました。名古屋でのパペットフェスティバル。
あちこちの地で活躍されている人形劇の劇人が、集まって来られます。

けいは、人形劇団”手風琴”と言う方と、パネルシアターでのコラボをさせて頂きます。
子ども、大人共に大人気の名古屋の劇人です。
いつも、一人で活動しているけいにとって、ご一緒に演じられるのは、とっても嬉しい事です♪
手風琴さんは、いつも、全身で、パネル劇場を表現されます。

けいは、一人で上演するより、めちゃくちゃ、緊張しています。
でも、本番は、このコラボでしか楽しめない劇場にしたいなあぁと!!
用意は、完璧!

後は、何のトラブルもなく、名古屋へ着けますように、GO-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

まさ夢??

12日、13日の二日間、名古屋のひまわりホールで、パペットフェスティバルが、開かれる。
プロ、アマ、人形劇団多数による上演。
けいも、ブラックパネルシアターで、上演の仲間に入れて頂いている。

ドキドキ、プレッシャーの中、昨夜ちょと!こわぁい夢を見た。

上演前の舞台準備をしている時、あっ!無い!いくら探しても無い!
一番肝心の、演じるブラックライトシアターの作品が無い。

胸が”ドッキン”って大きな音がして、目が覚めた。

時々、やってしまうこの失敗。いつも何とか乗り切って、何とか収まっていくのだけれど。

すっごいプレッシャー。本当にならなければいいのだけれど。
あー!怖い!

明日は、荷物一式どこに用意しておけばいいかな?
玄関先に置いておいても、忘れるし。

あー!どうしよう!

こんな事考えてたら、きっと、二日間寝られへんわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

ええ所やなぁ

自転車や、車で走ってて、時々思う事がある。

ええ所に住んでるなあぁって。

ちょっと足を延ばせば、と言うより、生活圏に明日香がある。そんな自然がいっぱいの地。

この地に来た時。

とってもとっても、感動した事があった。

近くの山が、あの、<星の王子さま>の、何にみえますか?の、あの黒いシルエットの形やったから。
<星の王子様>は、大好きな一冊。
周りは、変化してったけど、今でも、山のシルエットは、変わらへん、うわばみが、ぞうを飲み込んだあの黒い形。

それだけで、あんまり好きやなかったこの地が、大好きになった。

今でも未だ、自然がいっぱいのここは、自転車や、足のスピードが丁度良い♪
日常の中で、感動できる自然がある。

いい所に住んでるなあぁ♪

なんて、今日も思いながら、朝から走り回った一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

初デビュー

ブログ初デビュー♪

取りあえず、書いてみました。どんな風になるんだろ?

10月5日、久し振りに邦楽演奏に行って来ました。

”宝鼓楽”これが、我がチーム名です。

10年程の歴史しか持っていません。でもね、我が師匠は、すごーく有名な方。

望月流のお家元です。

秋祭りの神社への奉納にお呼ばれして、演奏して来ました。

けいは、鼓と締め太鼓と太鼓を叩いています。

我がチームの弱点は、本番に弱い 事。

練習で、バッチリ!  

本番でこける。  このパターン。

この日も、やっぱり、やっぱり、ずれちゃった!!

外での演奏は、音が散っているので、余計難しい!!

聞いてくださっている方は、こんな曲だと思って下さる。

間違っているのを知っているのは、演奏している自分達だけ。

だから、演奏が終わると、落ち込む。あああぁぁぁ

来週に向けて、練習、練習練習のみ。

13日は、本薬師寺後で行われる、奉納演奏。

今度こそ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年11月 »